【Adobe Premiere Pro】人気YouTuberが使っているフォントの探し方と管理方法

YouTuber フォント
katakana_08_vu

「人気YouTuberが使ってるテロップと同じフォントを使いたい

「フォントがたくさんあるので見つからない」

どうやって探したらいいの?

人気YouTuberのテロップをマネしたいと思っても、同じフォントが見つからないとできません。

探そうとしてもフォントがたくさんありすぎてなかなか見つかりません。

ここでは人気YouTuberが使っているフォントを効率よく探す方法を解説しますので、参考にしてください。

また、Adobe Premiere Pro を使ってフォントを効率よく管理する方法についても説明します。

人気YouTuberが使っているフォントの探し方

人気YouTuberが使っているフォントを効率よく探すには、以下の順番でフォントを探すといいです。

  1. 既にインストール済みのフォントから探す
  2. Adobe TypeKitで探す
  3. フリーフォントから探す
  4. 有料フォントから探す

そして、似たフォントが見つかったら、Adobe Premiere Proで同一のフォントかを随時チェックします。

既にインストール済みのフォントから探す

そのフォントが自分のPCに既に入ってるか?をまず調べます。

「どうやって調べるか?」ですが、MacではFont Bookというアプリを使います。

Mac Font Book

Font Bookはフォントを管理するアプリで、Macにインストール済みのフォント全てをリスト表示できます。

例えば、

全体.00_00_36_04.静止画003_白

この「ネット上ですごく誤解を」のフォントを調べたい場合、Font Bookにその文字列を入力してフォントのリストから同一のフォントを探します。

スクリーンショット_2020-03-18_7_15_23_2

こんな感じでインストール済みのフォントでその文字列がどのように表示されるかを確認できます。

Aaをクリックしたこの画面で文字列を入力できます。

そして、似たフォントが見つかったら、実際にAdobe Premiere Proで表示してフォントを見比べます。それについは後述で説明します。

Adobe TypeKitで探す

Font Bookでインストール済みのフォントを探しても同じものが見つからなかった場合、Adobe Typekitにそのフォントがないかを調べます。

方法はいくつかありますが、最も簡単なのは以下手順です。

  1. MacのAdobe Creative Cloudを起動
    (Macメニューの右上にあるCreative Cloudをクリック)
  2. Adobe Creative Cloudの右上にあるAdobe Fontsを選択
  3. 「フォントを管理」をクリック
スクリーンショット_2020-03-18_7_35_41_2

「フォントを管理」をクリックするとAdobe Fontsのサイトにジャンプします。

スクリーンショット 2020-03-18 7.46.37

Adobe Fontsのサイトで同一のフォントがないかを調べて、見つかったらそのフォントをアクティベートします。

フリーフォントから探す

Adobe Fontsにも同一のフォントが見つからなかった場合、次はネットで探すといいです。

ネットには無料で商用利用可能なフォントがたくさんあります。

探したいフォントの特徴、例えばゴシック体であれば「フリー フォント ゴシック」と入力してググると候補のフォントがたくさん出てきます。

似たフォントが見つかったら、ダウンロードし、インストールします。

なお、フォントのインストール方法は簡単で、基本的にフォントファイル(拡張子がttf 、otf、ttc、eotなど)をダブルクリックしてインストール「OK」を押すだけです。

正常にインストールされたかの確認にも先ほどのFont Bookが使えます。

有料フォントから探す

フリーフォントにも見つからない場合、有料フォントから探すことになりますが、ここまでにだいたい似たようなフォントが見つかっています。

目的のフォントが有料フォントにあるとは限らないので、とりあえずはその似たフォントで代用することをおすすめします。

人気YouTuberが使っているフォント 調査

人気YouTuberが使っているフォントに似たフォントが見つかったら、実際Adobe Premiere Proでそのフォントを使って本物と見比べます

Adobeの動画編集ソフトパッケージ

  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe Creative Clound(通常版) 
  • Adobe Creative Clound(学生・教職員版)

方法は、動画のスクリーンショットを撮り、Adobe Premiere Proに取り込み、重ね合わせながらテロップを作るといいです。

スクリーンショット_2020-03-16_15_23_45_2

こんな感じです。

完全に同じかをチェックするには、入力したテロップの透明度を下げて本物と重ね合わせることで確認できます。

文字のサイズが同じだけど文字の間隔だけが合ってない場合、カーニングの値を調整するといいです。

なお、スクリーンショットの画像をそのままAdobe Premiere Proに取り込むとこんな感じになってしまいます。

スクリーンショット_2020-03-16_15_19_09_3

スクリーンショットの画像はシーケンスのサイズより大きいので、一部が拡大されて全体が見えない状態になります。

さらに、そもそもYouTube画面外のフレームまで画像に含まれているので、切り取り作業も発生します。

その調整のやり方については前回のこちらの記事を参照してください。

動画編集 人気YouTuber

【動画編集】人気YouTuberのテロップをマネるためのスクリーンショットの作り方

2020年3月16日

フォントの管理方法

人気YouTuberが使っているフォントと同一のものが見つかったら、そのフォントをテンプレート化して管理しておくといつでも簡単にそのフォントを使えるので便利になります。

レガシータイトル

レガシータイトルでは「フォントファミリー」から目的のフォントを選択するのですが、これが非常に使いづらいです。

スクリーンショット 2020-03-18 8.43.38

フォントファミリーのプルダウンメニューはこのように表示されるのですが、このリストの規則性がよく分かりません。

問題点をいくつかあげてみます。

  • フォントのお気に入り登録といった機能はない。全て表示される
  • アルファベット順のように見えるがそうではない
  • 「AaZあ…」の決まった文字のみ表示。サンプル文字を入力といった機能はない
  • ウィンドウがこんな感じで中途半端な形で表示される
  • フォント名がFont Bookの名称と違う
  • フォント名がエッセンシャルグラフィックスのフォント名と異なる

なので、フォント探しにものすごく時間がかかります

その問題を解決するために、よく使うフォントをスタイルライブラリに保存して管理することをおすすめします。

これがそのフォント管理用のスタイルライブラリです。

フォントのイメージごとにグループを作ることで、様々なYouTube動画で使用されているフォントを簡単に見つけられるように管理しています。

グループの分け方は人それぞれですが、上の画面では、怖い系、POP、手書き、角ゴシック、毛筆、明朝に分けています。

スタイルはイメージごとに色分けしてあり、スタイルはフォント名で保存してあるので、目的のフォントはカーソルを動かすだけで知ることができます

例えば、「怖い系」のフォントはスタイルライブラリの赤枠で囲った部分です。

そして、青枠の怖い系のスタイルでフォントの表示具合を確認しながらフォントを決めています。

さらに、フォントのイメージごとにシーケンス、レガシータイトル を作っておくと素早く目的のフォントを見つけだせるので便利です。

エッセンシャルグラフィックス

エッセンシャルグラフィックスの場合、お気に入りのフォントのみを表示させることができます

スクリーンショット 2020-03-18 9.25.30

よく使うフォントの★にチェックをつけておき、フォントを選ぶときにその★をクリックすることでお気に入りのフォントから選ぶことができます。

ついでに、お気に入りと同様にAdobe Fontsのみから選ぶこともできます。

ただ、お気に入りにフォルダー機能はないので、イメージごとに分けることはできません。

そこで次の管理方法を考えてみました。

イメージ毎にエッセンシャルグラフィックスを作り、さらにその中に、

  • 複数のフォントで文字列を表示
  • 表示したいスタイルごとにエッセンシャルグラフィックスのグループを作成
  • 表示したいスタイル以外のグループを非表示

こうすれば目的のフォントを簡単に見つけ出せます。

ただ、レガシータイトルのとき以上に管理が面倒なのでおすすめはしません。

さらには、

  • よく使うフォントはお気に入りにチェック
  • 表示したいスタイルをマスターテキストスタイルに保存
  • イメージごとにモーショングラフィックステンプレートで保存

とすればもう少しうまく管理出来そうですが、そもそも、エッセンシャルグラフィックスは発展途上の機能で出来ないことがこれ以外にもたくさんあります。

そのうち機能が追加されて、管理機能も便利で使いやすくなると信じて管理はほどほどにします。

モーショングラフィックステンプレートについてはこちらも参考に。

動画編集 マナブ

【動画編集】ビジネス系 YouTuber(マナブ)の動画をマネてみた

2020年2月25日

まとめ

人気YouTuberが使っているフォントと全く同じものを探すのはかなり大変です。

ここで書いた手順である程度似たフォントは見つかるので、それで代用するのが良いでしょう。妥協は必要ですね。

その見つけたフォントをいつでも簡単に呼び出せるようにフォント管理は必要です。

ただ、エッセンシャルグラフィックスはそれ自体がまだ発展途上なので、今はレガシータイトルのみフォント管理を効率化させることをおすすめします。

なお、YouTuberをマネてみた動画編集一覧マネる手順と解説を以下記事にまとめています。そちらも参考にしてください。

動画編集 YouTuber

【動画編集】YouTuberをマネてみた一覧とマネる手順を一から解説

2020年3月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください