【Adobe Premiere Pro】Vrewを使ってビジネス系YouTubeのテロップを作る方法

Vrew テロップ
katakana_08_vu

「Adobe Premiere Proでのテロップ作業が大変

Vrewという字幕作成アプリを使うといいらしい」

「Vrewを使うとテロップ作成が楽になるの?」

最近字幕を自動で生成してくれるアプリ、Vrewが話題になっています。

音声を自動でテキストに変換してくれるアプリで、現在は無料で使えます。(2020年3月時点)

テロップ入力はものすごく時間がかかる大変な作業ですが、Vrewを使うと楽になるのでしょうか?

実際Vrewで字幕データを作り、Adobe Premiere Pro に取り込んでテロップを作成してみました。

そのやり方とVrewの問題点を合わせて解説します。




Vrewとその使い方

Vrewの画面はこのようになっています。

スクリーンショット 2020-03-20 18.25.09

Vrewで動画や音声データを開くと自動で字幕データを生成してくれます。

右側に生成された字幕データ、左側に字幕のプレビュー画面が表示されるので、字幕の完成イメージを確認しながら字幕データを修正・編集できます。

Vrewやその情報ついては公式サイトに詳しく書かれているのでそちらを参照してください。

Vrew 公式サイト

また、Vrewの使い方については、公式のYouTubeチャンネルで詳しく解説されているので、そちらを参考にしてください。

Vrew YouTubeチャンネル Vrew使用方法

Vrewでビジネス系YouTubeのテロップを生成

Vrewを試すにあたり、今回はビジネス系YouTuber、マコなり社長のこちらの動画を使わせていただきました。

この動画の音声を前回の以下記事の方法で音声のみ抜き出し、音声のmp3ファイルをVrewに取り込み、字幕データを作りました。

動画編集 フリーサウンド

動画編集 フリーサウンドの使い方と管理方法

2020年3月9日

なお、ビジネス系ではなくエンタメ系YouTubeのテロップ作成についてこちらの記事を参照してください。

Vrew テロップ エンタメ系

【Adobe Premiere Pro】Vrewを使ってエンタメ系YouTubeのテロップを作る方法

2020年3月24日

Vrewで自動作成された字幕データ

Vrewに音声ファイルを取り込んだ直後の、何も変更を加えていない生の字幕データはこんな感じです。

まこなりです今回は
危険実は頭が悪くなる行動トップ
すりーを発表していきます
実はとついてますから
皆さんがすぐに
思いつくようなことは話しません
例えば実は本を読まないと
頭が悪くなるんですとか
分からないことを素直に質問したいと
頭が悪くなるんですよとか

字幕データをテキストファイルで出力したものです。

「TOP3」が「とっぷすりー」とひらがなで出力されている点以外は正常に認識されており、なかなか精度は良いです。

ただ、中には以下のような意味不明な言葉に変換されてしまってるものもあります。

旅客のある伝え方をするということなんです

健全な意見の対立から生まれる大和

施工の網羅性を高めるためには

その他辺な位置で改行されてたり、全く認識出来ない箇所があったりするので、手作業での編集・修正の作業量も結構あります。

Vrewで最終動画を出力

Vrewで字幕の編集作業が完了したら、(動画編集ソフトを介さずに)Vrewで字幕を付加した最終の動画を出力することもできます。

スクリーンショット 2020-03-21 17.36.48

ただし、Vrewでのテロップ作成機能は以下制限があります。

  • 中央揃えのみ。左揃え、右揃えはできない
  • ストローク、影はそれぞれ一つのみ
  • フォントサイズを細かく調整できない。10通りから選択する
  • 文字列の一部のみ色変更はできない
  • テロップのX軸は画面中央
  • テロップのY軸はアプリ独自の補正値。X,Y座標ではない

こういった制限から、動画編集の仕事で使うには厳しいです。

Vrewで作成した字幕データをAdobe Premiere Pro用のxml形式で出力し、Adobe Premiere Proでテロップを装飾することになります。

Adobe Premiere ProでVrewのテロップ編集

Vrewで出力してAdobe Premiere Pro用の字幕データ、xmlファイルはシーケンスファイルになっています。

それを取り込むとこのようになります。

スクリーンショット_2020-03-21_18_03_45_2

シーケンスにはエッセンシャルグラフィックスと音声ファイルが含まれており、Vrewのタイムラインに沿って自動でカット編集されています。

なので、Adobe Premiere Pro上でカット編集は必要ないです。

ただ、別のシーケンスだと作業がしにくいので、テロップのエッセンシャルグラフィックスと音声ファイルを今のシーケンスにドラッグし、一つのシーケンス上で作業できるようにするといいです。

ここで注意点として、Vrewでつけたテロップの装飾はAdobe Premiere Proには反映されない。全て削除されます。

フォントの大きさ、カラー、縁取り、輪郭(ストローク)等は一から付け直しです。

フォントサイズやカラーを正確に装飾するため、あらかじめお手本のテロップを用意しておくと良いです。

スクリーンショット_2020-03-21_18_11_39_2

テロップの正確な位置、カラーをモーショングラフィックステンプレートマスタースタイルに保存し、テンプレート化しておきます。

動画編集 マナブ

【動画編集】ビジネス系 YouTuber(マナブ)の動画をマネてみた

2020年2月25日

そして、Vrewで作成した字幕データをこのテロップに合わせることで最終テロップを作成します。

以下にその手順を説明していきます。

テロップの装飾を変更

テロップのサイズ、カラー等の装飾を変更します。

あらかじめテンプレート化しておいた(青枠の)マスタースタイルから適用したいスタイルを選択して変更します。

一括で変更する場合、全てのエッセンシャルグラフィックスを選択した状態で(画面左側の)プロジェクトから適用したいマスタースタイルをドラッグ&ドロップして適用します。

テロップのY座標一括変更の前処理

これから行うY座標の変更作業を全てのテロップで適用させるため、エフェクトのトランスフォームを使います。

最初のテロップにトランスフォームを適用します。

テロップ下の段のY座標を変更

テロップのY座標を正確な位置に変更します。

先ほど適用したトランスフォームエフェクトの位置の(赤枠の)Y座標を適切な位置に変更します。

全てのテロップのY座標を変更

先ほどY座標を変更したトランスフォームエフェクトをコピーします。

その状態で全てのテロップをカーソルで選択し、ペーストします。

全てのテロップにトランスフォームエフェクトが適用され、Y座標が適切な位置に変更されます。

テロップ上の段のY座標を変更

スクリーンショット 2020-03-21 18.56.34

テロップ上の段を選択し、Y座標を適切な位置に変更します。

その際、あらかじめ見本となるモーショングラフィックステンプレートのY座標をコピーしておき、それをペーストするといいです。

テロップの上の段と下の段を左揃え

テロップの上の段と下の段を左揃えさせたい場合、それらを選択した状態で整列と変形から左揃えをクリックし、揃えます。

中央で構わないなら必要ないです。

テロップのカラーを変更

テロップの一行を変更したいときはマスタースタイルで変更します。

一行の一部分のみを変更したい場合、変更したい箇所をカーソルで選択し、アピアランスで変更します。

完成したテロップ

Adobe Premiere Proで変更を加えて、最終的に出来たテロップがこちらです。

テロップの出るタイミング、位置、カラー等ほぼオリジナルと同じになっています。

こちらも適当にBGMを入れてみましたが、その音声をオフにし、元の動画を再生と同時にこちらも再生してもらうと確認しやすいです。

まとめ

Vrewは音声を自動で字幕データに変換してくれる便利なアプリです。

しかも無料!(2020年3月)

動画編集時間をなるべく短縮しつつテロップを入れるにはうってつけのアプリですね。

ただ、Adobe Premiere Proとの連携はまだイマイチなので、本格的にビジネスで利用するにはちょっと厳しい印象です。

特に、2段のテロップ作成はかなり大変です。

Adobe Premiere Pro に慣れたプロの人だとVrewを使う方が効率が悪いかもしれません。

ちょっとぐらいなら有料でもいいので、今後字幕作成はVrewで完結できるように改善されることを期待します。

なお、YouTuberをマネてみた動画編集一覧マネる手順と解説を以下記事にまとめています。そちらも参考にしてください。

動画編集 YouTuber

【動画編集】YouTuberをマネてみた一覧とマネる手順を一から解説

2020年3月27日












動画編集

YouTube

YouTubeを本気でやるなら、Adobe Premiere Pro

動画編集を仕事にするなら、Affter Effectも必要。

その両方が入ったパッケージ、Adobe Creative Clound  がおすすめ。

半額で購入できる学生・教職員版 もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください