【体験談】CNN オルティガス校 最高水準のビジネス英会話

CNN オルティガス校

マニラのオルティガス ( Ortigas ) にある語学学校、 CNN オルティガス校 についてです。

開校20年の歴史あるCNNケソン校の姉妹校で、ビジネス英会話に力を入れている語学学校です。

CNNの公式サイトは下のボタンをクリックしてください。

ここで2時間レッスンを受けましたので、その体験談も含めて報告します。




CNN オルティガス校 の公式サイトの内容について

トップページの写真

トップページにマニラの主要な施設、ショッピングモールや病院がいくつか表示されるのですが、マカティ ( Makati ) や ボニファシオ ( Bonifacio ) のマニラでも綺麗な場所の写真ばかりで、オルティガス ( Ortigas )の写真が一枚もないですね。

CNNのあるオルティガスも治安は比較的良く、ビジネス地区でもあるので、そういった綺麗な写真で飾らなくても学校周辺の環境やSM Megamall を掲載したほうが良いのではと思います。

他校にはない、ビジネス経験豊富な講師陣

ホームページには以下のようにアピールされています。

日本のビジネスマンが求める細かいニーズにこたえることができるように、英語指導の経験豊富な校長先生によるカリキュラムの作成と構築、さらにビジネス経験豊富な講師陣をそろえることで、日本人が求めるグローバルイングリッシュの需要にこたえられる学校、それがCNNオルティガス校です。

ビジネス経験豊富な講師陣は他校にはない特徴です。

ビジネス英会話はどの語学学校でも受講できるでしょうが、これまでの経験上、大学ではコミュニケーションや教育を専攻していて、その後は英語教師。または、大学では看護の勉強をしていたけど、供給過剰で賃金が安いので英語教師になったとかで、ビジネス経験がない先生がほとんどでした。

また、ビジネス経験はあっても単純な事務作業を転々としていて、特定の分野でビジネス経験が豊富な英語の先生はまだ見てません。

もし本当にビジネス経験豊富であれば、英語 + アルファの知識が得られるので魅力があります。

また、以下のようにも書かれています。

本校では主に企業研修等、細かなニーズに対応するフルオーダークラスにも対応しています

企業向けの語学学校に適しているようです。

授業内容と料金

コースは3コースあり、メインレッスン、選択レッスン、フルカスタマイズ等の割合に応じて変わります。

  • Essential コース
    メインレッスン4時間・選択レッスン2時間の計6時間のコース。
  • Premier コース
    メインレッスン4時間・選択レッスン4時間の計8時間のコース。
  • Executive コース
    フルオーダーコースで研修の目的に合ったカリキュラムを作成。平日8時間、土曜日4時間。

ここで他校と比較し易いにように、Essential コースの費用を記載しておきます。

Essential コース4週間 費用
授業費 + ホテル滞在費(シングルルーム): $2,100
その他費用
 SSP申請代 5500ペソ
 テキスト代 1500〜2000ペソ
 学生IDカード代 300ペソ 

(2017年9月25日)

これに食費が数万円別にかかっていきますので、他校より若干高くなってしまいます。ですが、授業の質や清潔で快適な環境を考慮すると、特別高くはないと感じます。

こう見ても、やはりGrandlineの費用の高さは突出してますね。

あわせて読みたい

【体験談】Grandline 体験レッスン時に受けたレベルテストが酷い!(1)

 体験授業と料金

体験授業を2時間受けてきましたので報告します。

体験授業内容と料金

(スケジュール)
9:00 – 9:30 Reading、Speaking
9:30 – 10:00 Business talking
10:00 – 10:20 Listening
10:20 – 10:40 Conversation
10:40 – 11:00 Pronunciation

(費用)
2時間 無料(2017年9月25日)
 

Reading、Speaking

まず、15行の長文を読んで質問に答えるというReading、声に出して文章を読むSpeakingのレッスンを受けました。

トピックは「生まれる赤ちゃんの性別の割合と、一部を除きほとんどの国では男の子が生まれてくることを望み、それがなぜか?」という社会問題についてです。

質問は5つあり、4択。

問題の答え合わせの後に音読し、発音やアクセント等のチェックを受けます。

感想ですが、まず、Readingで使用したトピックの選択がいいです。この水準のトピック、問題の質であれば、授業を受け続けることでビジネスの記事を読む力が身につくでしょう。

僕が以前留学した3Dでは、授業で使う教材のトピックがあまりに酷く(トピックが初級者対象、宗教、道徳)、社会問題やビジネスをテーマとする教材は1冊もありませんでした。

ビジネスをアピールポイントとしているWEXCELにおいても、用意されている教材は初級者対象、宗教、道徳で、それ以外はただのTOEIC、IELTSでした。

それに比べ、このCNNで使用する教材の品質は良いです。

Readingの授業内容ですが、僕の場合は特に先生に聞くことはなかったので、授業の内容について特筆することはないです。

次に、音読ですが、「発音はOK。ただし、以下単語のアクセントが間違っている」と指摘を受けました。

  • Korea
    日本語のアクセント、’Ko’にアクセントをおいてたが、正しくは、’e’。
  • increased
    ‘ed’は’t’と発音する。
  • occur
    ‘o’にアクセントをおいてたが、正しくは、’u’。

また、’ed’を’t’と発音する同等のケースとして、Verb + ‘s’, ‘sh’, ‘k’, ‘x’, ‘ch’, ‘p’も補足説明を受けました。

‘ed’を’t’は頭では分かっていても、長文を読んでいるとどうしても抜けが出てしまうんですね。

そういった細かいチェックときちんとした説明を受け、さらに、その単語がきちんと発音できるまでを繰り返し発音するという訓練を受けるので、この授業を受け続ければ発音矯正が期待できます。

Business Talking

ビジネスの教材を使って、ビジネスで役立つ表現やフレーズを学ぶという授業です。

今回受けた授業のタイトルは以下2つです。

  • First meetings
    ビジセスの会合で初めてあった時の会話
  • What makes a good meeting?
    良い会議にするための手順

教科書に書かれている会話や内容を音読して読み進め、穴埋め等いくつかの問題を解くという内容です。

今回はビジネスの初歩的な内容だったので簡単でしたが、教科書を進めていくと高度になるそうです。

単に読んで問題を解く分には自習で可能な内容ですが、音読して発音やアクセントに問題がないか?話し方に違和感がないか?を先生にチェックしてもらえるという部分に価値があると思いました。

Listening

2人の日常会話の音声を聞き、どういった内容かを説明するという授業です。

聴こえてくる単語は簡単なのですが、会話には直訳すると意味が分からないアメリカ人がよく使う表現、造語がたくさん含まれています。なので、状況はイメージできても詳細がよく理解できなかったという結果に。

例えば、I’m in great shape.

これは、I’m healthy.という意味。

こういった通常の英語の授業では習わない、でもネイティブとの日常会話でコミュニケーションに困らないためのネイティブの表現、造語も勉強できることから、日常英会話の授業においても品質は良いです。

Conversation

20行ほどの長文を読み、その内容について先生と意見交換するという授業です。

トピックは、「Which is better for your health?」というもので、健康になるためにどうすべきか?というテーマのもと文章の中に2つに分かれた意見が書かれています。それに対し、自分はどう思うか?を先生に聞かれて意見交換するという授業内容です。

文章の読解力もそうですが、自分の意見を即座にまとめ、それを人にわかりやすく伝えるという訓練になり、効果のある授業内容と感じました。

Pronunciation

いくつかの一文を先生が2回読み上げ、それをマネして発音を練習する、という授業です。

‘s’と’n’がうまく発音できず、何度もやり直しをさせられました。

指摘は的確で、発音矯正も期待できる内容でした。

また、ネイティブが読み上げる発音についても同時に学びます。

ここで真剣に発音矯正に取り組めば、ネイティブとの会話にも自信が持てそうです。

Writing

Writingは宿題として出されます。

毎回テーマが決まっており、そのテーマに沿って書いたものを次の授業で添削してもらうというものです。

今回のテーマは、「Write about a gender issue in your country.」。

他校には、例えば、WEXCELの場合、Writingの授業は授業中に課題を出し、生徒がその課題をやっている間先生は休憩しています。

それに対し、CNNではそういった無駄な時間を省いて効率よく生徒の英語力を向上させることに気を配っている点に感心しました。

ただ、今回は体験授業のため、Writingの授業内容がどういったものかを聞いただけです。

授業は受けていませんので、添削の授業内容についてはCNNにお問い合わせください。 

学校の環境

Tektite West Towerの24Fに上がり、ここがCNNの入り口です。中に入ると、

まるで日本のオフィスのように、非常に綺麗です。文句なしです。

パーティションで仕切られたブースがフロア全体にあり、かなりの生徒数に対応可能となっています。

パーティションはしっかりした作りです。ここがフィリピンとは思えないですね。

フロアーの真ん中に休憩室があります。オシャレなソファで座り心地もよく、快適です。

こういったソファーも自由に使えます。

フロア内の廊下にもこういった椅子が並んでいます。

2,3人の小グループ用のブースです。PCが設定されているのでデジタル教材を用いた授業が可能です。

マンツーマン用のブースです。こちらのもPCが設定されています。ブースの広さも十分です。

オンラインレッスン用のブースもあります。

学校 CNN オルティガス 校の場所

CNN オルティガス校の場所ですが、Googleマップでは以下になります。

これに印をつけて分かりやすくしてみました。

CNN Ortigas 地図

Shaw BoulevardというMRT( 電車 )の駅から歩いて10分ぐらいの距離にある、Tektite West Tower の 24階に CNN があります。

Shaw Boulevard駅はShangri-La Placeという綺麗で大きなショッピングモールに連結しているので、そのモールの中を通り抜け、サンミゲル ( San Miguel )というビール会社の大きな本社敷地をぐるっと周るように大通りを歩くといいですね。

Tektite West TowerはこのPhilippine Stock Exchange Centreと書かれたビルから入り、

WEST TOWERの方に進んだ先にあるエレベーターで24Fに上がります。

学校周辺の環境

Philippine Stock Exchange Centreの前の写真です。

学校周辺は治安がいいです。比較的安全な場所にあります。

実際、ここからすぐ近くのコンドミニアムに5ヵ月間住んでいましたが、真夜中にSM Megamallからコンドミニアムまで、距離にして数百mを一人で歩くことも何回かありましたが、危険な目に遭ったことは一度もありません。

ビルの1階にはスターバックスがあります。

国際キャッシュカードに対応したATMもその隣にあるので、お金の引き出しにも困りません。

SM Megamallの方に向かっていくと巨大なサンミゲル本社があります。

その周辺の道路も比較的綺麗で、物乞いやストリートチルドレンもいないので治安がいいです。

SM Megamallに向かう道です。

ここも綺麗ですが、夜は人通りが少なく、何かあった時に駆け込む店もあまりないので、比較的安全とはいえ夜の一人歩きはあまりお勧めできないです。

学校周辺のショッピングモール

SM Megamall

SM Megamallという巨大なショッピングモールがすぐ近くにあります。

Shangrla

Shangri-La Placeという豪華なモールもあります。

こちらはSM Megamallよりも富裕層向けですので、価格も高いです。

SM Megamallはいつも人で混み合っていますが、こちらはそんなに人はいませんので、人混みが苦手な場合はこちらを選択するといいでしょう。

他にもショッピングモールが徒歩圏内にありますが、この2ヵ所で十分です。

学校周辺のその他食べるところ

Philippine Stock Exchange Centreの1階に明 (MING)という中華料理レストランがあります。

ここの小籠包が安くて、美味しいのでお勧めです。

CNNのビルのWEST TOWER内にも、1階にこういった手軽に食べれるものが売られています。

これはバナナトロンというフィリピンのお菓子です。

BANANA TURONは17ペソです。安い、美味しい、お腹持ちもいいのでお勧めです。

その隣にはフルーツとサラダもあります。

このサラダが125ペソ。

僕の知っているフィリピンの他の店に比べて半額以下です。

サンミゲル本社のすぐ近くにはマクドナルド等ファーストフードやレストランが集まっている場所もあります。

また、Philippine Stock Exchange Centreの周りにも韓国料理レストランもあり、数えきれないほどレストランがあります。

寮の周りの環境

こちらが宿泊先のTHE EXCHANGE REGENCY HOTEL

Philippine Stock Exchange Centreに隣接しているホテルです。

ホームページの写真を見る限り、申し分ない快適な環境です。

評価

アメリカやイギリス等の先進国で求められるビジネス英語を学ぶには、フィリピンではこのCNNオルティガス校が最高水準だと感じました。

先生のビジネスのバックグランドや上級レベルのビジネスのレッスン内容までは確認できていませんが、今回の体験授業だけでも、他校、例えば、GrandlineWEXCELより遥かに優れていると感じました。

他校で売りにしているレッスンやその効果は、このCNN オルティガス校でも可能と思います。

費用はさすがに学生を対象とする語学学校より高額になってしまいますが、本気で海外の先進国で働きたいと考えるなら投資価値はあるでしょう。

逆に、本気でなければ、または、初級レベルの人には授業料が割高に感じてしまうでしょうから、普通の学生対象の格安語学学校に留学されたほうがいいでしょう。そもそも、そういった人は留学費用がもったいないので、まず日本でオンライン英会話から始めましょう。

 

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった















最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプ
をおすすめ!
●話し放題
●予約不要
●チャットアプリが最高
1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

また、写真のフィリピーナが気になる方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください