【2021年】Airbnbではなく定額住み放題サービス ADDress を選んだ理由

ADDress 住み放題
ホテル

「家を持たないノマド暮らしをしたい」

「仕事はテレワークなので、場所は固定でなくていい

「テレワークするので、静かな個室がいい

コロナの影響もあって、場所を選ばずに働けるワークスタイルが一般的になってきました。

僕も8月から定額住み放題サービスの一つ、ADDressを使ってノマド生活を始めます。

ADDressを選んだ理由をまとめました。参考にしてください。




コロナ禍 一時帰国時の滞在先

2020年9月末、タイから日本に帰国してから東京、沖縄、大阪を、Go Toトラベルを活用しながらホテル暮らししてきました。

Go To トラベル 東京

Go To トラベル 東京 宿泊したホテルを紹介します

2020年10月31日
Go To トラベル 沖縄

Go To トラベル 沖縄 宿泊したホテルを紹介します

2020年12月17日

その後、親の介護のために一時的に実家暮らししましたが、またノマド生活に戻り、今Airbnbでアパートの部屋を借りて生活しています。

今はコロナワクチン接種待ちとタイ、ベトナムの開国待ちの状況ですが、2021年6月現在、東南アジアも日本同様にコロナ感染がまた拡大していて、どうもあと半年は無理っぽい状況です。

そこで、しばらく日本で一時滞在するのに適した方法を調べました。

一時帰国 宿泊

コロナ禍 一時帰国時の滞在先・宿泊先の探し方

2021年6月18日

結果、しばらくは定額住み放題サービスの一つ、ADDressでノマド生活することに決めました。

定額住み放題 ADDress

ADDressについては、こちらの動画を見てください。

【ADDress】サービス説明動画(2021年〜)(ADDress【定額制住み放題】多拠点コリビング(co-living)サービス)

住み放題サービスの特徴として、以下があげられます。

  • 定額4.4万円(税込)で全国のADDressと提携した家に住み放題
  • 一度に予約可能な宿泊日数は、14日間まで
  • 同じ場所に予約可能な連続宿泊日数は、最大7日間
  • 宿泊を消化すれば追加で連泊可能。ただし、同じ場所に宿泊可能な日数は、一ヵ月に14日間まで
  • プライベート空間を確保できる(個室8割、相部屋2割)
  • 住民票を置ける

定額住み放題 ADDressを選んだ理由

「プライベートな空間を確保しつつ、人との交流がある」が、ADDressを選んだ最大の理由です。

他の人気の宿泊サービス、Airbnbでもそこそこ安い料金でプライベートな空間を確保できるのでよく利用しています。

ですが、Airbnbの場合、人との交流が全くないです。

Airbnbでゲストハウスを利用すればいいんですが、それだと相部屋になってしまいます。

プライベートな空間がないだけでなく、マナーが悪い人が同じ部屋にいるとストレスが溜まります。

沖縄 おすすめ 安宿

沖縄 おすすめの安宿(ゲストハウス等)と問題点【2021年】

2021年1月9日

また、ゲストハウスを利用するほとんどは、「宿泊費をなるべく安くしたいから」が理由で選んでいて、人と交流は望んでいないケースが多いです。

その点、ADDressは以下を理念に掲げています。

都市と地方を行き来する「関係人口」を増やしたい

なお、ADDressに入会するには、面談を受ける必要があります。

人と交流したくない人はADDressに入会できないので、多拠点生活を楽しむ仲間が集まります

提携宿には家守(やもり)という家主がいますので、地域の魅力を発見する出会いもあります。

さらに、宿はほとんどが個室なので、共同生活を楽しみながらもプライベートの空間を確保できます。

また、ADDress提携先のドミトリーベットの一つを自分の住所に登録することができます。住民票を取ることができます

日本では住所不定で生活できないので、ノマドワーカー、アドレスホッパーにとって住民票を取れるのは嬉しいサービスです。

アドレスホッパー 住民票

アドレスホッパー 住民票をどこに置く?

2021年6月17日

そういった理由から、ADDressを選びました。

ADDressの詳細は、ADDressの公式サイトや事務局が発信されてるADDress Webマガジンを参照してください。

ADDress ノマド生活

ADDressの契約は完了したので、2021年8月1日からADDressでノマド生活始めます。

同時に、もみノマド(Momi Nomad)として、YouTubeでノマド生活を発信します。

(再生回数を増やすために)これまで女性をメインで、僕は動画編集やカメラマンとしてYouTube活動してきましたが、ADDressの掲げる以下ビジョンをテーマにYouTube活動しようと思います。

  • 全国創生
  • 都市と地方を行き来する「関係人口」を増やしたい

動画の再生回数は気にしませんw。チャンネル画面もそのように変更しました。

集まる仲間によっては、もしかしたらもう一つのYouTubeチャンネル、Momi Meets Girlsも活動再開するかもしれません。

さらにYouTubeチャンネルを2つ立ち上げる予定で、その活動でも個室が必要。

YouTube活動再開に向けて、これからAdobe Creative Cloudを再契約して動画編集を再開します。

追記: 2021年7月17日 ADDress 退会

事情により、ADDress契約開始前に退会しました。

入会から調べた結果、残念ながら、現段階ではADDressはあまりおすすめできません。

運営がもう少し改善されてから再検討することにします。