プエルトガレラ カラバオ・ライド ツクランの滝






観光日

場所: プエルトガレラ
          カラバオ・ライド ( Carabao Ride) 
          ツクランの滝 (Tukuran Falls)
          吊り橋 (Hanging Bridge)

費用: 2,500ペソ

観光日: 2018年3月15日

時間: 9:30 – 13:00

プエルトガレラ カラバオ・ライド ツクランの滝 ガイドツアー

プエルトガレラは海だけでなく川、山も自然いっぱいで見所もたくさんあります。

前回のマンギャン族の村 (Mangyan Vilage)ではレストランのウェイトレスとその身内のガイドに案内してもらい、格安料金ですみました。

ただ、トライシクルではなくこの原チャの後ろの座席でのタンデムツーリングで、ガイドは結構飛ばすので(最高80km/h)、のんびりできないのが難点。

あわせて読みたい

プエルトガレラ マンギャン族の村 伝統工芸

今回はホワイトビーチにたくさんいる↓のガイドにお願いしました。時間がなかったのと一応ディスカウントしてくれたので。

カラバオ・ライド ( Carabao Ride) 、ツクランの滝 (Tukuran Falls)、吊り橋 (Hanging Bridge)を案内してもらって2,500ペソ

本来ならこれに加えて各場所で入場料やCarabo Rideでは別途400ペソ取られるのですが、それら全て含めるという条件でOKしました。それでも高いですが。

ガイドが手に持っている案内は皆同じで、共通のようでした。

なお、どうも僕にツアーをいろいろ売り込みたいらしく、さっきのサングラスをかけたガタイのいいガイドから、もう少し愛想が良くて、前回サンゴ礁をガイドしてもらった人にバトンタッチになりました。サンゴ礁のガイドについては次の記事にて。

プエルトガレラ カラバオ・ライド ( Carabao Ride) 、ツクランの滝 (Tukuran Falls)、吊り橋 (Hanging Bridge) 場所

カラバオ・ライド ( Carabao Ride) 、ツクランの滝 (Tukuran Falls)、吊り橋 (Hanging Bridge)は、プエルトガレラの中心街のムエレ(Muelle)からさらに数Km南下した、前回紹介したタマラオの滝( Tamaraw Falls)を超え、そこからさらに山奥に数km行った先にあります。

あわせて読みたい

プエルトガレラ タマラオの滝 マングローブ バージンビーチ

これに印をつけて分かりやすくしたのがこちら。

3つ全てほぼ同じ場所にあります。Carabao Ride、水牛に乗ってツクランの滝 (Tukuran Falls)まで行きます。

そこへ行くまでの道はだいたいこういった民家もほとんどない山道。

渋滞はなく、緑がいっぱいで空気も綺麗で、道路も場所によっては凸凹のないアスファルトもあるので、日本の山道を走っているようで気持ちよかったです。

ホワイトビーチから1時間ぐらいでしょうか。ここがCarabao Rideの入り口に到着しました。

入り口ではお土産とスナック菓子、ドリンクが売られてました。ちょっとしたお菓子ならここで買えます。

カラバオ・ライド(Carabao Ride)

これがCarabao Ride。水牛一頭に運転手が一人。その運転席の横に僕が座り、後部の荷台にガイドとなぜか売店のおばちゃんの四人を乗せて水牛に引っ張ってもらいました。

滝までの道のりはこういった舗装されていない道。道はでこぼこで、時折はげしく揺れて遊園地のアトラクションのような感じでした。四人も乗せているからでしょうか。速度は小走りぐらい。

前方に見える犬が先導してくれているのか、終点の滝までずっと一緒でした。

荷台からの景色。

水の中も力強く引っ張ってくれました。動画もアップします。

途中あちこちに水牛がいました。放し飼いしているようです。

家のお手伝いでしょうか。子供が水牛を引いて荷物を運んでました。

滝に近づいてくるとずっと川を進んでいました。

マニラでは見ることのない綺麗な自然の景色。

水はちょっと冷たいぐらい。天気がよかったので気持ちよかったです。

ツクランの滝 (Tukuran Falls)

水牛に乗って出発してから20分ぐらいでツクランの滝 (Tukuran Falls)に到着。ここから徒歩で崖を登っていきます。

一つ崖を登ったところ。下で水牛がおとなしく待機しています。

結構崖登りはハードなので、女性だとちょっとガイドにサポートしてもらったほうが安全でいいかと。

滝が見えてきました。なかなかの風景です。

水の勢いも結構なもので、これまでのフィリピンでの景色でベストの自然のスポット。動画もアップしておきます。

ここが終点。水着をきていたので中に入ったのですが、滝に打たれて記念撮影しようとしたのですが、かなりの水量、勢いだったのと下は岩がゴツゴツしているのでやめておきました。怪我したら大変なので。

しばらく滝壺でくつろいだあと、水牛を降りた地点に戻ると水牛は川の中で横になってくつろいでました。

先導してくれた(?)犬。観光客に慣れているのかサービス精神旺盛。カメラを向けると正面を向いてちょうどいい位置まで近づいてくれました。

川の手前に売店があって、ここで「お土産を買ってくれ」とせがまれます。先ほど荷台で一緒だった人がここの従業員とここで理解。

何か買ってあげたい気持ちはあったのですが、Tシャツ、お着物、キーホルダーなど置いてある品物で欲しいものがなく。荷物を増やしたくないので。「ちょっとしたお菓子を置いてくれたら買うんだけどね」とアドバイスしておきました。

その土産物屋の前の景色。

川の水は透き通って綺麗で、小さな魚もたくさんいました。

魚を撮ったのですが、どこでしょう?見えませんね。

吊り橋 (Hanging Bridge)

Carabao Rideの次はこの吊り橋。バイクで2,3分の距離にあり、すぐ近くです。滝への行きにこの横を通りすぎていきました。

吊り橋の周りにはただ民家があるだけです。この橋は観光地というよりここの住民の生活の一部といった位置づけかと。

橋は鉄板が敷かれていて結構しっかりしてました。Hangingというほど揺れないので面白みに欠けます。

ここからの景色は最高でした。

反対側も。

ここが橋の端。川を渡ったところ。50m以上100m以下といった長さでしょうか。

こっち側もただ民家があるだけで特に何もなく。

まとめ

カラバオ・ライド ( Carabao Ride) 、ツクランの滝 (Tukuran Falls)はマニラでは見られない自然いっぱいの綺麗な景色が見られるので、おすすめです。

日本のガイドブックには書かれてないですが、カラバオ・ライド ( Carabao Ride) 、ツクランの滝 (Tukuran Falls)【TripAdvisor】でもプエルトガレラでスキューバーの次に人気のスポットです。

ただ、ビーチのツアーガイドを利用するとちょっとお高いので、レンタルバイクかトライシクルで来るといいです。

なお、ホワイトビーチの宿についてはこちらの記事を参考にしてください。

プエルトガレラ ホワイトビーチ おすすめ ホテル

プエルトガレラ ホワイトビーチ おすすめのホテルは?【2019年】

2019年3月31日














最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプ
をおすすめ!
●話し放題
●予約不要
●チャットアプリが最高
1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

また、写真のフィリピーナが気になる方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください