【Adobe Premiere Pro】Vrewを使ってエンタメ系YouTubeのテロップを作る方法

Vrew テロップ エンタメ系
動画編集

「エンタメ系YouTubeの動画編集はテロップ作業が大変

Vrewという字幕作成アプリを使うといいらしい」

「Vrewを使うと楽になるの?

最近字幕を自動で生成してくれるアプリ、Vrewが話題になっています。

音声を自動でテキストに変換してくれるアプリで、現在は無料で使えます。(2020年3月時点)

エンタメ系YouTube動画では凝ったテロップがたくさん使われるので作業が大変です。

Vrewを使ったら楽になるでしょうか?

実際Vrewで字幕データを作り、Adobe Premiere Proに取り込んでテロップを作成してみました。

そのやり方と感想を、Vrewの問題点と合わせて解説します。

Vrewとその使い方

Vrewの画面はこのようになっています。

Vrew画面

Vrewで動画や音声データを開くと自動で字幕データを生成してくれます。

右側に生成された字幕データ、左側に字幕のプレビュー画面が表示されるので、字幕の完成イメージを確認しながら字幕データを修正・編集できます。

Vrewの基本的な使い方についてはこちらを参照してください。

動画編集 ファイル管理

【動画編集】ファイル管理とTips(fps、合成、字幕生成など)

2020年6月29日

Vrewでエンタメ系YouTubeのテロップを作成

前回はVrewを使ってビジネス系YouTuber、マコなり社長の動画のテロップを作りました。

Vrew テロップ

【Adobe Premiere Pro】Vrewを使ってビジネス系YouTubeのテロップを作る方法

2020年3月21日

今回はエンタメ系YouTuber、サンエン台湾のこちらの動画を使わせていただきました。

この動画の音声を前回の以下記事の方法で音声のみ抜き出し、音声のmp3ファイルをVrewに取り込み、字幕データを作りました。

動画編集 フリーサウンド

動画編集 フリーサウンドの使い方と管理方法

2020年3月9日

なお、サンエン台湾のテロップの作り方はこちらの記事を参考に。

動画編集 サンエン台湾

【動画編集】エンタメ系 YouTuber(サンエン台湾)のテロップをマネてみた

2020年3月2日

Vrewの音声認識の精度については、すでに音声データにBGM、効果音が含まれていることから正当に評価できないので省略します。

感想として、サウンドが乗っかってる割には結構認識できてるという印象。一から打つより早いです。

Adobe Premiere ProでVrewのテロップ編集

Vrewで出力してAdobe Premiere Pro用の字幕データ、xmlファイルはシーケンスファイルになっています。

それを取り込むとこのようになります。

スクリーンショット_2020-03-24_10_43_42_2

シーケンスにはエッセンシャルグラフィックスと音声ファイルが含まれており、Vrewのタイムラインに沿って自動でカット編集されています。

なので、Adobe Premiere Pro上でカット編集は必要ないです。

ただ、Vrewから取り込んだテロップはエッセンシャルグラフィックスです。

エッセンシャルグラフィックスのテロップをレガシータイトルに変換していく作業が必要です。

さらに、Vrewでつけたテロップの装飾はAdobe Premiere Proには反映されない。全て削除されています。

それについては、いずれにせよレガシータイトルのスタイルを適用するのであまり気にする必要はありません。

レガシータイトルのテンプレート化

エッセンシャルグラフィックスのテロップをレガシータイトルに変換する前に、まずは適用したいレガシータイトルスタイルを作り、テンプレート化しておくと良いです。

サンエン台湾の場合、基本的に以下4つの大きさのテロップが使われています。


  1. サイズ: 100.7
    Y座標: 978.0

  2. サイズ: 132.0
    Y座標: 998.0


  3. サイズ: 205.2
    Y座標: 940.9

  4. 特大
    サイズ: 232.0
    Y座標: 912.0

※大きさ、Y座標はだいたいの値です

それぞれこんな感じのテロップです。

ついでに、こういったクロップ機能を使って作る特殊なテロップもテンプレート化しておくと便利です。

これらの大きさのテロップを一つのシーケンスにまとめておきます。

スクリーンショット 2020-03-24 11.09.14

テンプレート用のシーケンスを作り、そこにそれら複数のサイズのテロップを保存しておきます。

ちなみに、レガシータイトル以外にもエフェクト、図形やイラストもそれぞれシーケンスを作り、テンプレート化しています。

レガシータイトルスタイルのテンプレート化

次に、いろんなスタイルのテロップを簡単に作れるように、レガシータイトルスタイルもテンプレート化しておきます。

スクリーンショット_2020-03-15_15_08_05

サンエン台湾のレガシータイトルのテンプレート化については、前回の記事で説明してますのでそちらを参照してください。

動画編集 サンエン台湾

【動画編集】エンタメ系 YouTuber(サンエン台湾)のテロップをマネてみた

2020年3月2日

エッセンシャルグラフィックスのテロップをレガシータイトルに置き換え

Vrewで生成されたエッセンシャルグラフィックスの文字列をコピーし、レガシータイトルにペーストしていきます。

スクリーンショット_2020-03-24_11_20_05_2

エッセンシャルグラフィックスの文字列のコピーは、文字列をダブルクリックしてショートカットキーの[Command + C]でできます。

そこから想像つくでしょうが、エッセンシャルグラフィックスのテロップをレガシータイトルに置き換えはかなり面倒な作業です。

アナログなやり方で、以下手順です。

  1. テンプレートのレガシータイトルを複製([Alt]を押しながらレガシータイトルクリップをドラッグ)
  2. レガシータイトルのフォントサイズ、カラー等を装飾
  3. エッセンシャルグラフィックスを選択(マウスでクリック)
  4. エッセンシャルグラフィックスの「編集」から文字列を全選択(マウスでダブルクリック)
  5. コピー(Command + C)
  6. 複製したレガシータイトルを選択(マウスでクリック)
  7. レガシータイトルの文字列を選択(マウスでダブルクリック)
  8. ペースト(Command + V)
  9. タイムラインを選択(マウスでクリック)
  10. 1.に戻る

完成したテロップ

面倒な作業を繰り返し、ようやくできたのがこちらです。

元の動画は12分ありますが、そのうち5分間をマネてみました。

テロップの出るタイミング、位置、カラー等ほぼオリジナルと同じになっています。

効果音もネットから探してきて、オリジナルとほぼ同じものでほぼ同じタイミングに入れています。

エフェクトもだいたい同じものを入れています。この「キャー!!!」のトランスフォームエフェクトは大変そうなので無視しましたが。

まとめ

エンタメ系YouTuber、サンエン台湾のテロップのほとんどはエッセンシャルグラフィックスではできません(2020年3月時点)。レガシータイトルが必須です。

一方、Vrewで作った字幕データはエッセンシャルグラフィックスです。

その違いから、Vrewを使ってエンタメ系YouTubeのテロップを入れる場合、どんなに効率化を図ってもテロップ入れ作業はそれほど楽にならないです。

ただ、レガシータイトルのテロップの長さは、Vrewから自動生成されたエッセンシャルグラフィックスの長さに揃えればいいだけなので、その点はかなり楽になります。

エッセンシャルグラフィックスからレガシータイトルに変換する機能が欲しいです。

【無料で学ぶ Adobe Premiere Pro】の一覧はこちらです。

動画編集 始め方

動画編集 始め方 無料で学ぶ Adobe Premiere Pro

2020年6月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください