セブ島 ガイサノマクタンモール でフィリピーナと カフェ してから。。。

ガイサノマクタンモール カフェ

マクタン島のガイサノマクタンモール(Gaisano Mactan Mall)に行ってきました。

このショッピングモールのTOM N TOMS COFFEEというカフェでフィリピーナと待ち合わせし、YouTube撮影しました。

ガイサノマクタンモールはこちらを参照してください。

Gaisano Island Mall Mactan マクタン島

ガイサーノアイランドモールマクタン(Gaisano Island Mall Mactan)マクタン島 の中心的なモール

2018年10月14日




YouTube動画 フィリピーナ食レポチャレンジ

TOM N TOMS COFFEEで待ち合わせ

待ち合わせの場所はガイサノマクタンとだけ決めていて、どこかは指定してなかったんですが、このTOM N TOMS COFFEEで待つことに。

韓国のカフェチェーン店で、メニューも韓国系カフェにある内容です。ピンス(韓国かき氷)を見るだけで「あぁ。ここ韓国系ね」と分かります。

とにかく、フィリピーナは1時間遅れて来るのが当たり前なので、ガイサノマクタンで落ち着ける場所となるとここぐらいかなと。

待ち合わせから45分遅れてフィリピーナは来ました。

待ち合わせに遅れて当然の文化ですので、日本でよくある「ごめ〜ん。待ったぁ?」はここフィリピンでは絶対にないです(笑)。

フィリピーナ 自己紹介

今回のフィリピーナYouTuberチャレンジで一人目のフィリピーナ。

Go Proを向けて試しに自己紹介してもらったところ、名前と年齢だけ答えてそれ以上は答えてくれず、笑ってごまかす感じでした。

隣の彼女も同様で、やっぱり一般のフィリピーナにはレポートとかちょっと無理そうと、フィリピンに来てそうそうフィリピーナYouTuberを育てるって無理かな、とちょっと諦めモードに。

食レポチャレンジ

今始めようしている活動、フィリピーナYouTuberを育てる活動についてフィリピーナに説明し、その後出てきたこのデザートを食レポさせてみました。

結果、「デリシャス」だけ(笑)。

言葉での表現はともかく、せめてレポートしている仕草だけでもしてくれれば救いはあるんでしょうが、ちょっと可能性低い感じでした。

フィリピーナにはまず、「お金は天から降ってくるものではない」から教育しないといけないんで、先が思いやられますね。

カフェを出た後

「歌いたい!」ということで、ファミリーカラオケに向かうことに。

場所がどこかはこの時は分からず、彼女らが住んでいる近くということだけ聞いて、あとはフィリピーナに任せました。

YouTube動画 ファミリーカラオケ

「歌いたい!」とのフィリピーナの希望でファミリーカラオケに行くことにしました。

場所はフィリピーナ任せだったでその時は分からなかったのですが、後で調べたところ、タミヤ(Tamiya)というところでした。

タミヤ(Tamiya)の場所はこちら。

マクタン島のほぼ中心に位置していて、マクタン空港の西端のエリアです。

タミヤはショッピングエリアになっていて、外観はアウトレットモール。

タミヤ(Tamiya)ファミリーカラオケ

このタミヤのショッピング街の中にファミリーカラオケ店があります。

何と書いてるんでしょう?夜なので暗くてよく見えないです笑。

ここがファミリーカラオケ店の入り口。

BARBEQUE TONESというレストランに繋がってて、入って右がファミリーカラオケです。

フロントで料金を確認し、食べ物込みで一部屋いくらといった形になってます。

料金
?時間:1,093ペソ

何時間で何を頼んだのかよく覚えてないんですが、動画から、カラオケ約2時間、チキンオードブル、サンミゲル5本の料金かと。

タミヤ(Tamiya)ファミリーカラオケで歌に夢中

フィリピン人はとにかく歌うのが大好き。

カラオケはもちろんのこと、街中でも、仕事中でも口ずさんでいます。

なので、ファミリーカラオケとなると途切れることなく曲が入っている感じです。

感覚的に曲は英語、タガログ語半々かと。

そして、今カラオケにいると姉妹や親戚に自慢?お誘い?すると、「私も歌いたい」とこうやってフィリピーナが増えていきます。

なので、フィリピーナの知り合いを増やすには、

  • 誰か一人でもいいのでフィリピーナの知り合いを作る
  • ファミリーカラオケに連れていく
  • 友達を呼んでいいよ、と許可する

で自然と増えていきます。

フィリピーナが増えてもお金はかからないので(ドリンクを追加しなければ)、ファミリーカラオケはおすすめ。

Pangarap Ko Ang Ibigin Kaを歌う

僕はというと、最近カラオケのレパートリーを増やしていないので、フィリピンのカラオケでよく歌う曲、「Pangarap Ko Ang Ibigin Ka」を歌いました。

フィリピンで人気のタガログ語の曲で、フィリピン人と仲良くなるキッカケによく歌ってます。

タガログ語の曲を一つ知ってるだけでフィリピーナとの関係が近くなるのでおすすめです。

YouTube動画 ローカルClubのパリピ

別の日、そのフィリピーナとまたタミヤで待ち合わせしました。

今度はその妹1人、計3人のフィリピーナに連れられてローカルのClubに行ってきました。

タミヤ(Tamiya) レストラン

このタミヤにもたくさんレストランがあって、いろいろ選べた感じでした。

ただ、この時はすでに夜10時。全て閉まってて中に入れず。

一度タミヤを出て近くのAABBQに行くものの、そこも閉店で入れず。

またタミヤに戻ってきて、結局この時間でも開いていたジョリビーに入ることに。

ジョリビーの後にClubに向かうことになりました。

タミヤのClub LOTUS

タミヤの中にもLOTUSというClubがありました。

ただ、服装に厳しく、サンダル厳禁。

料金

VIP:8,000ペソ
テーブル:3,000ペソ

※consumable

VIPなら入っていいとのことですが、8,000ペソ。テーブル席でも3,000ペソ。

一応コンシューマブル(consumable)といって、飲み物、食べ物注文し放題という、フィリピンの高級Clubやファミリーカラオケでよくある形式なんですが、とにかく高い。

靴だったら入場料(ドリンク1杯付き)で入れるんでしょうが、その辺調べてないのでまだ分からないです。

マクタン島のローカルClub 場所

そのタミヤのClubが高すぎるので、そこからフィリピーナに連れて来られたローカルのClubの場所がこちら。

マクタン島の北東側、ブアヤ(BUAYA)というエリアにあるTonyo’s Bar & Restaurantというところです。マクタン島のKTV、KTV VIPの隣です。あとで調べて分かりました。

マクタン島のローカルClub Tonyo’s Bar & Restaurant

店名にBar & Restaurantとあるので、毎晩ではなくおそらく毎週土曜とか定期的にClubイベントをやってるのだと思います。

料金
入場料:50ペソ

一人50ペソ。4人で行ったので200ペソ払いました。

ドリンクはついてないのと強制ではないので、欲しければカウンターで注文するシステム。

いくらだったかはっきり覚えてないのですが、確か、フィリピンの有名なビール、サンミゲルのレッドホース(Red Horse)2本とスナック菓子1つで、600ペソ。だったかと。

中はとにかく爆音

Clubはだいたいそうでしょうが、フィリピンのローカルのClubやカラオケはとにかく音量が大きい。

ステージでは有名なのか知りませんが、ある男女の2人がずっと歌ってました。

観客参加型イベントもあり、(動画では撮ってなかったのですが)韓国人の男性がなかなか上手な韓国ソングをステージで歌ってました。男性歌手と一緒に。

テーブル席はこんな感じです。

人が多くて席を確保するのが大変。

盛り上がるにつれてこのスペースもフィリピンパリポに侵食されていき、座ることもできず。

逆に、全く知らないフィリピーナに簡単に声をかけれる雰囲気で、フィリピーナの友達同士で来てる子も多かったので、フィリピーナのナンパに最適かと。

セブ島に観光に来たらローカルクラブとナンパにもチャレンジしてみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください