【Adobe Premiere Pro】アニメーションテキスト(エッセンシャルグラフィックス、レガシータイトル)

Adobe Premiere Pro アニメーションテキスト

動画編集者YouTuberがAdobe Premiere Proのチュートリアル動画を無料でアップされています。

[無料で学ぶ Adobe Premiere Pro]と題して、それら良質な解説動画を集めました。

今回は、アニメーションテキストの解説動画です。

Adobe Premiere Proのテキスト編集にはエッセンシャルグラフィックス、レガシータイトルの2種類あり、その両方の解説動画を紹介します。




Adobe Premiere Pro アニメーションテキスト(エッセンシャルグラフィックス)

基礎

【初心者向け】変化のある動的テキストをマスクとイーズを使って作る方法【Premiere Pro】(かふたろう / Cuff Style)

エッセンシャルグラフィックスのテキストを徐々に出現させるアニメーションの作り方について解説されています。

手順説明内容

  • テキストを画面外から内に出現させるアニメーション
    1. [エフェクトコントロール]-[位置]にキーフレームを打つ(0, 20フレーム目)
    2. アニメーションに強弱をつける。キーフレームに[時間補間法]-[イーズイン]
  • マスクを使ってテキストを非表示から徐々に出現させるアニメーション
    1. エフェクトの[トランスフォーム]をテキストに適用
    2. エフェクトコントロールの[不透明度]-[マスク]でテキストを囲む
    3. [トランスフォーム]-[位置]のY座標を動かす。マスクで隠れた位置から出現させるようにキーフレームを打つ
    4. キーフレームに[時間補間法]-[イーズイン]
    5. [不透明度]-[マスクの境界のぼかし]を調整して境界を自然にする
  • マスクを使って画像を非表示から徐々に出現させるアニメーション
    1. テキストと同様の手順でマスクを作ってアニメーションさせる

この方法について僕から以下補足。

補足

キーフレームは、

アニメーション開始点: イーズアウト
アニメーション終了点: イーズイン

と打ち、速度が開始点寄りに盛り上がるようにキーハンドルを動かすと良い。

アニメーションテキスト

Premiere Pro 話に合わせてポップインするアニメーションテキスト (Action Planetあくしょんプラネット)

画面いっぱいに表示したテキスト文章を、一度に表示させるのではなく、音声に合わせてテキストを表示する方法を解説されています。

手順説明内容

  1. 画面いっぱいに文章を書く
  2. 単語毎にフォントを割り当てたり、画像を挿入したりして文章を完成させる
  3. エフェクトから[クロップ]を選択し、先ほど作成したテキストに適用させる
  4. そのテキストを文章の行数だけコピーする
  5. 最初の行のみが表示されるように、コピーした他の2つを[エフェクトコントロール]-[クロップ]-[下]の値を調整して、隠す
  6. 最初の行の文章がワイプで表示されるように、エフェクトコントロールの[クロップ]-[右]の値にアニメーションを打つ
  7. 文章の行数それを繰り返す
  8. トランジションを適用するために、文章のグループごとにネスト化
  9. ネスト化したシーケンスに[エフェクト]-[押し出し]と[ブラー]を適用
  10. [エフェクトコントロール]でブラーのアニメーションを以下に設定
     [ブラー]-[方向]: 90
     [ブラー]-[長さ]:75
  11. 背景のパネルにも[エフェクト]-[押し出し]を適用

エンドロール

映画や結婚式動画に使えるエンドロールを作ろう / Adobe Premiere Pro CC 2018(Action Planetあくしょんプラネット)

レガシータイトル を使ってエンドロールを作る方法を解説されています。

手順説明内容

  1. レガシータイトルを作成
  2. (レガシータイトルで)エンドロールの左側部分のテキスト範囲を、マウスでドラッグ&ドロップで作成
  3. エンドロールのクレジットはあらかじめテキストエディタで用意しておく
  4. レガシータイトル のテキスト範囲内にテキストエディタの内容をコピペ。改行は自動で認識し、反映される
  5. テキストの装飾を調整
  6. (レガシータイトルで)エンドロールの左側部分のテキスト範囲を、右側の部分をコピーして作成
  7. スクロールテキストを流し込むため、[ロール・クロールオプション]設定で[タイトルの種類]を”ロール”に設定
  8. エンドロールが開始位置から始まるように、[ロール・クロールオプション]設定で[タイミング]の”開始スクリーン”と”終了スクリーン”にチェックする

タイトルアニメーション

【Premiere Pro 講座】簡単なタイトルアニメーションで動画のオープニングを作る方法 (Action Planetあくしょんプラネット)

テキストタイトルをアニメーションさせて動きのあるタイトルを作る方法を解説されています。

タイトルの二行を画面中央からそれぞれ出現するように、クロップ表示しています。

説明内容

  • [レガシータイトル]を作成し、タイトルを入れる
  • 作ったタイトルを画面中央(から)に配置
  • [レガシータイトル]を作成し、タイトルを入れる
  • 作ったタイトルを画面中央(から)に配置
  • (一番下の)動画に[エフェクト]-[クロップ]を適用
  • エフェクトコントロールで以下の値に設定
    [クロップ]上: 50%
    [クロップ]下: 50%
  • [クロップ]上下に以下のようにキーフレームを打つ
    0フレーム: 50%
    12フレーム: 0%
  • タイトル上の[位置]のY座標を以下設定でアニメーションさせる
    5フレーム(タイトルが出て欲しい位置): タイトル下の位置
    12フレーム: 元の位置
  • タイトル下の[位置]のY座標を以下設定でアニメーションさせる
    5フレーム(タイトルが出て欲しい位置): タイトル上の位置
    12フレーム: 元の位置
  • タイトル上下に[エフェクト]-[クロップ]を適用
  • タイトル上の[クロップ]のを以下設定でアニメーションさせる
    5フレーム(タイトルが出て欲しい位置): クロップ枠が画面中央より上
    12フレーム: クロップ枠が画面中央より上
  • タイトル下の[クロップ]のを以下設定でアニメーションさせる
    5フレーム(タイトルが出て欲しい位置): クロップ枠が画面中央より下
    12フレーム: クロップ枠が画面中央より下
  • 次のクリップにワイプのトランジションを以下手順で入れる
    クリップをネスト化
    ネスト化したフリップを上のレイヤーに移動
    ネスト化したフリップに[エフェクト]-[クロップ]を適用
    ネスト化したフリップを複製
    ネスト化フリップ上の[クロップ]のを以下設定でアニメーションさせる
    トランジション開始位置:50%
    トランジション終了位置:100%
    ネスト化フリップ下の[クロップ]のを以下設定でアニメーションさせる
    トランジション開始位置:50%
    トランジション終了位置:100%

なお、アニメーション設定時、全てのキーフレームの開始点にイーズアウト、終点にイーズインを適用

この手順で試してみました。こちらです。

テロップモーション

震えるテロップ プリセットの作り方 Premiere pro(もりすく / morisuku

エッセンシャルグラフィックスのテロップを上下に細かく振動させるアニメーションをつける方法を解説されています。

説明内容

  1. テロップに[エフェクト]-[オフセット]を適用
    (トランスフォームでも可能だが、オフセットの方が動作が軽い)
  2. エフェクトコントロールで[オフセット]-[中央をシフト]のY座標を以下のようにキーフレームを打つ
    3
    フレーム: Y座標を下げる
    6フレーム: Y座標を上げる
    6フレーム: Y座標を下げる
  3. 2.の6フレーム毎に上下をアニメーション終了まで繰り返す

この方法について僕から補足。

補足

上下の振動の開始位置のY座標は別に振動の中央でなくても気にならない。なので、開始点から以下キーフレームを繰り返せばいいです。その方が終了位置のY座標を中央に移動させる必要はないので調整が楽。

  1. 6フレーム: Y座標を上げる
  2. 6フレーム: Y座標を下げる

【完全保存版】バラエティ番組風テロップモーション10選!【PremierePro】 (プレミアノートPremiere Note)

バラエティ番組でよく使われる様々なテロップモーションを、(After Effectsを使わずに)Premiere Proのエフェクトだけで実現したもの10個について解説されています。

説明内容

  1. 普通のスライドイン(モーションブラーをシャッター角度で実現)
    動きのある・ないでフリップを分割。あるところに[エフェクト]-[トランスフォーム]を適用し、以下値にキーフレーム
    ・[位置] ・[シャッター角度]: 360
  2. ブラー(方向)を足したやつ(モーションブラーをブラー(方向)で実現)
    [エフェクト]-[ブラー(方向)]を適用し、[ブラーの長さ]にキーフレーム
    ・開始点: 大きい値
    ・終点: 0
  3. 上に光っぽいのを重ねたやつ
    [エフェクト]-[プロセスアンプ]を適用し、明るくにじませ、[クロスディゾルブ]で徐々に消す
  4. 上に光っぽいのを重ねたやつにエコーで残像を追加したやつ
    3.にさらに[エフェクト]-[エコー]を適用
  5. 左右からシャキーンのやつ
    [エフェクト]-[波形ワープ]を適用
  6. スケールワイプ的なやつ
    [エフェクト]-[クロップ]を適用
  7. クルクルのやつ
    [エフェクト]-[基本3D]、[オフセット]を適用
  8. ちょっと柔らかそうなやつ
    [エフェクト]-[コーナービン]を適用
  9. 光って見えるかも知れないやつ
    [エフェクト]-[VRグロー]を適用
  10. 後ろに何かいるやつ
    テキストフリップを複製し、サイズ、不透明度を変えて後ろに配置

この解説動画で使われてるプロジェクトは無料配布されてます。(概要欄参照)

そのプロジェクトをダウンロードし、テキストを変更して試してみました。こちらです。

エンタメ系で使えそうです。

【無料で学ぶ Adobe Premiere Pro】の一覧はこちらです。

動画編集 始め方

動画編集 始め方 無料で学ぶ Adobe Premiere Pro

2020年6月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください