サガダ 交通 崖に死者が眠る静かな村

サガダ 交通






観光日

2018年5月2日 – 3日

 サガダ 場所、概要

フィリピンで、ハンギング・コフィン(Hanging Coffines)と呼ばれる、崖に棺桶を吊るす風習と洞窟群で有名な村、サガダ( Sagada )。場所はこちら。

バギオから北約150kmのところに位置しています。サガダの村を拡大したのがこちら。

これにわかりやすく印をつけたのがこちら。

サガダのバス停から南にのびる道、South Rdがメインストリートで、その道沿いに小売店、レストラン、宿泊施設が並んでいます。

バス停のすぐそばにサガダ唯一の教会があり、そこから山奥に入ったところに、エコバレー(Echo Valley)があり、ハンギング・コフィン(Hanging Coffines)と呼ばれる、棺桶が岩山に吊るされた場所があります。

ルミアン洞窟(Lumiang Cave)、スマギン洞窟(Sumaging Cave)は洞窟体験のアクティビティができる場所。

あわせて読みたい

サガダ 洞窟 ハンギングコフィン 教会 静かな村の観光名所

サガダ 行き方

バギオ(Baguio)から

今回はバギオからサガダに行きました。

バギオからは、繁華街から少し先にいったBaguio Center Mallの裏のバスターミナルからバスに乗って行きます。場所はこちら。

GL Transというバス会社です。

バギオのバスターミナルは行き先によって場所がバラバラで、バギオの大きなバスターミナル、Victory Linerのそれとは違うことに注意。GL Transは大通りからは見えない分かりにくい場所にあります。

なお、バギオとその交通についてはこちらの記事を参考に。

あわせて読みたい

バギオ 交通 街並み セッションロードと繁華街

バスターミナルの外観はこちら。

近くに来てもバスが止まっていなければ分かりにくいところです。この奥に、

バスチケット売り場があります。

バスチケット購入は当日のみです。予約はできないので、事前に時刻表で出発時間を確認し、当日はその数十分前に来るといいです。

時刻表は券売の横にかけられているので分かりやすいです。

バススケジュールはしょっちゅう変わるようで、事前にネットで確認した情報とは違ってました。5時半が始発と聞いていたのですが、3時半という便があり。

ただ、この時はサガダに早朝に着いてそれほど見るところはないだろうと思い、5時半の便を選びました。結論を言うと、3時半の便で行けば良かったとちょっと後悔。それについては後ほど。

バス停の前にはセブンイレブンがあるので、バスの待ち時間にここでドリンクを買っておくといいです。

なお、始発の便ですとチケット売り場があいていないのでその前に並ぶことになるでしょうが、5時半の便では並ぶことはなかったです。すぐに買えました。

バス 料金

区間: Baguio Center Mall横バスターミナル – サガダ(Sagada)
時間: 5:30 – 11:30 (約6時間)
料金: 220ペソ
バス会社: GL Trans

(2018年5月2日)

途中2回トイレ休憩があります。

 

スーツケース等の大きな荷物も(無料で)バスに詰めこめるので問題ないです。実際、僕はスーツケースを預けました。

車内はローカルのバスで、ちょっと古くて狭かったです。さらに、背もたれのレバーが壊れてて、レバーで角度を固定してもある角度までは勝手に動いてしまい、最初は踏ん張っていたのですが、疲れて自然に身を任せました。少し倒れ気味の角度だったものの、後部座席の人も同じように倒していたのでまぁそれで良かったのかと。

気になったのが、しばらくはこのようにドアを開けたまま走ってたこと。何の意味があったのか未だよくわからず。

サガダ バス停と観光案内所

サガダ(Sagada)のバス停。バスターミナルのような大きな場所ではなく、バス停前の道路で停まります。

バス停前の道路も狭いので、バスが停まると交通を妨げてしまうのですが、ただ、ここはサガダの村。妨げるというほど車は走ってません。

バス停前のビル。

そこからSouth Rdの坂を下ってすぐのところに観光案内所、Tourist Information Centerがあります。

サガダに着いたらまずこのTourist Information Centerに寄りましょう。

ここでツーリスト登録し、環境税を支払い、周辺マップをゲットします。

環境税

料金: 40ペソ

(2018年5月2日)

ここでレシート兼登録番号シートを受け取るのですが、サガダに滞在中はこのレシートを必ず持参しなければいけません

また、サガダでは、ハンギング・コフィン(Hanging Coffines)や洞窟に行くには必ずガイドをつけなければいけません。その際、このレシートを提示します。

ガイドツアー案内。これを見てどれに参加するかを決めます。

なので、サガダに着いたらまずこのTourist Information Centerに寄りましょう。

周辺案内図も貼られているので、写真に撮ってだいたいの場所をイメージしておくといいです。

サガダ 交通

サガダには交通手段がないです。タクシー、ジプニー、トライシクルが走ってません。歩きです。

サガダのバス停から隣の村に行くジプニーはありますが、メインストリートのSouth Rdは走ってないです。厳密には走ってるのかもしれないですが、滞在中に見かけることはないです。走っているのはローカル住民の車とバイクのみ。

ただ、サガダは小さな村なので端から端まで歩いて行けます。30分ほどで。なので、交通手段がなくても困ることはないです。

サガダ 街並み

街並みというか村並みというか、メインストリートのSouth Rdはこんな感じです。

この通りの両脇に個人経営の小さなお店、レストラン、宿泊施設が並んでます。

サガダ おすすめ ホテル

ルソン島 サガダ(Sagada) おすすめのホテルは?【2019年】

2019年4月7日

サガダへの行き方について説明が長くなったので、街並みについてはこちらに続く。

あわせて読みたい

サガダ 街並み 小さな村にカフェが点在















最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプ
をおすすめ!
●話し放題
●予約不要
●チャットアプリが最高
1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

また、写真のフィリピーナが気になる方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください