YouTube 無名のおじさんが、欧米向けチャンネルを3週間で収益化条件クリアした方法

YouTube 収益化

これまで本ブログの動画投稿用に使ってきたYouTubeチャンネル、もみノマドBlogを、2020年8月1日から欧米向けのチャンネルとして収益化することに決めました。

チャンネルの名称もMomi Nomadに変更しました。

開始日のチャンネル登録者数は59人

そこから3週間でYouTubeの収益化条件をクリアしました。

その記録をここに記しますので参考にしてください。




YouTube 欧米向けチャンネル 収益化開始

キッカケ

欧米向けのチャンネルとして運営開始したのは、2020年8月1日、タイのパタヤに滞在していた時です。

YouTube パタヤ

YouTubeの活動記録 part9【2020年】【タイ パタヤ】

2020年10月4日

そのキッカケは上記URLの記事中の観光ビザ期限と欧米人向けチャンネルに記載しています。

簡単には以下の2つの事象が理由です。

  • 観光ビザの滞在期限が7月31日から9月26日まで延長になった
  • ウォーキングストリート(Walking Street)の動画が欧米人にプチヒットした

開始1日目のチャンネル登録者数、総再生時間は以下の通りです。

YouTubeチャンネル開始1日目

  • 登録者数: 59人
  • 総再生時間: 556時間

ちなみに、YouTubeの収益化条件はチャンネル登録者1,000人、再生時間4,000時間です。

日本人向けとの違い

Momi Nomadにアップした動画の内容は、これまで僕のもう一つの日本人向けチャンネル、Momi Meets Girlsにアップしてきた動画の内容と同じような感じで、可愛い女性を動画に登場させています。

それらの違いは主に2つです。

  • 動画、説明は英語
  • テロップは入れない

日本人向けのYouTube動画はテロップを入れるのが当たり前になってますが、欧米のYouTube動画はそれほど一般的ではないです。

テロップ入れは動画編集で最も時間がかかる作業なので、不必要な作業はなるべく減らして動画の本数を多くすることに注力しました。

YouTube収益化条件クリア

収益化条件をクリアしたのは8月21日の深夜です。

開始からわずか3週間でクリアしました。

登録者数と総再生時間の推移

Momi Nomadの登録者数と総再生時間の推移は以下の通りです。

  • 1日目
    登録者数: 59人
    総再生時間: 556時間
  • 4日目
    登録者数: 77人
    総再生時間: 43,193分、720時間
  • 5日目
    登録者数: 88人
    総再生時間: 48,376分、805時間
  • 8日目
    登録者数: 156人
    再生時間: 1,108時間
  • 11日目
    登録者数: 281人
    再生時間: 1,721時間
  • 12日目
    登録者数: 358人
    再生時間: 2,028時間
  • 14日目
    登録者数: 497人
    再生時間: 2,856時間
  • 15日目
    登録者数: 552人
    再生時間: 3,240時間
  • 17日目
    登録者数: 665人
    再生時間: 3,990時間
  • 19日目
    登録者数: 799人
    再生時間: 4,853時間
  • 20日目
    登録者数: 871人
    再生時間: 5,645時間
  • 21日目
    登録者数: 962人
    再生時間: 6,235時間
  • 22日目
    登録者数: 1,020人
    再生時間: 6,945時間
    収益化条件達成!

やはり開始時の最初の200人を超えるまでが一番厳しかったです。

ただ、そこを超えるとYouTubeのおすすめにも乗るようになり、あとは自然にチャンネル登録者数、再生時間は伸びていき、すんなりと収益化条件をクリアしました。

実際の収益化

収益化条件をクリアすると自動的にGoogleによる収益化審査に移りました。

その収益化審査に思った以上に時間がかかり、審査が通って実際に広告収入を得られるようになったのは申請から10日後、8月31日からです。

その時の登録者数、再生時間はこうなってました。

YouTubeチャンネル開始31日目

  • 登録者数: 1,710人
  • 総再生時間: 1.3万時間

実際に収益化できるようになったのは、登録者数は710人、総再生時間は9千時間もオーバーしてからです。もったいないですね。

さらに、初期状態はバーの動画の多くは収益化のマークが黄色になっており、ほとんど広告がつかない状態でした。

そこから人による再審査を依頼し、ようやく収益化が認められてという流れになり、その間収益が得られずもったいなかったです。

欧米人向けYouTubeチャンネル 意識したこと

チャンネル登録者数、再生時間を伸ばすために意識したことは、これもまたこれまでの日本人向けチャンネル、Momi Meets Girlsで学んだことと同じです。

YouTuber 稼ぐ

おっさんYouTuberが海外一人旅のチャンネルで稼ぐ方法は?

2019年10月29日

簡単には以下のことです。

  • 可愛い女性を起用
  • アダルト要素を入れすぎない
  • そこそこ質の高いものをほぼ毎日投稿
  • 動画投稿後に分析、改善

Momi Nomadも視聴者からたくさんのコメントがあり、それらコメントとYouTubeのアナリティクスの結果を見ながら微調整し、チャンネル登録者数、再生時間を伸ばしました。

YouTubeチャンネル 分析

以下は開始日の8月1日から28日間のYouTubeのアナリティクスのデータです。

視聴回数

YouTube視聴回数 28日間

視聴回数は7日目、この動画あたりから急激に伸びました。

10月4日時点で1万6千回再生されています。

収益化条件をクリアした後の審査期間、8月22日から8月31日までは動画をアップしていません。

それでも再生回数は8千回以上を維持していました。

ちなみに、このMomi Nomadが本ブログの動画投稿用のみで使っていた時期を含めると、1年間の視聴回数の推移はこのようになってます。

YouTube視聴回数 90日間

欧米向けのチャンネルとして運営してからと比較すると、以前の視聴回数はほぼ0に近い状態でした。

チャンネル登録者数

YouTube チャンネル登録 28日

チャンネル登録者数の推移も視聴回数の推移に似ています。7日目あたりから伸びています。

一番多かった時は収益化条件をクリアした直後、8月23日で102人でした。

ちなみに、これも1年間で推移を見てみるとこのようになってます。

YouTube チャンネル登録 365日

やはり欧米向けのチャンネルとして運営してからと比較すると、以前の視聴回数はほぼ0に近い状態でした。

地域別

ここで本チャンネルで肝心な項目が「視聴者が本当に欧米人か?」という点です。

その確認は地域別で確認できます。

YouTube 地域別 上位

トップからアメリカ、イギリスと続いているのは良いのですが、3位が日本というのは良くないです。ドイツ、オーストラリア、最後の5位に日本ならまだ良いのですが。

ちなみに、それから1ヵ月後、9月のデータは次のようになりました。

Momi Nomad 9月 地域別

ドイツが日本を抜き、オーストラリアと日本がほぼ同じの割合にまでに改善しています。

さらに、それぞれ英語圏の割合は増えており、上位4ヵ国(ドイツも英語圏とする)の割合の合計は46%と約半分にまでに増えています。いい感じです。

ちなみに、日本人向けチャンネルのMomi Meets Girlsの同じ9月のデータは次のようになってます。

Momi Meets Girls 9月 地域別

驚くほどに日本人向けチャンネルになっています。

まとめ

欧米人向けチャンネルにおいても、チャンネル登録者数、再生時間を伸ばすためのステップは日本人向けとそれほど変わりません。

欧米人が興味を持つジャンルが分かれば、そこそこ質の高いものをほぼ毎日投稿し、動画投稿後に分析、改善していけば短期間で収益化は可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください