THEO 運用開始から丸1年。利益はいくら?【2019年2月】

THEO 運用 2019年2月

ロボアドバイザーの分野でウェルスナビ(WealthNavi)と並んで人気のテオ(THEO)

ウェルスナビ(WealthNavi)の資産運用は良くなかったことは以下記事で書きました。

ウェルスナビ 運用 2019年2月

ウェルスナビ 運用開始から丸1年。利益はいくら?【2019年2月】

2019年2月14日

では、テオ(THEO)の方はどうだったでしょうか?

以下に実際の運用結果を報告しますのでご覧ください。

特に、これからテオ(THEO)で資産運用を始めようとお考えの人、要チェックです!




テオ(THEO)開始時の資産

ウェルスナビと同じ時期、THEOでも資産運用を2018年1月に始めた旨を以下記事で書きました。

日経平均 NYダウ 2018年

日経平均 NYダウ 2018年 どうなる?

2018年1月23日

THEOの方の運用状況は書いていなかったので、まずはそれについて簡単に書いておきます。

THEOの資産運用

開始年月: 2018年1月
運用資金: 毎月5万円 積立投資
現在までの投資金額: 70万円(2018年11月の1回分引き落とし失敗) 

THEOでは積立投資にしました。

ウェルスナビでは初月に100万円を一括投資したので、THEOの資産運用結果と比較は出来ないので、今思えば一括投資したほうが良かったですね。

THEO 1年間の動き

THEO資産評価

2018年1月10日: 100,000円
2018年2月15日: 144,349円(-3.77%
2019年2月14日: 696,402円(-0.51%

開始時点から0.51%の下落です。

THEOの手数料も1%ですので、投資資金から7,000円が引かれています。

それに対して、損失が3,500円程度ですので、手数料を考慮すれば損失はほぼ0です。

ウェルスナビが5.5%の下落でしたから、THEOの方がかなり優秀な結果となっています。

THEO ポートフォリオ

ここでTHEOの今のポートフォリオも見てみます。

株式が全体の半分で、こちらは7%近い損失が出ています。

実際、ポートフォリオの保有銘柄を確認したところ、全世界の投資信託を11種類保有しているのですが、プラスなのは一つのみでした。

ただ、その損失分を全体の36%を占める債券の収益で補填しています。

こちらも保有銘柄を確認したところ、8種類の債券を保有していて、そのうち6個がプラスでした。

他、不動産、金、コモディティ先物等があり、こちらは若干プラスですね。

結果、全体の損失は0.5%に抑えられてます。

まとめ

THEOもまた投資した資産は減っているので、今のところ成果は出ていません。

ですが、損失はTHEOの手数料以下であることから、2019年にプラスに転じるならそれほど気にならないです。

ウェルスナビと比べると、THEOの方がウェルスナビよりも優秀と言えるでしょう。

一括投資と積立投資との違いはあるものの、ウェルスナビの記事で書いたように、NYダウは1年間でほぼ変わらず、日経平均も2018年2月から1年間で見ればほぼ変わらなかったことから、本来ならその投資方針の違いは運用結果に大きく影響しません。

2019年もこのままTHEOを続けるかはまだ決めてませんが、ロボットアドバイザーを続けるならTHEOで決まりですね。

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった













オペレーター

最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプをおすすめ!

  • 話し放題
  • 予約不要
  • チャットアプリが最高

1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください