サガダ 街並み 小さな村にカフェが点在

サガダ 街並み
観光日

2018年5月2日 – 3日




サガダ 街並み

フィリピンで、ハンギング・コフィン(Hanging Coffines)と呼ばれる、崖に棺桶を吊るす風習と洞窟群で有名な村、サガダ( Sagada )

サガダ(Sagada)の場所や交通についてはこちらの記事を参考に。

あわせて読みたい

サガダ 交通 崖に死者が眠る静かな村

サガダは小さな村なので、村を歩いて回っても1時間もかからないかと。もちろん、村から山奥に洞窟、ハンギング・コフィン、湖、山登りをすると滞在期間は丸2日ほど必要ですが。

エコバレーからのサガダの風景。山に囲まれた小さな村です。

サガダ 交通

村の繁華街(?)はSouth Rdという道路。

この通りの両脇に個人経営の小さなお店、レストラン、宿泊施設が並んでます。

服、サンダル等ちょっとしたものならサガダのお店でも買えます。

また、宿泊施設がカフェ、レストランも経営していることが多いので、特にこだわりがなければ食事から宿泊まで全て宿泊先で済んでしまいます。

さらに、サガダは昼から夕方にかけてよく雨が降るそうです。実際僕が泊まった日も午後4時ごろから1時間ほど激しい雨が降ってました。午後4時というと、アクティビティを楽しんでこれから村を探索しようという時間帯。

なので、あらかじめ行きたいレストラン、カフェはあらかじめネットで調べておき、目星をつけておくことをお勧めします。

情報収集は、(この記事もそうですが)日本語のブログやサイトも情報は全然足りないでしょうから、英語で検索したほうがよいかと。

宿泊施設

宿泊施設はどこもバックパッカーが宿泊するホステルのようなタイプ。豪華なホテルはここにはないです。

見比べたわけではないので確かなことは言えないですが、宿泊施設にそれほど大差はないだろうということと、メインストリートのSouth Rdは坂がキツイので、なるべくバス停&Tourist Information Center近くの宿に宿泊することをお勧めします。

というのも、僕は(口コミ評価の高い)KANIP-AWという宿に泊まったのですが、そのSouth Rdのバス停から一番離れた場所にあったため、「近くにしとけばよかった」とちょっと後悔したので。

サガダのホテルについてはこちらの記事を参考にしてください。

サガダ おすすめ ホテル

ルソン島 サガダ(Sagada) おすすめのホテルは?【2019年】

2019年4月7日

カフェ、レストラン

ヨーグルト・ハウス(YoghuRT House)

このサガダで一番人気のあるお店、ヨーグルト・ハウス(YoghuRT House)。店が閉まっている時間帯はお店の前に番犬が3匹。

この店と関係ないですが、ここサガダはそこらじゅうに犬がいます。夜道は犬の方が多いのかと。

Banana Granola and Strawberry Preserves Yoghurt: 120ペソ

その名の通り、バナナ、グラノーラ、いちごジャム、ヨーグルトの組み合わせ。ほどよい甘さで美味しかったです。

メニューも載せておきます。

ヨーグルトや飲み物だけでなく食事もできます。

French Crepes at Yellow house

このYELLOW HOUSEという建物の1階右端にあるクレープのお店、French Crepes at Yellow house

ここで食べたのがこちら。

Bluberry: 100ペソ

クレープの生地でブルーベリージャムを挟んだもの。

食べごたえがあり、安くて腹持ちもよくてなかなかよかったです。ただ、何よりも、

 

この子を応援したい気持ちがあり。日本だとまだ高校生の年齢で働いています。

サガダに着いたのがお昼時。サガダを観光する前に何か食べておこうかと寄りました。

午後のみでサガダを観光するという時間に余裕がない中、30分以上このお店でこの子としゃべりながらお昼を過ごしてました。

Bana’s Cafe

コーヒーの美味しいカフェ、Bana’s Cafe。ここで食べたのがこちら。

バナナパンケーキ: 160ペソ。

Brewed Coffee: 80ペソ。

その他

SAVADA BREW。

おしゃれな店内で人気のあるお店。

Sagada Lemon Pie House。

どうもサガダはレモンパイが名物なようで、あちこちでレモンパイを見かけました。今回は食べてないです。

STRAWBERRY cafe。

メニューにはストロベリーサンドイッチとかあったと思うんですが、昼時に店内に客がいないことと、スタッフの愛想が悪かったのですぐに店を出ました。なので、詳細は不明。

まとめ

サガダにはまだまだカフェはあり、自分が行ったカフェで紹介していないものもあるのですが、この辺にしておきます。

美味しいカフェ探しもサガダの旅の楽しみの一つかもしれないですね。

ちなみに、

ここサガダは欧米の観光客がそこそこいます。フィリピンの首都、マニラよりもよく見かけます。

サガダの観光名所、ハンギング・コフィンと洞窟体験、さらにはライステラスで有名なバナウェ(Banaue)観光のついでということもあるんでしょうが、こんな空港から遠く離れた交通アクセスの悪い村で欧米観光客がこれほどいるとは。サガダで一番の驚きでした。

サガダの観光名所についてはこちらの記事を参考に。

あわせて読みたい

サガダ 洞窟 ハンギングコフィン 教会 静かな村の観光名所

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった













オペレーター

最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプをおすすめ!

  • 話し放題
  • 予約不要
  • チャットアプリが最高

1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください