セブ Costabella Tropical Beach Resort マリバゴ にある隠れリゾート

セブ Costabella Tropical Beach Resort






セブ Costabella Tropical Beach Resort

セブ マクタン島にはたくさんリゾート施設があります。日本人観光客をターゲットにした高級リゾート施設が多い中、このコスタベラ・トロピカル・ビーチ・リゾート(Costabella Tropical Beach Resort) は比較的お手頃な価格で利用でき、デイリーユース(日帰り利用)も可能。こちらのフィリピーナと一緒に行ってみたので簡単にレポートします。

場所

Costabella Tropical Beach Resortは奥まったところにあるので、場所が分からないタクシーの運転手もいると思いますので、タクシーに乗る前に分かるかを確認しておいたほうがいいです。

ジプニーで行く場合、まず、別のリゾート施設、Malibago Bluewater Beach Resort and Spaを目指します。そこで一旦降り、ここからトライシクルに乗り換えます。

今回、その近くにある人気のフィリピン料理レストラン、マリバゴグリル(Maribago Grill)からトライシクルで行きました。

トライシクル料金
区間: Maribago Grill – Costabella Tropical Beach Resort
料金: 100ペソ

Malibago Bluewater Beach Resort and Spaを超えると一気にローカルエリアに突入します。ここは観光地ではないので、フィリピン慣れしてないと徒歩では危険と思います。何より、Malibago Bluewaterから1kmぐらいの距離があるので、歩こうとは思わないでしょう。ローカルエリアなので、簡単にトライシクルを捕まえられるのでそれで行くといいです。

以下サイトでCostabella Tropical Beach Resortに行くまでについて詳しく書かれているので、参考にするといいです。

コスタベラ・トロピカル・ビーチ(COSTABELLA TROPICAL BEACH)宿泊体験記!中世スペイン調の南国リゾートホテル
出典: プレシャスセブ島

Costabella Tropical Beach Resort 入り口

敷地の道路に入る前にセキュリティーチェックがあり、この入り口にも門がありとセキュリティーは厳重でした。ここから先はトライシクルでは行けません。

ここで降りて歩いて行きます。

フロント、レストラン

こちらがCostabella Tropical Beach Resortの建物。中に入ると、

レストランのレジ兼フロントで日帰り、デイリーユースを伝えて会計します。

料金
入場料: 1,200ペソ (食事付き)
バスタオル: 100ペソ

(2018年10月2日)

貴重品はこのフロントで預けます。荷物を預けたら番号のついた札を受け取ります。荷物の出し入れは自由ですが、カジノ施設と同じように、専属スタッフに札を渡して荷物を受け取るので、ちょっと面倒でした。

ランチがついていて、いくつかのメニューから選べます。パスタ、BBQを注文したのですが、スマホを貴重品としてフロントに預けた後だったので写真を撮ってません。

バスタオルはフロントではなくプールの係員に言って受け取ります。

更衣室

シャワールームに更衣スペースがあるので、そこで着替えます。トイレも更衣室と同じ建物ですが、シャワールームと別なので汚くはなかったです。他のリゾート施設より良かったです。

プール

レストランを抜けるとプールが見えてきます。

ベンチはかなりの数が用意されているので、十分確保できます。

ここは子供用。小さな滑り台もあります。

もう一箇所。

ここのプールはかなり深く、場所によっては140cm以上あったと思います。

ボールが何個かあるので、フィリピーナとボールを投げ合って遊びました。

ビーチ

このヤシの木をくぐり抜けるとビーチがあります。

ビーチの周りにもベンチがたくさんありました。

Be Resortでおなじみの球状のベンチもあり。

あわせて読みたい

セブ島 Be Resort お得なリゾート 2018年 3年前からどう変わった?

カラフルなベンチもあり。

こちらのベンチは木陰でくつろげるので最適な場所でした。

ビーチですが、ここはダメです。ここのビーチは泳ぐようなところではないです。見ての通り、藻で色が変わってます。明らかにBe Resortの方がマシでした。

アクティビティ

パラセーリング、ジェットスキー、バナナボートがあったようです。

また、アイランドホッピングもここから出発できるようです。入場の際、記帳をさせられるのですが、そこで何人か日本人観光客がデイリーユースでいたもののこのプールには全くいなかったので、日本人観光客は皆アイランドホッピングにでかけたようです。

ここでジェットスキーをやりました。

アクティビティ料金

アイランドホッピング: 1,200ペソ
ジェットスキー 30分: 1,500ペソ

どっちにしようか悩んだんですが、一緒のフィリピーナが「ジェットスキーしたい!」というのでそちらを選択。アイランドホッピングだと2人分必要ですが、ジェットスキーは1台の料金なので、2人で利用しても同じ。実際は、係員が一緒に乗るので3人乗り。

これが楽しい!

3人で乗り、一番後ろに係員が乗り、運転席とその後ろに客が乗るというスタイル。半分の15分で交代して運転したのですが、彼女は経験者なので運転がうまいので係員は後ろに乗っているだけでした。僕はというと、飛ばしまくり!波でバンバン飛び跳ねて、スリルがあって楽しかったです。終わった後に「You. very fast」と言われたものの、あれだけアクセル回しても速度制限はなく、自由に運転できました。

15分でもかなり離れたところまで行けて、このCostabella Tropical Beach Resortが見えなくなってしまうのですが、係員が帰り道を案内してくれるので心配ありません。係員がついている理由がよく分かりました。個人で行ったら戻って来れなくなります(笑)。

なお、ジェットスキー等のアクティビティは全てフロントでお願いすること。今回それを知らずに、ビーチ沿いの木陰のベンチ近くのダイビングショップで頼みました。確認したところ、ジェットスキーの料金は同じだったのですが、後でチップを要求されました。仕方がないので100ペソあげましたが、フロントにも「チップは渡さなくていい」と言われたことや、Costabella Tropical Beach Resortに全て任せるのがいいと思うので、アクティビティはフロントでお願いしたほうがいいと思います。

まとめ

Be Resortと同じようなリーズナブルな料金設定。ランチも美味しく、セキュリティーもしっかりしてるので、オススメです。

ただ、プライベートビーチは泳ぐ気になれない汚さでしたし、プールだけを楽しむならWestwon Lagoonの方が断然大きくて、施設も充実しています。

あわせて読みたい

Westwon Lagoon セブ島 で一番楽しめるプール [2018年]

なので、ここCostabella Tropical Beach Resortはセブ島のリゾートをリーズナブルな価格で楽しむ、と割り切って行くといいでしょう。















最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプ
をおすすめ!
●話し放題
●予約不要
●チャットアプリが最高
1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

また、写真のフィリピーナが気になる方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください