セブ Copenhagen Main Residences マクタン島に近い快適コンド

セブ Copenhagen Main Residences




セブ Copenhagen Main Residences 場所

セブ島のセブ市からマクタン島に向かう途中にあるコンドミニアム、コペンハーゲン・メイン・レジデンス(Copenhagen Main Residences)。場所はこちら。

セブ市の渋滞を抜け、マクタン島に渡る橋の手前にあり、フライトの時間に合わせやすい場所に位置しています。

この前をマクタン島に渡るジプニー、Gaisano Island Mall、Gaisano Grand Mall行きのジプニーが頻繁に走っているので、7ペソでマクタン島を渡れます。

あわせて読みたい

Gaisano Island Mall Mactan マクタン島 の中心的なモール

Gaisano Grand Mall マクタン島 ここも使えるガイサノ

外観

その通りを走っていると、このcopenhagenと書かれた看板が目に入るので、場所はわかりやすいです。

建物は綺麗で、部屋数はかなりの数があり、入り口のセキュリティーもしっかりしているので安心です。

宿泊

チェックイン日: 2018年10月5日
チェックアウト日: 2018年10月7日
部屋: 1部屋
朝食: なし

料金:  2泊 = ¥4,668

宿泊予約サイト

Agoda

Expedia

Agodaで予約しました。一人部屋が税込みで一泊2,300円。後で説明しますが、セブ市でこの品質でこの価格は他になかなか見つからないと思います。

ホテル周辺

ホテル周辺は特になにもないです。ただ、ローカルエリアでもないので夜中外を歩いても危険ではないと思います。

すぐ横にカフェは一応あるのですが、たぶんローカル向けです。

マクタン島と反対方向のジプニーに乗ればJセンターモールがすぐ近くで便利です。

この大通りを横切る道に出れば、パークモール(Park Mall)からも結構近いです。

フロント

コヘンハーゲンに着くとポーターがここまで荷物を運んでくれます。また、エレベーターもあるので荷物が大きくても多くても何も困りません。

鍵は取り外し可能になっているので、財布の中にしまっておけるので邪魔にならないです。ちゃんと考えてくれてますね。

 

部屋

部屋全体

一人部屋はそれほど大きくはないです。ベッドはシングルベッドです。

キッチン

この部屋はキッチンがなかったのですが、電子レンジ、冷蔵庫、ケトルがありました。

テレビ

テレビはLG製品。ケーブルテレビが見れて、日本のNHKも綺麗に見れました。

エアコン

エアコンはDAIKIN製品。音は静かな上に細かく温度調整できて申し分ないです。

広々としたPC作業スペースがあり、ここも快適でした。

WiFi

WiFi速度
ダウンロード: 35.3Mbps
アップロード: 50.9Mbps

WiFi速度は爆速でした。他のホテルやコンドミニアムではせいぜい5Mbpsが上限なので、比べものにならない速さです。

クローゼット

さっきと同じ写真ですが、ハンガーがあり、貴重品入れもありました。さらに、

こんな巨大な収納スペースまであるので、長期滞在で荷物が多い時に便利です。

電話

電話も案内板と一緒に置かれていて親切でした。

トイレ、シャワー

トイレも清潔でした。ただ、便座がきちんと固定されておらず、ガタガタ動くのが欠点。

シャワーはシンプルなタイプ。

お湯の温度はレバーの左右で調整。

水量は十分出ていて、お湯の温度も熱いお湯まで出て、水周りは問題なかったです。

まとめ

ほとんど欠点がなく、マクタン空港からもタクシーで料金: 200ペソ以内、時間: 30分程度とアクセスがいいので、帰国前に利用するといいです。

ちょっと残念だったのが、ここはコンセントの差込口が少なかったこと。初めはどこにあるのか分からなかったのですが、

机の横にありました。ここからケーブルを伸ばすなりして、スマホの充電等は机の上の壁際でやるといいです。

宿泊予約サイト

Agoda

Expedia

その他のマクタン空港近くの快適なホテルについては、こちらの記事を参考にしてください。

セブ島 空港 ホテル

セブ島 マクタン空港近くで快適なホテルは?【2019年】

2019年2月18日

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった













オペレーター

最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプをおすすめ!

  • 話し放題
  • 予約不要
  • チャットアプリが最高

1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください