【ドットインストール】git入門をやってみた感想

ドットインストール git
プログラミング

「Web制作を始めたい」

「コードを入力するエディタはVisual Studio Code(VS Code)がいいらしい」

ドットインストールという学習サイトで無料で始められるらしい」

今やWeb制作は人気の職業なので始めてみようと思う人が増えています。

ドットインストールという学習サイトも知られるようになり、気になる人も多いでしょう。

ゲームプログラミング経験者がGitをやってみた感想です。参考にしてください。




ドットインストール git入門

ドットインストールのレッスン一覧からドットインストールが提供する学習コースの一覧が見れます。

コース詳細はいずれまとめ記事に書くとして、無料で受けられる以下を受けてみました。

  • git入門

レッスン内容

ドットインストール git

レッスンは動画です。

動画で解説されている通りに自分のPC環境でマネして学ぶスタイルです。

ドットインストールの特徴をまとめるとこんな感じです。

ドットインストール 学習画面の特徴

(利点)

  • 開発環境の設定から実際現場で使用する開発環境で学習できる
  • 動画の解説通りにマネすることで学習できる
  • 1レッスンの動画の長さは平均2分と短いので集中できる。
  • 他のユーザーの「質問と回答」を見れる
  • レッスンに必要な素材は提供されている
  • 分からないことを質問できる(有料)

初心者にやさしい学習サイトです。

ドットインストール git ドットインストール git

学習した項目は一覧で確認できます。

レッスンを完了したら手動で「完了」に設定します。

無料のgit入門のレッスンですが、このコースにかかった時間は1時間半です。

動画は合計50分ほどありますが、動画の説明が分かりやすこととgit環境構築は他の学習サイトのProgateのレッスンで設定済みだったので困ることは何もなかったです。

ショートカットキーは一度で覚えようとせず、メモしておき、それを見ながら普段から使いながら覚えるといいです。

gitのレッスンはこの入門のみです。

レッスン内容 ポイント

gitのレッスン一覧はこちらで確認できます。

最初のレッスンはgitについての説明です。

git入門で学んだコマンドも先ほどのこちらで確認できますが、動作も含めて一覧をここにも転載しておきます。(※全く同じではないです)

コマンド 動作
git config –global user.name “(ユーザー名)” Gitにユーザー名を設定
git config –global user.email “(メールアドレス)” Gitにメールアドレスを設定
git config -l Gitの設定を一覧表示
git config –help Gitの設定のオプションを表示
git init リポジトリを作成
git init –bare 共有リポジトリ作成
git remote add origin (gitのURL名) リモートを登録
(エディタ作業) ファイルの作成、編集
git add (ファイル名) ファイルの変更内容をgitに追加
git add . カレントディレクトリ下のファイルを全部gitに追加
git commit -m “(コミットメッセージ)” 変更結果をローカルリポジトリに記憶
“-m”はコメント一行
git commit -am “(コミットメッセージ)” ファイルの追加とコミットを同時に行う
git commit –amend Gitのログには含めずにコミット
git reset –hard HEAD 直前のコミットをやめて一つ前のコミットに戻す
git reset –hard (コミットID番号) 直前のコミットをやめて指定するコミットIDに戻す
git reset –hard ORIG_HEAD 直前のコミットのやり直しをやり直し(結局コミットする)
git push origin master ローカルリポジトリをリモートリポジトリへ反映
git pull origin master リモートリポジトリからファイルをダウンロード
git mv (ファイル名) ファイルを移動
git rm (ファイル名) ファイルを削除
git status 現在のブランチの名称、追加・変更されたファイル、ディレクトリの一覧を表示
git diff 変更内容の差異を確認
git diff –cached まだコミットされてないファイルの差分表示
git log 変更履歴を表示
git log -p 変更内容を表示
git log –oneline Gitのログを一行で表示
git log –stat どのファイルに何箇所変更を加えたかを表示
git branch (ブランチ名) ブランチを作成
git branch 現在のブランチを確認
git checkout (ブランチ名) ブランチを切り替える
git merge (マージさせたいブランチ名) ブランチをマージ
git branch -d (ブランチ名) ブランチを削除
マージ衝突解決 マージで衝突している箇所をエディタで削除
git tag (タグ名) タグをつける
git tag タグを表示
git show (タグ名) タグ指定でコミットした内容を表示
git tag -d(タグ名) タグを削除
.gitignoreファイル Git管理に含めないファイルを.gitignoreに記述
git config –global alias.(エイリアス名) (コマンド名)

エイリアスを作成

 

感想 git入門

初心者にやさしい学習サイトです。

初心者でも一人でGitコマンドを勉強できます。

ただ、Gitのリモート環境構築(Github)については説明がほとんどないので、別の学習サイト、ProgateのGitコースで一通り学習してからこのドットインストールgit入門を進めるといいです。

Progate Git

【Progate】ゲームプログラマーがGitとGit環境構築をやってみた感想

2020年6月10日

個人でプロジェクトを進めるのにもバージョン管理システムを使うとファイル管理が楽になるので、初心者のうちから使いなれた方がよいでしょう。

ドットインストールではレッスン内容の分からない点を質問できるので、疑問点は質問して理解を深めるといいです。

なお、Web制作でAdobe製品(XD、Dreamweaver、Adobe Photoshop、Illustratorなど)を使う場合はAdobe Creative Cloudが必要です。

Adobe Creative Cloud

社会人やAdobeオンライン講座を受けたい場合はヒューマンアカデミーから購入するとお得です。

ヒューマンアカデミー たのまな Adobe

ヒューマンアカデミー たのまな のAdobeオンライン講座の体験談【2020年5月】

2020年5月8日










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください