【After Effects】スライドショー

After Effects スライドショー

動画編集者YouTuberがAdobe After Effectsのチュートリアル動画を無料でアップされています。

[無料で学ぶ Adobe After Effects]と題して、それら良質な解説動画を集めました。

この記事ではスライドショーの解説動画を紹介します。




Adobe After Effects スライドショー

基礎

写真スライドショーを使ったトランジションとロゴ表示 / After Effects CC2020 使い方講座(Action Planetあくしょんプラネット)

複数の写真が重なっていくスライドショーを使ったトランジションと、それらを拡大しながらゆらゆら揺れる光を当てる方法を解説されていまうs。

手順説明内容

  1. テクスチャー素材を背景としてタイムラインに挿入
  2. 写真を背景の上に乗せ、アニメーションを以下手順で作る
    • スケールを調整
    • プリコンポーズ(これを”photo001”とする)
    • 写真の縁をつけるため、[レイヤースタイル]-[境界線]を追加
    • デフォルトだと[境界線]の角が丸くなるので、[境界線]-[位置]を”内側”に設定
    • [レイヤースタイル]-[ドロップシャドウ]を追加
    • 写真にアニメーションを以下のように追加
      • 位置、角度にキーフレームを打つ
      • キーの開始点に”イーズアウト”、終点に”イーズイン”
      • [速度グラフ]で開始時の速度が速くなるように調整
      • ハンドルでアニメーションの動きを調整
  3. タイムラインのphoto001を複製し、photo002を作成
  4. プロジェクトパネルのphoto001も複製し、photo002を作成
  5. photo002のコンポジションの中の写真を次の写真に入れ替え。([Cmd + option + /])
  6. タイムライン上のphoto002のコンポジションを、プロジェクトパネルのphoto001からphoto002に入れ替え
  7. 上記手順を写真の枚数繰り返し、複数のコンポジションのアニメーションを作成する
  8. 最後のコンポジションを配置したら、全体を拡大していくアニメーションを以下手順で作成する
    • [新規]-[ヌルオブジェクト]でNullを作成
    • 全てのコンポジションを選択し、Nullを親としてリンク
    • Nullをアニメーション。[位置]、[回転]、[スケール]にキーフレームを打つ
  9. ゆらゆら揺れる光を以下手順で作る
    1. 平面を作成
    2. 平面にエフェクトの[ノイズ&グレイン]-[フラクタルノイズ]を適用
    3. エフェクトコントロールで、
      • [フラクタルの種類]-[ダイナミック(プログレッシブ)]を選択
      • 白と黒の境をハッキリさせる。([コントラスト]を上げる)
      • 白の部分の範囲(ライトになる範囲)を調整する。([明るさ]を下げる)
      • 白の部分を大きくなるように拡大。([トランスフォーム]-[スケール]を上げる)
      • 白の部分の形がシンプルになるように、[複雑度]を”1”に設定
      • [展開]にエクスプレッションを追加する(Altキー + [展開]をクリック)
    4. タイムライン上の[エフェクト]-[フラクタルノイズ]-[展開]-[エクスプレッション]の式を次のように設定
      time * 150
    5. 平面レイヤーの黒が透けるように[モード]を”スクリーン”に設定
    6. 平面にエフェクトの[色相/彩度]を適用
    7. エフェクトに色をつける。[色相/彩度]のエフェクトコントロールで、[色彩の統一]にチェックし、”色相”、”彩度”、”明度”を調整

この手順で試してみました。こちらです。

なお、Premiere Proでのスライドショーの作成方法についてはこちらの記事を参照してください。

Adobe Premiere Pro スライドショー

【Adobe Premiere Pro】スナップ写真、スライドショー

2020年7月2日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください