【動画編集】45秒で何ができる?をマネてみた

動画編集 45秒で何ができる?

動画編集を勉強するのに良い方法は、すでにある良いコンテンツを真似ることですね。

今回、YouTubeの「踊ってみた」動画で人気の、「45秒で何ができる?」の動画を分析し、マネてみました。

その作り方をざっくり解説していますので参考にしてください。

45秒で何ができる? とは?

ニコニコ生放送で人気になった45秒のダンス動画です。

元の動画は2013年にアップされて一時期話題になったようで、その後下火になりつつ、YouTubeが人気になった2018年頃から今度はYouTubeで人気が再燃し、たくさんのYouTuberが「踊ってみた」動画を投稿しています。

再生回数は多いものだと数百万回にもなってます。

今回その中でも一番再生回数の多い動画、369万回(2020年12月時点)再生の上の動画の動画編集をマネてみます。

動画内容、動画編集(45秒で何ができる?)、動画編集ツール

歌詞付きのダンス動画で、サビの強調する箇所ではテロップを動かしたり、映像をズームさせたりしています。

が、全体的に動画編集は難しくはないです。

ただ、テキストアニメーション、クロップやマスクを使うので、動画編集ツールはAdobe Premiere Proが必要でしょう。

Adobeの動画編集ソフトパッケージ

  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe Creative Clound(通常版) 
  • Adobe Creative Clound(学生・教職員版)

ちなみに、Adobe Creative Cloundですが、Adobeオンライン講座とセットになったパッケージもヒューマンアカデミーから販売されているので、そちらと比較して購入すると良いでしょう。

ヒューマンアカデミー たのまな Adobe

ヒューマンアカデミー たのまな のAdobeオンライン講座の体験談【2020年5月】

2020年5月8日

これをマネてみたのがこちらです。

動画編集の画面はこのようになっています。

45秒

マネるためにトラックはたくさんあるのですが、この動画で使っているトラックは、V1、A1、V5だけです。

  • V1: 元動画のスクリーンショット
  • A1: 元動画のサウンド
  • V5: 歌詞テロップ

ちなみに、その他のトラックはこうなってます。

  • V2: 元動画
  • V3: 自分のダンス動画
  • V4: 調整レイヤー

「踊ってみた」動画を作る場合はV3, V4の方をアクティブに切り替えます。こんな感じに笑。

以下にこの作り方を解説します。

動画の作り方 分析と解説

元動画の抜き出し

動画編集をマネるために元動画をダウンロードします。

Offlibertyを使うといいです。

動画編集 フリーサウンド

動画編集 フリーサウンドの使い方と管理方法

2020年3月9日

歌詞入力

45秒

歌詞テロップはエッセンシャルグラフィックスで作ります。

レガシータイトル エッセンシャルグラフィックス 使い分け

【動画編集】Adobe Premiere Pro レガシータイトル とエッセンシャルグラフィックスの使い分け

2020年3月19日

エッセンシャルグラフィックスの設定はこんな感じに設定するといいです。

45秒 エッセンシャルグラフィックス
スタイル

塗り:白色:(FFFFFF)、赤色(E90163)、黄色(F3AE00)
ストローク:白色
フォント:PixelMplus12

フォントはドット文字のピクセル系ですが、完全に一致するものは見つけられなかったので、PixelMplus12で代用してます。

フォントの探し方はこちらを参考にしてください。

YouTuber フォント

【Adobe Premiere Pro】人気YouTuberが使っているフォントの探し方と管理方法

2020年3月18日

歌詞(強調)入力

45秒 君の

歌詞のサビというか強調する部分、「君の」はエッセンシャルグラフィックスをキーフレーム操作して作ります。

具体的には、「君の」のY座標マスクまたはクロップを操作します。

45秒 君の

最初、「君の」はやや下から現れます。

Y座標は約4フレームのアニメーションなので、次のように設定するといいです。

  • 0フレーム目: 927.9
  • 4フレーム目: 819.9

でも、画面内にあるので表示したい範囲だけをマスクで囲むといいです。

45秒 君の

マスクにもキーフレームを打ち、「君の」が上がりきったタイミングで全体表示するように調整するといいです。

これはフェクトのクロップでも出来ます。

45秒 伝える事

「伝える事!」はクロップで再現してみました。

エッセンシャルグラフィックスにエフェクトのクロップを適用し、クロップのをキーフレーム操作します。

最初は一部欠けてる状態なので、クロップの下を12%でキーフレームを打ちます。

アニメーション期間は1フレームなので、実際は全体が見える・見えないの1フレーム間を次のように設定すればいいでしょう。

  • 0フレーム目: 12%
  • 1フレーム目: 0%

通常、アニメーションはスムーズに再生されるようにキーフレームにイーズイン、イーズアウトをかけるのですが、アニメーション期間が短いのでそれは必要ないです。

動画(強調)

この歌詞(強調)時は動画のモーションを変更します。

スケールを拡大し、位置をずらします。

45秒 動画強調

細かな調整は、元動画と自分の動画を別トラックに配置し、透明度を下げて重ねて位置確認しながら調整するとやりやすいです。

45秒 動画強調

歌詞 クロップ入力

45秒 算数

「算数ドリルは 終わりません!」と「その笑顔でまた 惚れ直す事!」はクロップを使います。

こんな感じですね。

45秒 算数

先ほどと同じく、1フレーム間で右の値をちょうど”は”と”終”の間の位置に設定します。

歌詞 (45秒で何ができる)

45秒 何が

「45秒で何ができるっ★」は、音声の発音タイミングに合わせて一文字ずつ表示します。

上下左右の4方向をクロップ調整ではできないでしょうから、エッセンシャルグラフィックスで一文字ずつ打つといいでしょう。

こんな感じに。

45秒 何が

エッセンシャルグラフィックスは一つにまとめてもいいのですが、それだとエフェクトコントロールの透明度にキーフレームを一文字ずつ打つことになり、面倒です。

なので、一文字ずつトラックに並べて、これらをネスト化してメインのシーケンスに配置するといいでしょう。

こんな感じに。

45秒 何が

スッキリしてますね。

このネストも3色分作ります。

スタイル

塗り:白色:(FFFFFF)、赤色(E90163)、黄色(F3AE00)
ストローク:白色
フォント:PixelMplus10

フォントですが、今度は(PixelMplus12ではなく)PixelMplus10を使ってみました。

それでも少し違いますが。

動画 フェードイン、フェードアウト

45秒 フェード

動画の開始時は黒色からのフェードインしています。

これはクリップにエフェクトのクロスディゾルブを適用するといいです。

45秒 フェード

暗転でも同じ感じでフェードインできます。

まとめ

「45秒で何ができる?」の動画編集ではAdobe Premiere Proが必須です。

動画編集の内容はそれほど難しくないのですが、細かなキーフレーム操作とクロップ調整が結構面倒です。

なお、Adobe Premiere Pro操作方法からテクニック、動画編集の始め方を以下記事にまとめています。

動画編集 始め方

動画編集 始め方 無料で学ぶ Adobe Premiere Pro

2020年6月23日

また、その他のYouTuberのマネてみた動画一覧マネる手順と解説を参照してください。

動画編集 YouTuber

【動画編集】YouTuberをマネてみた一覧とマネる手順を一から解説

2020年3月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です