Lantaw Floating Native Restaurant Cordova セブ 市 から50ペソ以下で行く方法

Lantaw Floating Native Restaurant Cordova セブ

マクタン島で人気のレストラン、Lantaw Floating Native Restaurant

Lantaw Floating Native Restaurantに初めて行ったのは、2018年10月。

それから半年以上経った2019年5月、今度はYouTuber(修行中)のフィリピーナと一緒に行き、レポートしてもらいました。

そのレストランに隣接する10,000 Rosesもレポート動画を作りました。

最新動画ですので、以前に書いたこちらの古い記事はそのままに、2019年5月に撮影した動画をページ最初にリンクを貼りました。

まずはこちらをご覧ください。




Lantaw Floating Native Restaurant 動画(2019年5月撮影)

半年以上前に訪れたときとほとんど変わらず、料理は美味しくて、他店に比べてリーズナブルな料金で良かったです。

10,000 Roses 動画(2019年5月撮影)

こちらもあまり変わってなかったです。

昼間は暑いからか観光客は少なく、のんびり観光できました。

入場料20ペソも変わってませんでした。

ランタウ・フローティング・ネイティブ・レストラン  (Lantaw Floating Native Restaurant) コルドバ店 (Cordova)

数々のサイトで「セブ島、マクタン島で一番オススメのレストラン」と人気のLantaw Floating Native Restaurant。セブには3店舗あり、その中でも景観までも素晴らしいと絶賛されているのがここ、コルドバ店(Cordova)

ほんとにたくさんのサイトで紹介されていて、ここは美味しいで意見は一致しているようです。マリバゴグリル(Maribago Grill)とは違って、ここは正真正銘オススメのフィリピン料理レストランです。ちなみに、こちらは前回書いたマリバゴグリルの記事。

あわせて読みたい

マクタン島 Maribago Grill 人気のフィリピンレストランだが実際は。。。

このLantaw Floating Native Restaurant(以下ランタウと略す)には来る予定がなかったのですが、たまたま近くのCordova Reef Village Resortに宿泊したので、そこから帰るついでに寄ってみた、というところ。

あわせて読みたい

コルドバリーフビレッジリゾート セブ島 で格安リゾートホテルだが。。。

口コミ

Lantaw Floating Native Restaurant(以下ランタウと略す)の場所やランタウについては後ほど書くとして、まず、口コミを紹介しておきます。というのも、ここはアクセスが悪いことが欠点のレストランでして、どう書かれているかを見てみましょう。

第1位がこちら!Lantaw Floating Native Restaurantです。
こちらのレストランは帰りのタクシーが捕まりにくいです。かなり早めに店員さんにタクシーを頼むか、行きのタクシーをお店に待たしておきましょう。

フィリピン人で賑わっているということは、安くて美味しくて雰囲気がいいという証拠です!

行ってハズレはないと思います!今回ご紹介したコルドバ店は、海の上にある水上コテージタイプなので雰囲気抜群!

出典: 【Lantaw】マクタンは水上コテージ、セブ市内は丘の上で食べれる人気のフィリピン料理店

まずは、俺セブ。

マクタン島でおすすめのフィリピン料理のお店として1位。ただ、交通のアクセスが悪いので、タクシー確保をアドバイスされています。

海の上というロケーション、リーズナブルで美味しい料理、シチュエーションにあわせてまったりにも賑やかにももってこいな店内の雰囲気とこれ以上万能なレストランがあるだろうか?と思えるほど満足することができました。

行き方としてはやはりタクシーとなりますが、多くのタクシーにとっては帰りのお客を見つけられないため、避けたい行き先のようでなかなか乗せてもらえないこともあります。

出典: 【マクタン島の水上レストラン】海に浮かぶ素敵レストランLantaw

Phil Portalから。レストランは絶賛するものの、やはり交通アクセスが不便でタクシー確保に苦労する旨書かれています。

滞在中に一度は行ってみる価値があると思います。大人数でも、デートのような少人数のシチュエーションでも使えるお店です。

方法としては行き帰りそれぞれuberを呼ぶか、行きのタクシーを待たせておいて、帰りも運転してもらうかの二択です。

出典: 【ランタウ コルドバ店】海上レストランに行くっ

セブ住むっ!!から。他サイトとだいたい同じ感想です。

フィリピン料理を提供するセブで人気の郷土料理レストランです。

レストランが街外れにあるため少し難易度が高いです。

レストランは一番近いジプニールートから1.5㎞離れています。ジプニー降りたら次はぺディキャブです。

出典: ランタウ フローティング ネイティブ レストラン(Lantaw Floating Native Restaurant)コルドバ店   マクタン島

セブローカルから。こちらはアクセスについて結構細かく書かれていて分かりやすいです。ぺディキャブの利用にまで触れています。

口コミ 交通アクセスについて

他数々のサイトを見てきたのですが、安く行く方法ではないです。セブ市からタクシーで往復すると、口コミに書かれているように往復800から1000ペソしますし、食事している間レストラン外で待たすなら、1000ペソ以上は確実にするでしょう。

そもそも、おかしくないですか?「帰りのタクシーがないので…」。「えっ?フィリピン人に人気のお店でしょ?じゃあ、地元のフィリピン人はどうやってここから帰るの?どうやって来てるの?」と疑問に思わないのでしょうか?「大通りからもこのレストランからも何か交通手段があるはず」とならないのでしょうか?

セブ島に数日間遊びに来ている観光客ならそれでも構わないでしょうが、語学留学で来ている生徒が地元の人に聞かずに1,000ペソ近く「高いなぁ」と言いながらタクシードライバーに言われるがまま支払うって。。。レストランに来ている客や店員に聞けばいいじゃないですか。英語勉強しに来たんでしょ?何しにセブ島に来てるの?特に、語学学校やエージェントのブログでインターン生がそんな記事書いてていいんですかね?「僕、セブの語学学校でインターンで来てるけど、英語話せません」と言っているようなもの。

ぺディキャブとジプニーの組み合わせが書かれているサイトがありますが、惜しいです。ぺディキャブは高いですし、遅いです。また、説明も不足しているので、せっかく情報が書かれていても日本人にはちょっと難しいでしょう。

といったことから、こちらの記事では交通アクセスをメインに書いていこうと思います。

Lantaw Floating Native Restaurant 場所、行き方

まず、ランタウ(Lantaw)の場所ですが、マクタン島の端、マクタン空港と反対側にあります。その名の通り、海上レストランですので。

この辺りはコルドバ(Cordova)という地区で、周りは特に何もないローカルエリアです。ランタウ(Lantaw)の周りを拡大し、地図に印をつけて分かりやすくしたのがこちら。

今回はこの地図下部にあるCordova Reef Village Resortに宿泊したので、そこからランタウに向かいました。「何もない」ように見えるローカルエリアなのですが、突如リゾート施設が現れる開発途上のエリアです。そちらのリゾート施設については後ほど。

で、そこからはタクシーは使わず大通りの曲がり角の目印、セブンイレブンまでトライシクルで行き、そこでハバルハバル(バイクタクシー)に乗って行きました。

大通りの急な曲がり角にこのセブンイレブンの看板があるので、すぐに分かります。

トライシクル料金
区間: Cordova Reef Village Resort – セブンイレブン
料金; 20ペソ

リゾートホテルの外でトライシクルを捕まえて乗りました。料金はあらかじめリゾートホテルのフロントで聞き、ローカルなら10ペソ以下、外国人でも20ペソ払えば十分と聞いてましたので。実際、20ペソ払って立ち去っても文句は言ってこなかったです。

セブ市やGaisano Island Mall Mactanから来る場合もこの急な曲がり角にあるセブンイレブンを目印に降りるといいです。ここからハバルハバルに乗って一直線でランタウ(Lantaw)に行けます。ハバルハバルはセブンイレブンの向かいの店にたくさん停まってます。

ハバルハバル料金
区間: セブンイレブン – ランタウ(Lantaw)
料金; 20ペソ

(2018年10月)

セブンイレブンから目的地のランタウ(Lantaw)まで20ペソ。

この入り口正面に停まってくれます。カメラを構えたらいつも通り周りのフィリピン人が集まって記念撮影になってしまいました。あと、雑談数分と。

さて、せっかくなので、セブ市からマクタン島に渡り、先ほどのコルドバ(Cordova)のセブンイレブン前までの行き方を簡単に説明しておきます。

この地図がセブ市からマクタン島への橋の付近。バンでもジプニーでも行けます。

バンでGaisano Island Mallに行く方法はこちらの記事をとりあえず参考にしてください。

あわせて読みたい

Gaisano Island Mall Mactan マクタン島 の中心的なモール

SM City, Ayala, Park Mallからバンが出ているのですが、それについては後ほどの記事で書いていきます。

ちなみに、地図の印、Copenhagen Main Residences は帰国前に2泊した宿。

あわせて読みたい

セブ Copenhagen Main Residences マクタン島に近い快適コンド

バンでもジプニーでもGaisano Island Mall行きとGaisano Grand Mall行きの2つが出ているはずです。Gaisano Grand Mallについてはこちら。

あわせて読みたい

Gaisano Grand Mall マクタン島 ここも使えるガイサノ

セブ市からマクタン島の地図を拡大して、分かりやすく地図に印をつけたのがこちら。

ジプニーで来る場合、印でつけた「ジプニー乗り換え」で降りて乗り換えるといいです。

ジプニー側面に行き先がMEPZまたはMEPZ2と書かれているのに乗ればいいです。MEPZがGaisano Island Mall行き、MEPZ2がGaisano Grand Mall行きと考えればいいです。どちらも基本7ペソ。距離によって1,2ペソ上がるので、とりあえず、10ペソ渡してお釣りを待てばいいです。

ここでまたさっきのランタウ(Lantaw)の地図に戻り、Gaisano Grand Mall Cordovaを目印に向かえばいいです。SM CityからCordova行きのバンがあるので、確認してないですが、多分SM Cityからそのバンで直接ここまで来れると思います。ジプニーももしかしたらこのGaisano Grand Mall Cordovaまでかもしれません。その場合、そこでトライシクルか別のジプニーに乗り換えてコルドバ(Cordoba)のセブンイレブンを目指します。あとはさっき説明した通りです。

ジプニー料金
区間: マクタン島 PAJO (橋を渡った地点) – セブンイレブン
料金; 7から8ペソ

(2018年10月)

なお、帰りですが、上の地図に記した「トライシクル乗り場」にピンク色のトライシクルが結構な数待機しています。

トライシクル料金
区間: ランタウ(Lantaw) – セブンイレブン
料金; 20ペソ

(2018年10月)

行きと同じく、20ペソです。ローカルなら10ペソ以下と思います。

ということで、セブ市内からランタウ(Lantaw)まで合計50ペソ以下で行けます。これをセブ島に英語留学目的で滞在しているインターン生が500ペソ以上払ってくるなんて。。。10倍の料金払って来るなんて。。。て思いませんか?

ランタウ(Lantaw) コルドバ店(Cordova) レストラン内

アクセス方法の説明が長くなりましたが、ようやくランタウ(Lantaw)に入ります。

桟橋を渡りレストランに入ります。

ここからの眺めはいいのですが、海の水は濁ってて汚いです。

12時より前でしたが結構賑わってました。奥の空席のテーブルは団体の予約席のようです。

よく夕焼けの綺麗な写真が撮られてますが、このデッキからの写真ですね。昼間はこのように閉まってました。

メニュー

料理の前にまずはメニューをざっとアップしておきます。

料理

今回注文したのがこちら。

Frozen Iced Tea: 95ペソ

Mangga with Bagoong: 90ペソ

Sizzling Gambas: 220ペソ

Plain Rice: 50ペソ

見た目だけでなく、どれも美味しかったです。もっといろいろ食べたかったのですが、これでお腹いっぱいに。

料金をまとめると、こうなります。

補足
Sizzling Gambas: 220ペソ
Frozen Iced Tea: 95ペソ
Mangga with Bagoong: 90ペソ
Plain Rice: 50ペソ

合計: 455ペソ

(2018年9月30日)

これだけ食べても日本円で1000円程度。

あと、

Lantaw Floating Native Restaurant Cordova セブ

こんな可愛いウェイトレスがいました。写真をお願いするとスマイルサービス。いいですね。いつまでいるか分かりませんが。

カフェと10000 Roses

ランタウレストランのすぐそばにカフェと10000 Rosesというスポットがあります。

そこに行くには入場料20ペソ支払います。

一見綺麗にみえるこのスポット。

(ボケてて分かりにくいですが)拡大すると、これ全て造花。たぶん紙でできています。

カフェですが、あちらのテラスに行くにはこのカフェの中を通らないといけません。必然的にドリンクを頼めということ。

こちらがメニュー。

Cafe Americanoが110ペソ。セブのカフェでは少し高めの値段設定。特にそのテラス席に行きたいでもなかったので、メニューだけ見ただけでコーヒーはたのんでません。

そのカフェからランタウレストランを眺めた景色です。

まとめ

味、値段、景観、ウェイトレスや客案内のサービス等全てセブ島で一番と思います。これまで見てきたレストランのなかで。日本食レストランと比較してもこのLantaw Floating Native Restaurant Cordovaが一番オススメのレストランです。

ただ、他のサイトが言うように、アクセスが悪いです。セブで栄えているエリア、セブ市からもマクタン島のマリバゴ(Maribago)からも遠いです。だからと言って、時間に余裕があって、出費にシビアで、英語を勉強しに来ているインターン生がここをタクシーで往復で1,000ペソ払うのは。。。考えものですね。

今回アクセス方法を詳しく書いておきましたが、このランタウのようなアクセスが悪い場所は他にもあるでしょうから、英語でローカルに聞いて調べてみてください。それが英語で外国人とコミュニケーションとるということですよ。

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった













オペレーター

最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプをおすすめ!

  • 話し放題
  • 予約不要
  • チャットアプリが最高

1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください