【動画編集】エンタメ系 YouTuber(HikakinTV)をマネてみた

動画編集 HikakinTV

動画編集を勉強するのに良い方法は、すでにある良いコンテンツを真似ることですね。

今回、エンタメ系YouTubeで有名な、「HikakinTV」の動画を分析し、真似てみました。

オープニングやイラストの作成は時間がかかるので、とりあえずテロップとサウンドだけマネてみました。

その作り方をざっくり解説していますので参考にしてください。




HikakinTV とは?

 

もはや説明不要でしょう。日本を代表するエンタメ系の人気YouTuberです。

登録者数は803万人(2020年3月10日時点)もいます!

今回、コロナウィルスのデマによるトイレットペーパー不足騒動について動画をアップされていたので、それを題材に動画編集を分析してみました。

動画内容、動画編集(HikakinTV)、動画編集ツール

全てのセリフにテロップ入り、ほぼ全てのセリフに効果音が入っていて、またその数、種類もかなりあります。

さらに、テロップのフォントやアニメーション、エフェクトも多様に使っていて、動画編集に一番凝っているYouTuberではないでしょうか。

完全に同じ音、フォントを探すのはかなり難しいです。

動画編集ツールは、以前はFinal Cut Pro X、現在はAdobe Premiere Pro を使用されているとのことです。

Adobeの動画編集ソフトパッケージ

  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe Creative Clound(通常版) 
  • Adobe Creative Clound(学生・教職員版)

なお、Adobeオンライン講座とセットになったAdobe Creative Cloundパッケージもヒューマンアカデミーから販売されているのでそちらと比較して購入すると良いでしょう。

ヒューマンアカデミー たのまな Adobe

ヒューマンアカデミー たのまな のAdobeオンライン講座の体験談【2020年5月】

2020年5月8日

とにかく一動画にかなりのテロップ、効果音が使われており、別のフォントやサウンドで再現するにもかなりの時間がかかります。

なので、上記の題材の動画の2分間だけ、サウンドとテロップをマネてみました。

動画編集の画面はこのようになっています。

スクリーンショット_2020-03-08_19_19_02

細長い細かいパーツがテロップと効果音です。見ての通り、かなりの量です。

以下にこの作り方を解説します。

動画の作り方 分析と解説

テロップ入力

まず、テロップはおそらく全てレガシータイトルで作られています。エッセンシャルグラフィックスはほとんど使われていません。

それら使い分けについてはこちらで説明していますので参照してください。

レガシータイトル エッセンシャルグラフィックス 使い分け

【動画編集】Adobe Premiere Pro レガシータイトル とエッセンシャルグラフィックスの使い分け

2020年3月19日

なお、テロップをレガシータイトルで入力する場合、ワークスペース、レガシータイトルスタイルは以下のように設定しておくと作業は楽です。

スクリーンショット_2020-03-10_13_56_48_2

ポイントは、

  • レガシータイトルの各パレットはワークスペースのウィンドウに固定させる
  • よく使うフォントをレガシータイトルスタイルに保存しておく
  • よく使うフォントスタイルをレガシースタイルに保存しておく

です。 

というも、レガシータイトルをしばらく使ったことのある方なら説明不要でしょうが、とにかく、

  • レガシータイトルのウィンドウが崩れる不具合
  • 目的のフォントが探しにくい

という問題があるからです。

このあたりもいずれ記事にまとめようと思います。

テロップ入力(単純なスタイル)

全体.00_00_23_23.静止画005

上から順に、

  • レガシータイトル
  • 元画像の見本

となっています。

以下スタイルで作りました。

スタイル

塗り:茶色、青黒グラデーション、ピンク
ストローク:白色
フォント:ヒラギノ角ゴStdN(W8)

一部青黒のグラデーションが使われており、これはエッセンシャルグラフィックスではできません。(2020年3月時点)

なので、単純なテロップでもレガシータイトルを使っています。

テロップのフォント

全体.00_00_28_10.静止画007

上の単純なテロップ、ヒラギノ角ゴStdN(W8)以外のフォントは同じものが見つかりません。

なるべく元動画に似たフォントで再現しているのですが、それでも少し違います。

テロップ(アニメーション)

レガシータイトル_揺れ_アニメーション

テロップのアニメーションですが、Adobe Premiere Proではちょっとした動きでもキーフレームを打たないとできないようです。

例えば、この「デマです〜!」の文字が振動するアニメーションですが、エフェクトにはないみたいです。

なので、2フレーム毎に、

  • X座標、Y座標を少しずらす
  • X座標、Y座標を元に戻す

とキーフレームを打って振動のアニメーションさせています。

ただ、

全体.00_01_38_13.静止画006

この「イエ〜イ!」が伸び縮みするアニメーションはかなり妥協して作ってます。

キーフレームを打つ以外で簡単に再現できないのかまだ分かっていません。

効果音、BGM

HikakinTVで使われている効果音、BGMですが、まずこちらの動画で紹介されているヒカキンボックスのものから探しました。

このうちBGMはググれば簡単に見つかりました。

効果音ですが、これはちょっと苦労しましたが、おそらくこれだろうというのを見つけました。

基本的には、効果音ラボ、DOVA-SYNDROMEというサイトとFinal Cut Proの音源を使われています。

動画編集 フリーサウンド

動画編集 フリーサウンドの使い方と管理方法

2020年3月9日

紹介されているヒカキンボックスの効果音9つ、BGM9つをこちらの動画にまとめました。

元々の素材はボリュームが大きいので、ゲインを次のように変更しています。

  • 効果音:-5db
  • BGM:-10db

ヒカキンボックスの音源はたぶん合ってるでしょうが、HikakinTVではまだまだたくさん効果音が使われているので、全て探すのは難しいですね。

エフェクト

全体.00_00_03_19.静止画008

動画では集中線、炎、クラッカー、キラキラのエフェクトが使われています。

そのうちいくつかはサイトからダウンロードしてAdobe Premiere Proに入れるだけで使えますが、いくつかはAfter Effectで作られたもののようです。

エフェクトについては以下記事にまとめましたので参照してください。

動画編集 集中線

動画編集 YouTuberがよく使う「集中線」のエフェクトを簡単に作る方法

2020年3月10日

まとめ

HikakinTVの動画編集ではAdobe Premiere Pro が必須です。

テロップアニメーションもあるので、Adobe After Effect も必要になるので、Adobe Creative Clound を選択するのがよいです。

動画編集の内容はそれほど難しくないのですが、同じフォント、サウンドを探すのが大変です。

さらに、それを一つ一つ適切なタイミングで動画に組み込むのもまた大変です。

HikakinTVの完コピはかなり大変ですが、動画編集の勉強と素材集めのいい機会になるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

なお、Adobe Premiere Pro 操作方法からテクニック、動画編集の始め方を以下記事にまとめています。

動画編集 始め方

動画編集 始め方 無料で学ぶ Adobe Premiere Pro

2020年6月23日

また、その他のYouTuberのマネてみた動画一覧マネる手順と解説を参照してください。

動画編集 YouTuber

【動画編集】YouTuberをマネてみた一覧とマネる手順を一から解説

2020年3月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください