【動画編集】FX系 オレ的ゲーム速報JIN FX投資部のテロップをマネてみた

動画編集 オレ的ゲーム速報JIN

動画編集を勉強するのに良い方法は、すでにある良いコンテンツを真似ることですね。

今回、FX系YouTuberで有名な、「オレ的ゲーム速報JIN FX投資部」の動画を分析し、真似てみました。

イラストやアニメーションの作成は時間がかかるので、とりあえずテロップだけマネてみました。

その作り方をざっくり解説していますので参考にしてください。




オレ的ゲーム速報JIN FX投資部 とは?

FX系で最も人気のYouTuberです。

FX、株価指数を主に取引きされてるYouTuberで、投資に関連する経済済指標のニュースを発信しつつ自身の投資結果報告をされています。

登録者数は13.6万人(2020年3月3日時点)です。

動画内容、動画編集(オレ的ゲーム速報JIN FX投資部)、動画編集ツール

トピックは投資情報という堅い内容ですが、それを素人にも分かりやすいように解説しつつ、お笑いのノリの内容です。

ビジネス系ではなくエンタメ系です。

なので、テロップも丸ゴシック体だったり、エンタメ系の強調テロップがあったりで、堅いイメージの明朝体は少ないです。

動画編集ツールは、おそらくAdobe Premiere Pro を使用されています。

イラストはそれほど難しくないので完コピは可能ですが、今回はテロップだけマネてみます。

なお、Adobe Premiere Pro でのテロップの作成は、以下2通りの方法があります。

Adobe Premiere Pro テロップ入力

  • レガシータイトル
    昔からある入力方法
  • エッセンシャルグラフィックス
    最近のバージョンで追加された機能

レガシータイトルは今後なくなる可能性があるので、エッセンシャルグラフィックスで全てテロップ入力したいのですが、残念ながらこの機能は発展途上なため、表現できないことがいくつかあります

今回、可能な限りエッセンシャルグラフィックスを使用し、それで表現出来ない場合のみレガシータイトルを使います。

参考にしてください。

動画の作り方 分析と解説

元の動画のテロップをいくつかマネてみました。

2秒ごとテロップを切り替えて表示しています。

やり方を以下に説明します。

 

テロップ入力(単純なスタイル)

シーケンス 01.00_00_22_07.静止画001

これは単純なテロップなので簡単に作れます。

上から順に、

  • エッセンシャルグラフィックス
  • レガシータイトル
  • 元画像の見本

となっています。

どちらも長方形の土台の上にテキストを載せていて、長方形とテキストを一つのトラックにまとめておくと管理しやすいです。

ただ、レガシータイトルで作るときは注意が必要で、重ね合わせの順序を変更できません

(確か)後で書いた方が上のレイヤーになります。

なので、先にテキストを書き、その後で長方形を描くとテキストが長方形に隠れてしまいます。

もしそうなってしまった場合、元のテキストを別のトラックに退避させておき、長方形を書いてから(退避させておいた)テキストをコピペするのが良さそうです。

スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:白色
ストローク:黒色
ストローク:白色
シャドウ:黒色
フォント:Hiragino Maru Gothic ProN

フォントはパッと見同一のものに見えますが、ちょっと違います。

”ん”の最後の跳ね具合を見てもらうとその違いが分かります。

が、丸ゴシック体の中から選ぶとだいたいイメージに合うと思います。

その際、

前回にも書いたように、「線の結合」はラウンド結合を選んで角を丸くなるように設定しておくといいです。

動画編集 サンエン台湾

【動画編集】エンタメ系 YouTuber(サンエン台湾)のテロップをマネてみた

2020年3月2日
シーケンス 01.00_00_12_09.静止画007

先ほどのフォントスタイルと一見同じですが、少し変更を加えています。

上から順に、

  • エッセンシャルグラフィックス
  • レガシータイトル
  • 元画像の見本

となっています。

土台の赤色の板も手順は同じなので、面倒なので省略。

スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:赤色
ストローク:黒色
ストローク:白色
シャドウ:黒色
フォント:Noto Sans CJK JP

フォントを変えてます。

かなり近いですが、若干違うようです。

”で”の水平度合いの違いが気になります。

シーケンス 01.00_00_17_13.静止画006

これは単純なテロップなので簡単に作れます。

上から順に、

  • 元画像の見本
  • エッセンシャルグラフィックス
  • レガシータイトル

となっています。

スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:白色
ストローク:黒色
フォント:Meiryo(Regular)

だいたい同じですが、”し”の跳ね具合が若干違いますね。

テロップ入力(経済ニュース)

シーケンス 01.00_00_27_01.静止画002

通常、経済ニュースのようなお堅い情報をテロップにする場合、明朝体が使われます。

ですが、先ほど説明したようにこちらはビジネス系ではなくエンタメ系のチャンネルですので、経済ニュースも柔らかいイメージの丸ゴシック体で表現されています。

これはエッセンシャルグラフィックスの方が作りやすいので、(将来なくなるであろう)レガシータイトルではあえて作ってません。

シーケンス 01.00_00_27_01.静止画002_エッセンシャル

エッセンシャルグラフィックスではこのようにグループでまとめているので、(パーツは3つありますが)タイムラインは1トラックしか使っていません。

スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:黄色 or 白色
ストローク:黒色
シャドウ:黒色
フォント:Hiragino Maru Gothic ProN

先ほどのテロップとほぼ同じで、ストロークを一つ減らして色、サイズ調整した程度で表現できました。

ただ、やはり同一のフォントではないです。

特に、数字がかなり違っているので、もう少し元画像に近いフォントを探したいところです。

見出し(投資結果報告)

シーケンス 01.00_00_37_05.静止画003

投資結果報告の見出しは明朝体を使われています。

ゴシック体一色ではなく明朝体も時々入れることで、動画に緩急をつけることにより、視聴者に飽きさせないように工夫されています。(と分析)

エッセンシャルグラフィックスを使い、スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:白色 or 赤色
フォント:A-OTF Midashi Mi MA31 Pr6N

これ、フォントはおそらく全く一緒です。

文字間、「トラッキング」の値はかなりいじられているようで、そこは調整が必要ですが、それ以外はマネできたと思います。違ってても気づかないレベルです。

見出し(誰得体重測定)

シーケンス 01.00_00_52_03.静止画004

体重測定の見出しも明朝体を使われています。

エッセンシャルグラフィックスを使い、スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:白色
フォント:Hiragino Mincho Pro

だいたい同じですね。

ただ、”お”の点が違うので、フォントはこれではないです。

テロップ入力(誰得体重測定)

シーケンス 01.00_00_56_09.静止画005

体重測定のテロップも明朝体を使われています。

エッセンシャルグラフィックスを使い、スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:白色
ストローク:黒色
シャドウ:黒色
フォント:Toppan BunkyuMidashiMinStd

雰囲気は同じですが、数字がもっと横に狭めないといけないですね。

もしかしたら、フォントは同じだけど、レガシータイトルを使っていて幅を縮めてるのかもしれません。

テロップ入力(強調)

シーケンス 01.00_00_32_07.静止画009

強調テロップのフォントは代替フォントが見つからず、かなり妥協しました。

エッセンシャルグラフィックスを使い、スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:赤色
ストローク:黒色
ストローク:白色
シャドウ:黒色
フォント:Toppan BunkyuMidashiMinStd

日本語は似たような雰囲気になっていますが、アルファベットが全然違ってます。

なお、トラッキングはかなり狭めていますが、それでも”!”が随分と違うのでそこも気になります。

シーケンス 01.00_00_02_12.静止画008

こちらも雰囲気から元画像と大きく違ってます。

まず”破産系”の文字列ですが、エッセンシャルグラフィックスを使い、スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:黒色
ストローク:赤色
フォント:TA-kai_regular

ですが、かなり元画像とかなり違います。

下の”jin115”のパーツですが、文字はエッセンシャルグラフィックスで、図形はPhotoshopで作ってエッセンシャルグラフィックスに取り込み、文字列と同じグループにまとめています。

文字列はエッセンシャルグラフィックスを使い、スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:白色
ストローク:黒色
フォント:Noto Sans CJK JP

フォントはたぶんコレでしょう。

ただ、トラッキングで文字間をかなり縮めていて、しかも、元画像は上下にひしゃげています。

なので、下の図形含めてレガシータイトルで作っていて、文字列を上下に縮めて作ってると思います。

テロップ入力(ポジション報告、オレ的メモ)

シーケンス 01.00_00_46_08.静止画010

オレ的メモですが、今回はレガシータイトルで作りました。

アイコンはその部分を切り取り、Photoshopで背景を透明にしてからレガシーテキストに挿入しています。

補足

(レガシータイトルの画像取り込み方法)

レガシータイトル画面でマウスを右クリックし、「グラフィック」-「グラフィックスを挿入…」で画像を選択する

長方形を角の丸め方ですが、長方形を作り、そのストローク(外側)で「エッジ」を選択することでできます。

シーケンス 01.00_00_46_08.静止画010_補助

ちなみに、前回の以下の「テロップ(図形の組み合わせ)」ではPhotoshopで作りました。

動画編集 サンエン台湾

【動画編集】エンタメ系 YouTuber(サンエン台湾)のテロップをマネてみた

2020年3月2日

レガシータイトルのテキストは以下設定で作りました。

スタイル

塗り:黒色
フォント:Hiragino Sans GB(W3)

たぶん合ってるでしょう。

ポジション報告の方ですが、こちらもレガシータイトルを使い、スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

(GMOクリック証券)
塗り:白色
ストローク:青紫色
フォント:Noto Sans CJK JP

(株価指数)
塗り:赤色(線形グラデーション)
ストローク:白色
フォント:Noto Sans CJK JP

(株価指数)
塗り:赤色(線形グラデーション)
ストローク:白色
フォント:Noto Sans CJK JP

(損益)
塗り:黒色
ストローク:白色
フォント:Noto Sans CJK JP

(0円)
塗り:黒色(線形グラデーション)
ストローク:白色
フォント:Noto Sans CJK JP

(利益円)
塗り:赤色(線形グラデーション)
ストローク:白色
フォント:Noto Sans CJK JP

エッセンシャルグラフィックスを使わなかった理由ですが、”○円”のスタイルにグラデーションを使っているからです。

エッセンシャルグラフィックスではこのグラデーションが表現できません。(2020年3月3日時点)

シーケンス 01.00_00_46_08.静止画010_補助2

レガシータイトルではこんな感じで塗りを設定できます。

ちなみに、下地の半透明の長方形もまとめてレガシータイトルで作っています。

シーケンス 01.00_00_42_05.静止画011

こちらのポジション報告も同じです。

画像の国旗ですが、Photoshopで切り抜いた国旗を先ほどの「オレ的メモ」アイコンと同じ方法でレガシータイトルに取り込んでいます。

なので、パーツはかなり多くなってますが、タイムラインのトラックでは1枚のレガシータイトルで管理しています。

テロップ入力(オープニング直後)

シーケンス 01.00_00_07_00.静止画012

オープニング直後にこのようなタイトル画面が出て、猫が喋ります。

なので本当は猫が喋ってる動画を使わないといけないのですが、これを作るツール(VTuber?)をちょっと思い出せません。あっても確か有料だったかと。

とりあえず、ネットで拾ってきた猫画像を切り抜いて代用。輪郭の白縁は無視で。

吹き出しはPhotoshopで作りました。

が、Illustratorで次のように操作すれば簡単に作れます。

  1. 楕円ツールで楕円を作成
  2. 多角形ツールで三角を作成
  3. 作った三角の位置、頂点を調整
  4. 「シェイプ結合」ツールで楕円と三角を結合

Photoshopで作った後に思い出しました。

ちなみに、Photoshopではこんな方法で作りました。

  1. 楕円ツールで楕円を作成
  2. 「アンカーポイント追加ツール」で楕円を変形させたい部分を3ヵ所クリック
  3. 頂点位置とハンドルを調整し、三角を作る

と、即座に思いついた方法で作りましたが、やはり図形を結合する方が効率よく綺麗に作れるでしょう。

文字列はエッセンシャルグラフィックスを使い、スタイルは以下設定で作りました。

スタイル

(投資結果)

塗り:黒色
フォント:Noto Sans CJK JP(Black)

(2020年2月)

塗り:黒色
フォント:Hiragino Kaku Gothic StdN(W8)

”投資結果…”の文字列のフォントは合ってるかと。

ただ、そのまま年月にも適用すると雰囲気が違ったのでそちらは別のフォントにしました。

それでも少し違うのですが、まだ近いです。

まとめ

「オレ的ゲーム速報JIN FX投資部」のテロップはアニメーションがないので作るのはそれほど難しくないです。

ただ、微妙にグラデーションがかかってたり、上下にひしゃげてたり、あとトラッキング(文字間隔)や行間が設定してたりしています。

さらに、強調テロップで使われてるものと同じフォントが見つかりません。

なので、完コピは難しいです。

FX系YouTuberでNo.1の人気で、編集もおそらく最も凝っていて、かつ、効果音やBGMがいい感じで使われているので、かなり参考になります。

FX系YouTuberを目指すなら「オレ的ゲーム速報JIN FX投資部」をベースにカスタマイズするのがベストでしょう。

なお、YouTuberをマネてみた動画編集一覧マネる手順と解説を以下記事にまとめています。そちらも参考にしてください。

動画編集 YouTuber

【動画編集】YouTuberをマネてみた一覧とマネる手順を一から解説

2020年3月27日












動画編集

YouTube

YouTubeを本気でやるなら、Adobe Premiere Pro

動画編集を仕事にするなら、Affter Effectも必要。

その両方が入ったパッケージ、Adobe Creative Clound  がおすすめ。

半額で購入できる学生・教職員版 もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください