WordPress全体を簡単かつ完璧にバックアップ、元に戻す方法

WordPress バックアップ
プログラミング

「WordPressのバックアップは大丈夫かな?」

「PCにもバックアップしておいた方がいいかな?」

「でも、ファイルを書き換えたりいろいろ面倒そう」

そこで、手動でWordPress全体をバックアップする最も簡単な方法を説明します。

WordPress バックアップ

サーバーがXSERVER、Mixhostの場合、サーバーが自動でWordPressをバックアップしてくれます。

もし自分のWordPressのサイトが壊れたとしても、自動でバックアップされたデータを使って復帰できます。

ただ、サーバーによっては復帰が有料だったりします。

そうでなくても、普通はないことですがサーバー会社側が誤った操作によって自分のWordPressサイトが消えてしまう可能性も無きにしもあらず。

また、サーバーを変更する場合、自分のWordPressサイトを一旦PCにバックアップ(エクスポート)しなければいけないです。

今回、まさに僕のWordPressサイトのサーバーを変更したので、その際に使った便利な方法を以下に説明します。

WordPress プラグイン

バックアップ用プラグイン

WordPressのバックアップで使うプラグインは以下の2つです。

  • All-in-One WP Migration
  • All-in-One WP Migration File Extension

後者のExtensionはその名の通り拡張機能です。

無料版のAll-in-One WP Migrationはエクスポートできるサイズが256MBまで制限が厳しいので、それを512MBまでに拡張できるプラグインです。

512MBでもメディアファイルが増えると足りなくなるのですが、結論を言うと全く問題ないです。

後述で説明します。

All-in-One WP Migration 使い方概要

WordPressのプラグインに慣れている人向けにAll-in-One WP Migrationを簡単に説明すると、操作はエクスポートを選択するだけです。

All-in-One WP Migration

で、サーバー移行の際は、移行先のWordPressにもAll-in-One WP Migrationを入れて、移行先の方からインポートを選択するだけです。

他のサイトでは、サーバー移行の手順が、「ファイルをFTPでダウンロードして、テキストエディタで書き換えて、…」といったように非常に複雑に書かれているものが多いですが、そんなファイルの書き換え作業は必要ないです。

では、もう少し説明します。

All-in-One WP Migration設定手順

ダウンロードからAll-in-One WP Migrationを検索し、インストールします。

All-in-One WP Migration

インストールしたら忘れずに有効化しておきます。

次に、All-in-One WP Migration File Extensionですが、こちらは検索しても出てこないので、サイトからダウンロードします。

こちらです。

All-in-One WP Migration file extension

All-in-One WP Migration File Extensionは、Basic、Premiumの2種類がありますが、後述の方法で512MBあれば普通十分なので、無料のBasicを選んで問題ないです。

で、両方インストール、有効化した状態はこうなります。

All-in-One WP Migration File Extension

では、WordPress全体をエクスポートします。

All-in-One WP Migration

「All-in-One WP Migration」-「エクスポート」を選択します。

All-in-One WP Migration エクスポート

この時、「メディアライブラリをエクスポートしない」を選びます。

先ほどのファイルサイズが512MBを超えないためです。

WordPressのファイルサイズが大きくなるのは写真等の画像データがいっぱいアップロードされてるからです。

なので、この画像データだけ後でFTPでアップします。

WordPress エクスポート

エクスポートを開始すると「データベースをエクスポート中…」とダイアログが表示されます。

ダウンロード準備

エクスポートが完了したらダウンロードします。

続いて画像データのダウンロードです。

Macの場合、FTPはFileZillaを使うといいです。

FileZilla

FileZillaにFTPサーバーを設定します。

FTP

上の例では、mixhostとxserverを登録していて、今回はmixhostにあるWordPressファイルをダウンロードしてみます。

wordpress uploads

画像データは「wp-content」→「uploads」フォルダにあるので、このuploadsを丸ごとダウンロードします。

wordpress ダウンロード

右クリックし、メニューから「ダウンロード」を選択するだけです。

ちなみに、mixhostのファイルマネージャーの機能でもFTPのような画面でファイルをダウンロード、アップロードできます。

ですが、ファイル単位でフォルダを丸ごとダウンロードが出来ません。

mixhost ファイルマネージャー

なので、同じような操作をするには、Compressを選んでフォルダを圧縮ファイル一つにまとめて、それをダウンロードすることになるので面倒です。

やっぱり、FileZillaを使った方が楽ですね。

バックアップ作業はこれだけです。

サーバー移行時のWordPressデータのインポート

サーバー移行時の手順は、先ほどのエクスポートをインポートに置き換えればよいです。

All-in-One WP Migration

こんな感じです。

  1. 移行先にWordPressをとりあえずインストール
  2. All-in-One WP Migrationプラグインをインストール
  3. さっきエクスポートした移行元のWordPressデータをインポート
  4. さっきFTPでダウンロードしたuploadsフォルダをFTPで移行先にアップロード

簡単ですね。

今回、以下のように本WordPressサイト、もみノマドをXserverからMixhostに移行しました。

手順はmixhostのこちらのサポート記事の手順通りに行い、無事完了。

今のところ問題なさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です