バタッド 交通 世界遺産のライステラスのある村

バタッド 交通
観光日

2018年5月3日 – 5日




バタッド 場所、概要

フィリピンにある世界遺産、コルディリェーラの棚田群の一つのバタッド(Batad)。場所はこちら。

同じくコルディリェーラの棚田群で有名なバナウェ(Banaue)の近くにあります。

近くと言っても数Km離れていて、また急勾配の山道のためトライシクルで50分もかかる不便なところに位置しています。

バタッド 行き方

サガダ(Sagada)から

今回はサガダからバナウェに行きました。途中、ボントック(Bontok)、バナウェ(Banawe)を経由します。

とその前に、前回の記事で書いたように、サガダからバタッドへはサガダで知り合ったフィリピン人と行きました。

あわせて読みたい

サガダ 洞窟 ハンギングコフィン 教会 静かな村の観光名所

この「一人ではなく誰かと」という情報、バナウェからバタッドに向かうときに重要になってきます。それについては後ほど。

サガダからバタッドの行き方、料金は以下の通り。 

 バタッド 交通料金

区間: サガダ(Sagada) – ボントック(Bontok)
時間: 11:00 – 11:40 (約40分)
料金: 40ペソ
交通: ジプニー

区間: ボントック(Bontok) – バナウェ(Banaue)
時間: 11:45 – 13:50 (約2時間)
料金: 150ペソ
交通: バン

区間: バナウェ(Banaue) – バタッド(Batad)
時間: 14:00 – 14:50 (約50分)
料金: 350ペソ (700ペソ / 2人)
交通: トライシクル

区間: バタッド(Batad) – バタッド村
時間: 14:50 – 15:20 (約30分)
交通: 徒歩

(2018年5月3日)

サガダからボントックまではジプニーが出ています。サガダのバス停から30分おきの頻度であるそうです。

こういった出発点のジプニーは定員いっぱいになるまで出発しません。今回も20分以上待たされました。

なお、サガダの交通についてはこちらを参考に。

あわせて読みたい

サガダ 交通 崖に死者が眠る静かな村

ボントックからバナウェまでは山道。それも2時間もかかります。

ボントックからはジプニー、バスも出ているようですが、バンが一番お勧め

ボントックのバンの乗り場は、ボントックまでのジプニーの運転手に伝えればそこで止めてくれます。

ジプニーから降りるとすぐさまバンの人が寄ってきて、「バナウェ?こっち」と案内してくれます。歩いて数十秒。バンが停まっているのが見えるので安心。乗り合いですが午前中だったからか一瞬で集まり、ものの5分もしないうちに出発。

2時間の道中で1回トイレ休憩。ちょうど中間地点の山間にある市場のような場所。

バナウェからはトライシクルを利用。

ここで1人旅行だと問題となってくるのが、交通費の安さを優先するか時間をとるか。

 バナウェ – バタッド間 交通料金

時間: 約50分
料金: 350ペソ (700ペソ / 2人)
交通: トライシクル

時間: 約50分
料金: 150ペソ
交通: ジプニー

(2018年5月3日)

トライシクルもジプニーも速度は変わらずどっちも遅いので、かかる時間は同じ。ただ、ジプニーは本数が1日3本しかないです。

当然安さを求めればジプニーになるのですが、バナウェについたのが1時過ぎで次のジプニーは3時だったので、2時間近く待たないとダメでした。でも、サガダで知り合ったフィリピン人がいたおかげで700ペソのトライシクルを割り勘。350ペソで待つことなくバタッドに向かうことができました。

なお、料金はMunicipal Tourism Centerに明確に書かれているので、ボラれることはないです。

また、大きな荷物はこのMunicipal Tourism Centerに預けることができます

「スーツケースを預けて行ったら?」と係りの人に勧められたのですが、そういったサービスがあるとは知らず荷物を整理してなかったので、預けることなくスーツケースもバダットまで持って行きました。後々これがかなり大変と分かったので、すぐに使わない荷物はここで預けて行くことをお勧めします。

なお、バタッドからバナウェの行き方とバナウェのライステラスについてはこちらを参考に。

あわせて読みたい

バナウェ 観光スポット 街並みと20ペソ紙幣のライステラス

トライシクルで走ること約50分。ここがバタッドの終着地点。ここから山道を歩いていきます。

ちなみに、フィリピン人の彼の荷物はこれだけ。軽々と運んでたのですが、僕はというと必死。

この写真の道はコンクリートで整備されていたのでスーツケースを引っ張るだけで良かったのですが、獣道のような山道が全体の半分以上あり、また、バタッドに出てからも急勾配の階段を下りなければいけなかったので、かなり大変でした。

なお、トライシクルを降りると、「案内しよっか?」とガイドが寄ってくるのですが、利用すると当然ガイド料が必要です。また、ガイドがなくても1本道なので迷うこともないです。なので、ガイドはいらないです。荷物持ちなら利用したほうがいいかもです。

バタッドに入るとこの看板が立ってます。

バタッドの宿泊施設通りに出ると下までこの階段が続いています。写真では分かりにくいですが、かなり急な坂道。これを大きい荷物を持って上り下りは結構大変。帰りは宿の人に頼めますが、荷物1つ(一人)につき100ペソから150ペソでした。泊まった宿の場合。それでも僕は利用せずに自力で運びましたが(笑)。

以上から、バタッドの宿泊施設はなるべくバタッド村の入り口近くを選ぶことをお勧めします。ちなみに、同行していた彼は入り口近くに飛び込みで宿をとりました。僕が予約していた宿が村の入り口からあまりに遠く、この階段を何段も下ったところだったので。

バタッド 交通

バタッドの村はライステラスがあるだけの村。なので、村内は徒歩のみ

ただ、徒歩でもガイドをつけるかどうかを選択できます。サガダでは観光スポットへはガイドが必須でしたが、バタッドは自己責任で一人で好きなところに行けます。実際僕はガイドを一切つけずに、滝はもちろんのこと、山の中を往復3時間かかる隣の村、CAMBROへも一人で行きました。

長くなったので、バタッドの観光については次の記事に続く。

あわせて読みたい

バタッド 観光スポット 世界遺産のライステラスと滝

なお、バタッドの宿についてはこちらの記事を参考にしてください。

バナウェ バタッド おすすめ ホテル

バナウェ(Banaue)、バタッド(Batad) おすすめのホテルは?【2019年】

2019年4月6日

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった













オペレーター

最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプをおすすめ!

  • 話し放題
  • 予約不要
  • チャットアプリが最高

1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください