【Adobe Premiere Pro】ローワーサード(Lower Third)

Adobe Premiere Pro ローワーサード

動画編集者YouTuberがAdobe Premiere Proのチュートリアル動画を無料でアップされています。

[無料で学ぶ Adobe Premiere Pro]と題して、それら良質な解説動画を集めました。

今回は、ローワーサード(Lower Third)の作り方の解説動画です。




Adobe Premiere Pro ローワーサード(Lower Third) 作り方

ローワーサード(Lower Third)

【限定公開】Premiere Proでローワーサードを作りテレビ番組のようなテロップを表示しよう (Action Planetあくしょんプラネット)

レガシータイトルでローワーサードを作る方法を解説されています。

説明内容

  • レガシータイトルの[長方形ツール]で2つの長方形を作成
  • 長方形の上にテキストを配置
  • 事前に用意したロゴファイル(png)を挿入し、長方形の上に配置
  • (次のアニメーション作業のために)パーツの数だけ(4つ)レガシータイトル全体を複製する
  • 複製したレガシータイトルを各トラックに挿入する
  • 各トラックに配置したパーツの[位置]-[X座標]にアニメーションを設定し、ローワーサード全体でアニメーションを作る
  • テキストにクロップを適用し、ロゴの位置に追随する形でアニメーションを設定する
  • ローワーサード全体をネスト化し、ローワーサードが消えていくアニメーションを作成する
  • ネスト化したパーツを複製し、逆再生に設定するだけ
    ([クリップ速度・デュレーション]-[逆再生]にチェック)

この方法は古いやり方で、レガシータイトルはもうすぐ廃止になります。

さらに、レガシータイトルはテンプレート化できないので、次のエッセンシャルグラフィックスで作ることをおすすめします。

ソーシャルカード

Premiere Proでソーシャルカードを作成してインスタに誘導しよう (Action Planetあくしょんプラネット)

エッセンシャルグラフィックスでローワーサードを作る方法を解説されています。

ローワーサードの中でも、インスタグラムやツイッターなどのソーシャルカードを作る方法で、インスタのアイコンが画面外からニョキっと出現するアニメーションの作り方についての説明です。

説明内容

  • エッセンシャルグラフィックスでSNSの画像、長方形、テキストを配置する
    ・「新規レイヤー」を追加して各素材を作る
  • SNSアイコンにアニメーションを設定する
    ・[位置]-[X座標]にキーフレームを追加し、アニメーションを設定する
    ・アニメーションが滑らかになるように、各キーフレームを以下のように時間補間設定
      真ん中:ベジェ
      最後:イーズイン
      最初:イーズアウト
  • 長方形を変形させるアニメーションを作る。[パス]で設定
    ・最初、長方形出現時は長方形を縮めておく
    ・長方形を徐々に広げる
  • 長方形が見えてはいけない間の不透明度を調整
    ・見えてはいけない(最初):不透明度を0
    ・見えていい(最後):不透明度を100
  • テキストが画面外からソーシャルカードに重なるアニメーションを設定
    ・テキストの[位置]-[Y座標]にキーフレームを追加し、アニメーションを設定する
    ・テキストがソーシャルカードに重なるまで見えないようにするため、テキストに[マスク]を設定
  • ソーシャルカードが出ていくアニメーション設定
  • 作成したアニメーションを他のプロジェクトで使い回せるように、全体をモーショングラフィックステンプレートとして書き出しし、テンプレートとして保存する
  • 保存したモーショングラフィックステンプレートは「エッセンシャルグラフィックス」パネルから取り出せる

ソーシャルカードは作るのが面倒ですが、一度作ってテンプレート保存しておけば、他のプロジェクトではドラッグ&ドロップで使えるので便利です。

ローワーサード パッケージ

ローワーサードは自分で一から作らなくても、モーショングラフィックステンプレートで配布されているものもあります。

RocketStock

画像、音楽、動画等の素材を提供しているサイト、RocketStockがローワーサードのモーショングラフィックステンプレートを無料配布しています。

Premiere Pro用 ローワーサードの無料テンプレート をご紹介します

(英語元記事)15 Free Animated Lower Thirds for Premiere

無料なのにかなりいい感じのローワーサードです。

使い方の解説動画まであって至れり尽くせりです。

実際に試してみたのがこちらです。

15 Free Animated Lower Thirds for Premiere

Mixkit

画像、音楽、動画等の素材を提供しているサイト、Mixkitもローワーサードのモーショングラフィックステンプレートを無料配布しています。

Lower Third Templates for Premiere Pro

Mixkit

69個もあります。(2021年6月)

実際に試してみたのがこちらです。

その他

他いろいろあるのですが、まとめ次第更新します。

ついでに、僕のYouTubeチャンネルのエンディングでもどこかから拾ってきたローワーサードとソーシャルカードを使っています。

こんな感じのやつです。

拾ってきた元のローワーサードはこんなのです。

ですが、元ファイルはモーショングラフィックステンプレートではなくAfter Effectsです。

チャンネル登録も同じくですが、元ファイルはAfter Effectsです。

まとめ

ローワーサードは見栄えがいいので効果的です。

ローワーサードはPremiere Proで作ることもできますし、サイトからダウンロードして使うこともできます。

でも、凝ったローワーサードは処理が重くなるので、あまり多用せずに動画の一部分に少し挿入するのがいいでしょう。

また、基本的にローワーサードはAfter Effectsで作る方が作業が楽で、配布もAfter Effectsファイルの方がたくさんあるようです。

Adobeの動画編集ソフトパッケージ

  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effects 
  • Adobe Creative Clound(通常版) 
  • Adobe Creative Clound(学生・教職員版)

なお、【無料で学ぶ Adobe Premiere Pro】の一覧はこちらです。

動画編集 始め方

動画編集 始め方 無料で学ぶ Adobe Premiere Pro

2020年6月23日