ブルゴス Di Bar 日本人はカモでしょ

ブルゴス Di Bar




ブルゴス Di Bar

以前に書いたブルゴス通りについてのこの記事。

あわせて読みたい

ブルゴス通り ( P Burgos St ) 歓楽街の通り 

ここで「1本35ペソのサンミゲルライトを1,000ペソで売りつける」と紹介したDi Bar。

ここでの体験談を書きます。

ちなみに、Di BarはおそらくDi Ba?というタガログ語とかけたもの。日本語の意味は「でしょ?」。相手に同意を求めるときに使う便利な表現。

ここでブルゴス通りとDi Barの場所をおさらい。

ブルゴス通りはマカティ・アベニュー(Makati Avenue)から一本内側に入った、歓楽街の通りです。

これに印をつけてルートを分かりやすくしたのがこちら。

Di Bar ブルゴス

Di Barはそのブルゴス通りを入ってだいぶ先の、ネオン街から外れた人気の少ないところにあります。

追加情報:2019年7月

2019年7月、この周辺を動画撮影してきました。

Di Barの前も撮影しています。

今後はYouTubeで情報更新していく予定ですので、そちらをチェックしてもらえればと思います。

Di Barに行ったきっかけ

「なんでわざわざ人気のない場所のバーに行ったのか?」ですが、個人で行ったのではなく、あるコミュニティーに参加したのがきっかけ。そのコミュニティーの会に参加して、その流れでここに連れて来られたということです。

そのコミュニティーの名前は、マニラ 韓中料理を食べ尽くす会。別のコミュニティーで知り合った人から紹介してもらって知りました。また、フィリピンの情報誌、Plecommでも宣伝してます。こんな感じで。

目的はこのように書かれています。

一人ではなかなかハードルが高い、韓国料理と中華料理。2、3ヶ月に1度メンバーで集まって美味しく楽しく飲みましょ

韓国料理や中国料理は大勢で取り分けて食べるスタイルのレストランが多いので、これはここマニラではありがたい企画ですし、日本人と知り合うのもいいのでと思い参加しました。

なので、バーに行く予定すらもともとはなかったんですね。実は。

マニラ 韓中料理を食べ尽くす会

順に説明していくと、この会はマニラに住む日本人の集まりで、幹事も日本人女性。この日(2017年8月)は20人ぐらいいました。4人分の鍋が5セットだったかと。

で、この鍋会で既に「ちょっとこの鍋の勘定、おかしくないかい?」と疑惑。

出てきた鍋はそれほど大きくなく、肉もなければ品数も少ない。中国系か韓国系の野菜と魚のすり身(?)が数品あるぐらい。日本の豊富な野菜、肉の鍋とは比べものにならないほど質素な鍋。

さらに、量も少なく、幹事が持ち込みで一袋9ペソ程度の現地の即席麺を数個鍋に放り込む始末。「それ、いいんかい!」。聞いたところ、フィリピンではいいらしい。ほんまかいな。

で、料理はこの鍋だけで、追加注文も受け付けずに終了。で、勘定。

「これは安くあげたな〜。300ペソ?まぁ、ビール結構飲んでる人もいたし、400ペソ超えるかもな〜」

そんな感じでした。

で、出てきた料金は、一人1,000ペソ

それもレストラン(食堂?)の店員に勘定もせず、誰にも見せずに。

「は?」

日本人の飲み会の感覚ですと、「おあいそ」と言って幹事とその周りが伝票見ながら割り勘するスタイル。

さらに言えば、予約していた鍋が来て、それだけでは足りないだろうから唐揚げ、フライドポテトとか追加注文してお腹いっぱいになって、それで勘定かと。

マニラでも日本の居酒屋の品質、量、味であれば一人1,000ペソで納得できますが、どう考えても500ペソを超えるわけがない。残りの500ペソx 20人分の10,000ペソ。23,000円は幹事の懐に入るんだろうな、という疑い。

ただ、ここは大人になって、「幹事も人集めしてるし、これで家計の足しにしてるんだろうな」と思い、深く聞くことなく1,000ペソを支払いました。

ちなみに、後日同じ店で見せてもらったメニューがこちら。

4人分で420ペソのスープ。基本の鍋セット。あとは100ペソから200ペソの具を数品とビール(サンミゲルライト)。これを4人で割ったら一人あたりの料金。

やっぱり、どう考えても1,000ペソはぼったくり。。。

Di BarへLet’s Go?

どうも腑に落ちない鍋会を終え、幹事から二次会のお誘いがあり。

「この後、行く人だけで飲みに行くんだけど、行く?強制じゃないし」

とのこと。

「さっきの鍋で予想以上にお金使って、ビールももう飲んだから行かなくてもいいんだけど、まぁ、鍋会では喋っていない人がまだ半分ぐらいいたし、交流しておこっかな。この辺りのバーならビール120, 130ペソですむだろう」

そんな感じで参加することにしました。それが予想だにしない展開に。

イメージしていたのはブルゴスのこういったバー。

バーは開放的な空間で、仲間内で喋るのもよし、他の欧米人と仲良くなるのもよしみたいな。場所も今いるこのレストランから歩いてすぐの、ブルゴスの繁華街かと。

で、連れて来られたのがここ、Di Bar

周りにネオンのあかりはなく、人気もなく、ローカルの人がウロウロしているようなところ。

「なんでわざわざこんなところに?」

その理由。それは、幹事の経営するバーということ。

ここでようやくこのコミュニティーの趣旨、幹事の目的を理解。

まず、(旦那がどこで働いているかは知らないが)自分の小遣い稼ぎにBarを始めた。でも、繁華街だと家賃が高い。家賃が安いと人通りが少ないが、イベントで常連客を作れば良い。マニラで働く日本人はそこそこいるので、SNSや彼らがチェックしているフリーペーパーで人集め、といったところ。

つまり、日本人の交流が目的ではなく、幹事の経営するバーの売り上げと常連客作りが目的だったということを理解しました。

まぁ、鍋会の料金は未だに腑に落ちないものの、幹事のバーの売り上げに協力するのはまぁいいかな、というか、行くと言った以上入るしかなく。

Di Bar 1本1,000ペソのサンミゲルライト

長くなりましたが、いよいよ本題。

DI Barの中はかなり狭く、2次会に参加した10人(?)がなんとか入れるスペースしかなく。

カウンターには従業員のフィリピーナが2人と幹事の3人。さらに、幹事のおよびでその親戚(?)の女子大生(?)が一人の合計4人。ぶっちゃけ、何も知らずにバーに入ってこのメンバーだと、即座に別のバーに移動するレベルです。

それはさておき、とりあえずの1本でサンミゲル・アップルを頼もうとしたところ、幹事からお知らせ。

「サンミゲルライトのみ飲み放題。はい、一人1,000ペソ」

「えっ?」

ですよ。1,000ペソですよ。それもサンミゲルライトのみ

たとえ1本でも1,000ペソ。サンミゲルアップルやレモンはダメ。ウイスキーやワインも別料金。ジュース、コーヒー、ウーロン茶でさえも別料金

まず1,000ペソを集金するので、サンミゲルライト以外だと1,000ペソ + 数百ペソ。

さっき鍋会でサンミゲルライト飲んだのでいらないんですよ。もともとあまりアルコール飲めないのもあって。

この付近のビールの高いお店、Plan BやKojaxといったGo Go Barでも150ペソ。

あわせて読みたい

KTV カラオケ Go Go Bar ブルゴス ( Burgos )地区ガイド 

KTVで90分、カラオケ嬢が隣でドリンク飲み放題でも800ペソしません。それがなんで1,000ペソ?

さらに呆れたことに、そのマニラ 韓中料理を食べ尽くす会のお金持ってそうな職業(秘密にしておきます)の人に幹事が「ドリンクちょうだい」と。「この子にも」、「この子も可哀想でしょ」と従業員のフィリピーナと売り上げアップのために中に強引に入れた親戚(?)の子にもドリンクをせがむ始末。

10人 x 1,000ペソ + 350ペソ(?) X 6,7杯ぐらい。この2次会でも数万円稼いでいました。仲間内から。

その後

それから1ヵ月も経たないある日、また幹事からコミュニティーのお誘いが来ました。

次どこでやるかも聞くことなく、こういった海外で日本人をカモにする日本人と関わりたくなかったので、そこで脱会し、縁をきりました。

あれからDi Barには行っていないのですが、SNSの情報によると、どうも普段はビール一本150ペソから飲めるとのことで、1,000ペソはマニラ 韓中料理を食べ尽くす会のときだけのようです。

こういった日本人をカモにする日本人にくれぐれもご注意ください。

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった














18 件のコメント

      • 入場料で1,000ペソは高いですね(*´Д`*) 「Di Bar 1本1,000ペソのサンミゲルライト」って書いていらっしゃいますが、その日は飲み放題ってことだったんですか?

  • そうですね。サンミゲルライトは強制飲み放題でした。
    なので、サンミゲルライト1本でも1,000ペソ。
    サンミゲルアップルとかウーロン茶とか別のドリンクだと、1,000ペソ + 別料金。

    • ご返信ありがとうございます。ここのお店のシステムは存じ上げませんが、この手のバーだとテーブル料やサービスチャージ、VATやら何やらで、ビール1本だけだと逆に高くついてしまうかもしれませんね。それらも込みで飲み放題1,000ペソであれば、ビール好きの客にとってはお得なのかもしれませんね。

  • マニラのKTVでもビール以外も飲み放題で1,000ペソ以下です。女性指名なければ。
    (Di Barよりマシで)安いところだと600ペソです。
    ブルゴス、マカティ、マラテとかなりのお店を見てきましたが、ボッタクリはここだけでした。

  • KTVで女性指名なし、女性飲み物なしだけで飲み放題だけで行くと
    お店からも女の子からも嫌がられるよ

    それでも600ペソの基本セット料金で大きな顔ができるもみのきさんをある意味尊敬するよ

  • そうですね。指名する・しないはお客の自由ですが、指名しない方が珍しいのでいい顔はされないですね。
    「外見だけでなく、話しをしてコミュニケーションできる子を選びたいから」と言うとスムーズにいくように感じます。
    実際、容姿だけいいが全く会話しないという子は選びたくないので。

  • 近くの韓国料理屋のおっさんが言ってたけどその人純血の日本人じゃないってブツブツ言ってた、
    日本に帰化して通名貰った韓国人なのになぜこっちに来て商売してるか分からないブツブツ…
    ずっとブツブツ言ってた。

  • こんな会で日本人女性との出会いを期待して大金払って騙されるおじさん達もそうですし、日本人をカモにする会の宣伝に協力するprimerも軽蔑しています。
    フィリピンは日本人をカモにする日本人が多すぎですね。日系企業も。いずれその詳細も記事にします。

  • 昔からオーナーを知っているけど、
    「日本に帰化して通名もらった韓国人」じゃないよ。

    あんぱんまんさん、いいかげんな噂を流さない方いいですよ。

  • では、本人に聞いて下さい。
    間違いがあれば、どこがどう違っているかをまとめてお問い合わせからメッセージ下さい。
    本人からでも構いません。

  • こんにちは!今このブログを見ました。
    このブログの管理人さんともママさんとも面識のあるヒロです。
                        
    多分Di-barのママさんにヒロ君ってゆったらわかるハズやから
    直接話たかったらメッセしてきてください。

    で、聞きたいことは
    「何故、2件目の開始時点で帰らなかったんです?」

    本文を見る限り、
    とりあえずの1本でサンミゲル・アップルを頼もうとしたところ、幹事からお知らせ。
    「サンミゲルライトのみ飲み放題。はい、一人1,000ペソ」

    と書いてあるので、会計の通知は2次会が始まる前に通知されてたんですよね?

    もし管理人さんが、それが高いと思ったんならなぜそこで高いから帰ると言わずに、
    言われるまま1000ペソ払ったんですか?

    歌舞伎町みたいに誰か怖い人が出てきて強制的に払わせたんですか?

    1000ペソが高いか、安いか。人によって価値観が違うのでそういう議論をする気もないし無駄ですが、
    僕は1000ペソで普段しゃべれない経営者の方や違う価値観の事を話せて、僕にとっては異国の地であるフィリピンの貴重な情報取集代と思ってます。

  • >会計の通知は2次会が始まる前に通知されてたんですよね?

    ブログに書いてあるように、2次会が始まって「ビールを注文する時」にです。
    新入りで場の空気を壊したくないので仕方なしに、です。
    二次会始まっているのに突然店を出て行ったら場の空気を悪くしますよね?
    それを見越してギリギリまで通知しなかったという店側の策略でしょう。
    幹事が日本人を騙す気が無かったのなら、以下を通知すれば済むことです。

    ・二次会の場所は自分のお店であること
    ・二次会の会計の通知は、一次会終わって二次会に誘う時
    ・サンミゲルのみ飲み放題で1,000ペソ。それ以外は別料金なこと

    ヒロさんがどなたか分かりませんが、一般的な感覚と違うかお店を擁護されてるかのようですので、無益な論争が続くと予想されます。
    ここで終了させてもらいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください