【Adobe Premiere Pro】トリック動画

Adobe Premiere Pro トリック

動画編集者YouTuberがAdobe Premiere Proのチュートリアル動画を無料でアップされています。

[無料で学ぶ Adobe Premiere Pro]と題して、それら良質な解説動画を集めました。

今回は、トリック動画の作り方についての解説動画です。




Adobe Premiere Pro トリック動画 作り方

分身の術

初心者でも簡単!マスクを使って分身の術&シネマグラフ【PremierePro】(プレミアノートPremiere Note)

マスクを使って人物を切り抜いて、一つの動画に同じ人物が複数人出現する分身を作る方法です。

説明内容

(撮影)

  • カメラ位置を固定し、人物が重ならないように気をつけて別の位置で数種類の動画を作る

(編集)

  • 数種類の動画をそれぞれトラックに挿入し、段積みする
  • クリップの人物をエフェクトコントロールのペンツールで囲んで選択し、切り抜く
    ([不透明度]-[ペンツール]のマスク
  • 挿入したクリップの数だけ人物を切り抜く

マスクで切り抜くだけなので簡単です。

シネマグラフについても解説されていますが、クリップの繋ぎ目を自然に繋げてループ再生する方法について解説がないので、後述のシネマグラフの作り方を参考に。

シネマグラフ

写真が動くシネマグラフの作り方 / Premiere Pro CC チュートリアル (Action Planetあくしょんプラネット)

静止画の一部に動きがあるトリック動画、シネマグラフの動画編集のやり方です。

説明内容

  • なるべく動きを止めた動画をタイムラインに挿入する
  • コピーして同じ動画を2トラックに配置する
  • トラック1のクリップを停止動画にする。
    (クリップを選択して[フレームを保持])
  • トラック2の動きのある動画を編集する。動いている水のみにマスクをかける
    [ペン]ツールで動く水、ペットボトルの水面を囲む
  • 動画をリピートさせるための設定
    全体のフレームの半分をカットし、前半部分を後半に移動させる
  • クリップの繋ぎ目にエフェクトのモーフカットを適用し、繋ぎ目を自然に見えるようにする

なお、flixel.comというサイトで簡単にシネマグラフを作れるとのことです。

マスク 自分と共演

動画で自分と共演する!Adobe Premiere Pro(Yuka Ohishi)

マスクを使って人物を切り抜いて、一つの動画に同じ人物が2人出現する分身を作る方法の上級編です。

2つの動画を、画面中央でクロップを使って分割し、人物が重なる箇所はマスクで切り抜いて分身動画を作ります。

Zack Kingスタイル

お金をコピーして増やす方法 -Zack Kingスタイル / Premiere Pro or iMovie 動画編集 (Action Planetあくしょんプラネット)

一枚のお札をPC画面に貼り付け、お札を二枚に増やすトリックの動画編集のやり方です。

説明内容

(事前準備)

  • Power Point等でお札の写真を等倍で作る
  • Power Pointに描いたお札を非表示にしておく(ショートカットキー: [Cmd] + [Shift] + Z)

(撮影)

  • 持っているお札をPC画面に貼り付ける
    お札をPC画面に貼り付けたところでPower Pointのお札を表示し(ショートカットキー: [Cmd] + Z)、持っているお札を放す
  • PC画面のお札を取り出す
    Power Pointのお札を非表示にし、手にお札を持つ

(動画編集)

  • 持っているお札をPC画面に貼り付けたところで編集点を追加
  • PC画面から手を離す直前で編集点を追加
  • その区間のクリップをカット
  • お札をコピー(下のお札を表示)
  • 逆(お札を取り出す時)も同じ手順

隠れ身

Premiere Pro マスクパスを使いこなし忍法隠れ身の術! (Action Planetあくしょんプラネット)

服を放り投げて人物が消えるトリックの動画編集のやり方です。

説明内容

  • 同じ位置で人物あり、なしの2種類の動画を用意する
  • 背景のみの動画をトラック1に、人物ありの動画をトラック2に挿入する
  • 服を放り投げて人物に覆い被ったところから人物を消すようにマスクをかける
    [マスクパス]で服のラインに沿ってパスを作り、[反転]にチェックする
  • 1フレームずつ動かしながらマスクパスを調整し、マスクのキーフレームアニメーションを作る

ホログラム

ホログラムトランジション 最新の画面切り替え効果! Premiere Pro(もりすく / morisuku)

ホログラム(物体の3次元像を記録できる立体写真)のトランジションの作り方です。

説明内容

(トランジション作成)

  • 場面が異なる2つの動画をそれぞれトラックに挿入し、段積みする
  • 場面が切り替わる部分で2つのトラックを重ねる
  • 2つのクリップにエフェクトのトランスフォームを適用し、場面が切り替わる間アニメーションさせる
    ([トランスフォーム]-[位置]-[X座標]にキーフレームにを打つ)
  • トランジションにモーションブラーをかける
    ([トランスフォーム]-[シャッター角度]: 360 に設定)

(ホログラム作成)

  • 全てのクリップをネスト化する
  • ホログラムっぽい縁を作るため、ネスト化されたクリップにエフェクトのクロップを適用する
  • クロップの左右上下全てを5%に設定する
  • カラーバランスをホログラムっぽい色にするため、クリップにエフェクトのカラーバランス(RGB)を適用する
  • カラーバランス(RGB)を設定する
    ([カラーバランス]-[赤]:100、[青]:150、[緑]:200)
  • 画面が波打たせるため、クリップにエフェクトの波形ワープを適用する
  • 波形ワープの値を設定する
    ([波形ワープ]-[波形の高さ]:5、[波形の幅]:20、[方向]:0、[波形の速度]:5)
  • 画面の縁にグローをかけるため、クリップにエフェクトのアルファグローを適用する
  • アルファグローの値を設定する
    ([アルファグロー]-[グロー]: 100、[明るさ]:100、[開始色]:水色、[終了色]:白色)
  • ホログラムの画面全体を適切な位置に移動、サイズを調整、不透明度をホログラムっぽい透明度に調整する
    ([モーション]-[位置],[スケール]、[不透明度]-[不透明度])
  • ホログラムの画面の角度が自然になるように、クリップにエフェクトの基本3Dを適用する
  • 基本3Dの値を設定する
  • ホログラムの画面を上からフワッと出現させるため、クリップにエフェクトのトランスフォームを適用する
  • トランスフォームの値を設定する
    ([トランスフォーム]-[アンカーポイント], [位置] )
  • ホログラムの画面を徐々に出現させるため、トランスフォームのスケールをアニメーションさせ、ブラーをかける
    ([トランスフォーム]-[スケール]にキーフレームを打つ、[シャッター角度]:360)
  • 他ホログラム画面を拡大させたり、画面切り替えでクロスディゾルブをかけたりお好みで

完璧なホログラムを作ろうとすると作業はかなり複雑で面倒です。

なので、手順を削って簡単に試してみました。

こんな感じです。

ホログラムというより、テレビを手で操作しているトリック動画のように作ってみました。

まとめ

トリック動画は基本マスクを使い、キーフレームを1フレームずつ動かしてはマスクを調整する作業の繰り返しなので、大変です。

ただ、大変なので誰もやりたがらないので、他の人との差別化になるので、挑戦してポートフォリオに入れておきたいですね。

Adobeの動画編集ソフトパッケージ

  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe After Effect 
  • Adobe Creative Clound(通常版) 
  • Adobe Creative Clound(学生・教職員版)

本記事で紹介したように、トリック動画はAction Planetあくしょんプラネットさんがたくさんアップされています。

トリック動画もAction Planetあくしょんプラネットさんのこちらのチュートリアル教材で習得できます。

なお、【無料で学ぶ Adobe Premiere Pro】の一覧はこちらです。

動画編集 始め方

動画編集 始め方 無料で学ぶ Adobe Premiere Pro

2020年6月23日