フィリピン 語学留学 英語を勉強するならどこがベスト?

フィリピン 語学留学






フィリピン 語学留学

英語の語学留学先として人気のフィリピン。2020年からは小学3年生から英語教育が始まるとのことで、それもあってか人気はさらに増しているようです。

学習指導要領:英語、小3に前倒し プログラミング必修化 – 毎日新聞

文部科学省にもそのようなお知らせがあがっているのですが、長くて読む気になれないです(笑)。

今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~:文部科学省

アメリカ、イギリスに次いで世界で3番目に英語を話す人口が多い国と言われているフィリピン。そのフィリピンで語学留学するならどこがベストでしょう?ちょっと考察してみます。

セブ島

語学学校が最も多いのが、セブ島。その数、なんと数百あるそうです。

語学学校の数もそうですが、留学エージェントの数もたくさんあって、とにかく語学留学先としてセブ島は大人気ですね。となると、「セブ島がベスト?」と思ってしまうのですが、実際どうなんでしょう?それを調べるのにいいサイトがこちら。フィリピン留学ラジオ

実際フィリピンで語学留学した生徒の体験談がアップされていて、その数もたくさんあるので、留学先を決める前に絶対チェックしておくべきです。フィリピン留学ラジオ以外にもたくさん口コミサイトはありますが、そういったサイト運営側は紹介した語学学校からキックバックの報酬を収益の柱としているため、語学学校に不利な情報は削除する傾向にあるようです。例えば、SchoolWith。実態はこのようですね。

スクールウィズにネガティブな口コミを書いたら…。留学エージェントのリアル!

セブ島で語学留学するなら、やはりフィリピン留学ラジオの情報を参考にするといいでしょう。

気になること

セブ島を語学留学先とする場合、どうしても気になることが。

「英語を教えられる先生がそんなにたくさんいるの?」

ということ。

フィリピンに住んだことのある人にとっては常識ですが、基本的に、フィリピン人は英語を話しません。普段彼らはフィリピンの言葉を話します。セブ島であればセブアノ。マニラであればタガログ語。特に、昨今はフィリピン人の教育レベルが下がっているようで、英語をきちんと話せるフィリピン人も減ってきているようです。

僕もマニラで半年働いていましたが、そこの企業に勤めるフィリピン人はフィリピンの中でも優秀な人ばかりでしたが、それでも英語をきちんと話せるフィリピン人は少なかったです。休憩時間は完全にタガログ語。英語を話すのは僕ら外国人と話すときのみ。大事なミーティングではタガログ語。理由は、英語だときちんと理解できない人がいるから。例え僕がその中のトップという位置にいて、ITの専門用語も英語でやりとりできても、(日本人の親を持つ)日本語が完璧な通訳を挟んで、タガログ語を日本語に翻訳してもらってました。

なので、これだけ語学学校が多いとなると、じゃあ、英語をきちんと話せるフィリピン人がセブ島にどれだけいるの?と気になるのです。

マニラ

マニラはセブ島に比べて語学留学先としてはそれほど人気はないです。おそらく、危険だからというのが一番の理由でしょう。

実際、窃盗はしょっちゅう起きていますし、発砲事件もよく耳にします。特に、マラテ(Malate)、エルミタ(Ermita)という歓楽街のあるエリアは危険です。今年も何回か発砲事件が起きてますし、昨年は日本人も殺害されました。

まにら新聞ウェブ

マラテ近辺は非常に危険で、自分がどんなに注意していても殺害される可能性があることを覚悟の上で。なるべく徒歩での移動や長期滞在は避けたほうがいいです。

同じマニラでもマカティ(Makati)、BGC(Bonifacio Global City)、オルティガス(Ortigas)はまだ安全です。留学するならこのエリアを選んだほうがいいです。

マニラの語学学校を選ぶメリット

何と言ってもマニラはフィリピンの首都です。しかも、日本以上にGDPが首都マニラに集中しています。つまり、ビジネス経験のある先生を選ぶなら、間違いなくマニラの語学学校になるでしょう。これがセブですと、語学学校は「ビジネス経験豊富な…」とうたっていますが、実際はTOEICの点数がいいだけで、ビジネス経験はウェイトレス、レジ打ちなどのアルバイト程度ということが多いようです。過剰広告なので気をつけましょう。

また、フィリピンの有名大学、優秀な生徒が集まる大学はマニラに集中しています。

Top Universities in the Philippines 2018 Philippine University Ranking

フィリピン大学 ディリマン校 ( University of the Philippines Diliman )、アテネオ大学マニラ校 ( Ateneo de Manila University )、デラサール大学 ( De La Salle University )などがそうです。なんと、1位から9位まではマニラとその近郊の大学ですね。

では、セブ島はというと、これまた驚きで、11位のUniversity of San Jose-Recoletosがベスト。つまり、優秀な生徒はマニラに集中していることから、必然的に優秀な先生もマニラに集まっています

「大学なんて関係ない」という意見もあるでしょうが、ここは日本ではなくフィリピン。フィリピンの学力は日本とは比較にならないほど低く、優秀な先生の条件は有名大学卒業が必須と言ってもいいでしょう。そうでなければ、ただ英語が得意なだけの、その他の知識は中学生レベルの先生となってしまいます。

当然、日本人にとってそこから得られる知識はほとんどないです。会話や議論も成り立ちません。嘘だと思うのなら、試しに、アメリカがトルコに課している経済制裁や他国との関税争いについて話を持ちかけてみてください。時事問題に限らず、数学その他何においてもフィリピンの学力は非常に低いです。

ですので、本当に社会で役に立つ英語をフィリピンで学びたいのであれば、マニラの語学学校を選ぶといいです。ただ、そうはいっても、嘘八百の語学学校も中にはあるので気をつけたいもの。比較的安全で、ビジネスレベルやカリキュラムの自由度が高い、CNNオルティガス校やPJLinkが良いと思います。

【体験談】 PJLink Language Center マカティで最安値かつ…

【体験談】CNN オルティガス校 最高水準のビジネス英会話

バギオ

バギオもまた日本人や韓国人に人気の語学留学先です。フィリピンの大学も多くあり、学生の街でもあります。また、避暑地としても有名です。

バギオ 交通 街並み セッションロードと繁華街

治安はおそらくセブやマニラより遥かに安全といえるでしょう。実際、人気のない道を真夜中一人で歩いていても、危険な目は遭わなかったですし、そういった危険も感じませんでした。

暑くなく、学生が多いからか料金が安いカフェもあり、それでいて周りにアトラクションやエンターテイメント施設はないので、落ち着いて勉強するにはいいところでした。

では、語学留学先としてはどうでしょう?

正直なところ、英語の勉強という目的ではマニラのほうが遥かに上です。セブ島と比べてもまだセブ島の方がマシです。わざわざバギオで語学留学するメリットはないと感じました。その理由として、

  • バギオの大学はレベルが低い
  • (語学学校を除く)外国人ビジネスマンがいない
  • 外国人観光客すらいない

といったことが挙げられます。

まず、先ほどの大学ランキングをみると、バギオの大学のベストは、Saint Louis University, Baguio City。第16位。学力レベルが低いでしょう。さらに、外国人がいません。街を歩いていても英語圏の外国人と遭遇することははほぼ皆無。いるのは語学留学に来ている日本人と韓国人。言うまでもなく、バギオに住むフィリピン人が使う言葉はタガログ語。つまり、学校外で英語を話す機会はほぼ皆無です。

あえてメリットをあげるとすれば、学費が安いということでしょう。

実際本当に学費が安いかは調べていませんが、

  • 外は涼しくてエアコンがいらない
  • 周りで野菜や果物を作っているので、農作物が安く手に入る

といったことから、語学学校側はマニラやセブ島と比べて確実に経費を抑えられます。当然、その分のリターンがお客様の学生にあるはずです。学費が安くなければぼったくりですね。目的が英語学習であれば、バギオを選ぶ理由は何もないです。

まとめ

フィリピンの語学留学先の候補として、マニラ、セブ島、バギオが主に挙げられます。

期待できる授業のレベルは語学学校によって様々でしょうが、日本の社会で求められる英語とは、正しい英文法の英語 + 専門知識です。TOEICは家で独学でできますし、オンライン英会話もまた家でできます。

TOEIC で800点以上取るためのTOEIC 教材と勉強法

オンライン英会話 一覧 お気に入りはどこ?

それ以上のものを求めてフィリピンに語学留学に来るのですが、残念ながら、ほとんどの語学学校は日本でできる以上のことを教えてくれないと思います。そういったことがフィリピン留学ラジオでも体験談としてあがっていますね。

【閲覧注意】セブ留学で大人向けCEGA、学生向けの3D!学校比較体験談!

【閲覧注意】留学エージェントが絶対教えないフィリピン留学の裏事情

フィリピンで英語を勉強するならどこがベスト?

やっぱり、上記理由から、マニラがベストではないでしょうか?

マニラには語学学校の外でもFacebookグループ、InterNationsMeetup等の活動が盛んで、アメリカ人、オーストラリア人といったネイティブと話す機会も簡単に作れます。マニラは危険といっても、マカティ、オルティガス、BGCはセブ市よりも安全でしょう。

なので、個人的には、その安全な地域にある語学学校、CNNオルティガス校、PJLinkで勉強して、夜は上記のSNS等のグループに参加するのがフィリピンで語学留学する最適な方法かなぁと思います。

それ以外では、日本の自宅でTOEIC+オンライン英会話、卒業旅行にセブ島やエルニドでバカンス + ネイティブと英会話実践でいいんじゃない?と思うのですが、どうでしょう?セブ島でそういったものを作りたいなぁと思っています。興味ある方、メッセージください。















最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプ
をおすすめ!
●話し放題
●予約不要
●チャットアプリが最高
1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

また、写真のフィリピーナが気になる方はこちら

2 件のコメント

  • 素晴らしいリアリティーのある純粋な記事で感動しました。
    しかし、PJLinkの教師人数を考慮すると、日本人が殺到したら授業の予約が難しくなるのでは?と心配です。
    現地日本人に便利な教室に短期旅行者が押し寄せたら、価格上昇と授業の質低下のコンボになる気がします。

  • ありがとうございます。
    それでも全体的には、教師の質、量はセブ島よりマニラの方が上でしょうね。
    有名大学が多いだけでなく、欧米企業の数やそこで働く社員もセブ島よりたくさんいて、でも、語学学校の数がセブに比べてまだまだ少ないのですから。あとは語学学校の体制次第ではないかと。
    あと、こういうとなんですが、マニラの駐在員に求められる英語力は大したことないのと、マニラはネットが使えますので、オンライン英会話で十分かと。それに、学校の閉まる時間まで働いてますので。
    また、最近、Quoollという学校もマニラにできたそうです。
    http://quooll.com/
    場所はケソンで、寮の周りがちょっと気になるのですが、生徒の英語力向上と滞在生活の快適性に真剣に力を入れているようで、良さそうですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください