仮想通貨 余剰資金 で運用してる?僕の投資の割合を公開

仮想通貨 余剰資金






今朝の仮想通貨

12月7日にbitFlyerでビットコインを購入、12月12日にCoincheck でアルトコインを購入し、おととい、2017年12月16日からメモ代わりに毎朝仮想通貨の資産運用をtwitterでつぶやくようにしました。

[関連記事]

仮想通貨 bitFlyer でデビュー。ビットコインを高値でつかむ!

アルトコイン Coincheck でデビュー。

仮想通貨を始めて今日で11日目、仮想通貨の資産は順調に増えていってます。

仮想通貨 投資の割合

Coincheckにチャットボックスがあり、そこで個人投資家の活発なやり取りが見れます。

↓こんなやつです。

Coincheckでアルトコインを買ってからはちょくちょく値動きを見ていて、彼らのチャットも読んでいるんですが、まぁ、みんな仮想通貨によくこれだけお金かけれるな〜と。

2017年は仮想通貨の価値は数十倍、中には数百倍、数千倍と値上がりし、それら主要な通貨は消滅することなく価値が暴騰し続けたのでこれまではよかったのかもしれませんが、2018年どうなるかは誰もわからないですからね。

特に、XPという、仮想通貨の中でも消滅する可能性の高い通貨ですら、インフルエンサーのイケハヤさんに乗っかって爆買いしている状況。

みんな仮想通貨への投資にどのぐらいの割合で投資しているのか気になります。余剰資金で投資しているんでしょうか?

僕の資産運用

ここで今の資産運用をグラフにすると↓こんな感じです。

仮想通貨を買う直前は、円以外は外国債券とFXで運用していました。

株は昨年に全部売ってしまったのでもうないです。その理由はまた後日。

円をたくさん持っているのは、円の2/3以上はないものとして扱い、残りの1/3が生活資金という扱いにしているからです。

その説明も今は割愛して、その「ないもの」扱いの円をカットするとこんな感じ。

約半分が外国債券で運用しています。

で、黄色の部分が仮想通貨

ご覧のように、仮想通貨は余剰資金で運用しています

仮想通貨 余剰資金 で運用すべき

仮想通貨が将来どうなるかもわかりませんし、仮想通貨そのものに価値はないとして、仮想通貨に悲観的な投資家もいます。

莫大な資産を運用する投資家、ウォーレン・バフェットさんもその一人。彼も仮想通貨に悲観的で、仮想通貨を持っていないようです。

実用し始めたビットコインですらある日価値が0になる可能性があるわけですから、なおのこと、余剰資金で運用すべきですね。

たいしたことは書いてませんが、とりあえず、ネットで賑わう仮想通貨投資をみてて思ったことをメモ代わりに書いてみました。















最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプ
をおすすめ!
●話し放題
●予約不要
●チャットアプリが最高
1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

また、写真のフィリピーナが気になる方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください