セブ島 歓楽街 マンゴーストリート 2018年 3年前からどう変わった?

セブ島 歓楽街 マンゴーストリート






セブ島 歓楽街 マンゴーストリート

セブ島の歓楽街として有名なマンゴーストリート(Mango Street)。マンゴースクウェア(Mango Square)のある通りのことを呼びます。地名でマンゴーといえば通じます。

3年前、2015年にも数回マンゴーストリートには来ています。

あわせて読みたい

セブの歓楽街、マンゴーストリートに行ってみた。

2018年9月、この3年でどう変わったのかをまとめてみようと思います。

セブ島 歓楽街 マンゴーストリート 場所

まず、マンゴスクウェア(Mango Square)の場所はこちら。

この地図にマンゴーストリートとジプニー降り場の印をいれたのがこちらの地図。

マンゴーストリート

セブで有名な大きなロータリー、オスメニアサークル(Osumena Circle)から東に延びた道、General Maxilom Aveがマンゴーストリートです。四角で囲ったMango Squareの周辺にクラブ、バー、Go Go Bar、レストランが集中しています。

このエリアを超えると何もないです。夜のお店どころか普通のレストランやスーパー等もありません。なので、これ以上先は夜は歩かないほうがいいです。

ジプニーでの行き方

ラフグ(LAHUG)からジプニーで行く場合、17B、17Cに乗ればいいです。オスメニアサークルをぐるりと周った後、17Bの場合はRobinson Mallの手前の南下する大通りで、17Cの場合はRobinson Mallを超えてその脇道を南下するところでジプニーを降ります。そこから歩いて数分でMango Squareに着きます。

帰りのジプニーは別のルートを通ります。このGeneral Maxilom Aveをそのまま東へ進み、(上の写真の)教会を超えたところで南北に延びる道との交差点からラフグ(LAHUG)に戻ります。Mango Squareの前で教会に向かう17B、17Cに乗ればいいです。

マンゴーストリート 昼間の街並み

このマンゴーストリートはGo Go Barの呼び込みがしつこいので、いきなり夜に訪れるとのんびり店選びや観光ができないです。ストリートチルドレンや娼婦もうろついていて、危険な目に遭う可能性もあります。なので、そういった邪魔者がいない昼間にまずは観光するといいです。

マンゴーストリート 昼間のバー

マンゴーストリートの昼間はうっとおしい勧誘がないので、安心してGo Go Barを見学できます。正面に見える大きい店舗が、PLANET X。その両隣に小さな別のGo Go Barがあり、ジョリビーの看板の見えるその隣のビルも一階、地下に低価格帯のGo Go Barがいくつか入っています。この辺りは2015年から変わってません。

道路を挟んで向かいにSPORTS BARができてました。以前はGo Go Barだったはずです。

その隣には店名が変わってるようです。

そして、後で紹介するGo Go BarとKTVの中間的なお店、Aquarium。以前はLOVE CITYだった場所です。

マンゴーストリート 腹ごしらえ

ジョリビー、マクドナルド、INASALといったファーストフード店がたくさんあり、Mango Square Mallにもいくつかレストランが入っているので、味にこだわらなければレストランに困ることはないです。パッと見た感じ、3年前の2015年と変わってないです。

たぶん3年前はなかったはずのレストランとして、

麺屋 一路発 168RAMEN。ラーメン屋ですね。

値段は300ペソから400ペソが中心。日本円で800円から1,000円。高いですね。昼時でしたがお客はほとんどいませんでした。たまたまかもしれませんが。

AYERS LECHON。レチョンのレストラン。ここで食べてみました。

104ペソ。これにドリンクが40ペソ。合計144ペソ。

味はどうなんでしょう?レチョンを食べ比べないとわからないですが、感激もなく普通。以下サイトでNo.1のレチョンと紹介されているRICO’S LECHONと比較してみたいですね。

昨年2017年まではセブ市内にも3店舗あったのですが、現在はマクタン島の空港近くの1店舗のみとなってしまいました。

今まで俺セブではRICO’S LECHONのレチョンをNo1 レチョンとして推していたのですが残念です(泣)

出典: 【RICO’S LECHON】セブ島でレチョンが美味しいフィリピン料理店

マンゴーストリート 宿泊先

マンゴーストリートを歩いていて、「ここ泊まってみたいな」と思ったコンドミニアムがこちら。HORIZONS CEBU。Airbnbで予約できます。プールもあるそうです。

宿泊予約サイトでチェック

Booking.com

Agoda

マンゴーストリート カフェ

一番目立つカフェが、Coffee Bean Scent。夜遅くまで空いているのでGo Go Barのはしごの休憩に便利かと。

BOOKS & BREWS CAFE 歓楽街 マンゴーストリート

それよりオススメなのが、BOOKS & BREWS CAFE。マンゴーストリートにある快適なカフェです。昼間の時間つぶしやPC作業に便利です。こちらの記事を参考に。

あわせて読みたい

BOOKS & BREWS CAFE 歓楽街 マンゴーストリート の昼間にいかが?

マンゴーストリート 夜 腹ごしらえ

ジュリアナのあった場所、今でもClub Hyper、ULTRAのある場所から一段上がったところに屋台がたくさん出店してました。

フィリピンでおなじみのチキンや豚を串にさして焼くBBQのお店が多かったです。

串が20ペソから75ペソ。ライス、ティー付きで105ペソといった価格。普通の値段。悪くないです。ここで食べる客はフィリピン人ばかり。韓国人、日本人は見かけませんでした。

マンゴーストリート 夜 ファミリーカラオケ

Mango Square Mallの中にあるファミリーカラオケがあります。

SONG HITS!。料金はこちら。

6人スペースの部屋で最安1時間99ペソ。安いですね。Comsumableは2時間の利用料金と飲み放題、食べ放題。。。のはずです。ITパークにあるファミリーカラオケ、MUSIC ONEと同じシステムなら。

道路を挟んだ反対側、昔ジュリアナがあった方のビルの奥にあるファミリーカラオケ、LYRICS

料金システムが細かくあるのですが、最安だと、6人スペースで1時間69ペソというのがあります。SONG HITS!より安いですね。Comsumableもこっちの方が安いようです。たぶん、どちらもビデオケ(フィリピンの家庭用カラオケ)に毛が生えた品質と予想。入っていないので想像ですが。

マンゴーストリート Clubとプールバー

そのファミリーカラオケ、LYRICSの隣にHOLIC LIVEというClubとプールバーがあります。

入り口はそれぞれ分かれていて、今回はClubに行かずにプールバーの方へ。こちらがその入り口。入場料はプールバーなので無料。

ビリヤードは有料。

ステージもあるのでライブなど催されているのだと思います。たぶん。

ジュリアナがオクタゴンに移転した後もマンゴスクウェアは健在です。

Clubは、HYPERULTRAが営業してました。どっちがどっちか忘れましたが、料金書いておきます。

HYPER、ULTRA料金
入場料: 100ペソ。出入り自由。どっちかが無料。
Mango ジュース: 60ペソ、サンミゲルライト: 70ペソ

こちらはHYPERの中の様子。とにかく、音量が半端なくうるさかったです。うるさくて話し声が全く聞こえません。

夜中に行くと中は客で満席だったのですが、フィリピン人のみ。それも友達同士で固まっていました。3年前のジュリアナで見たナンパ街のフィリピーナや物色する日本人韓国人男性は皆無。全く雰囲気が違ってました。3年前はHYPERに入ってなかったのでここは前からそうだったのかもしれませんが。とにかく、日本人男性が一人ここで楽しめる雰囲気ではなく、すぐに出ました。

ULTRAのほうも似たような感じだったかと。とにかく、うるさい。ジュリアナもこんなにうるさかったかな?

ちなみに、ジュリアナが移転したオクタゴン(Club OQTAGON)ともう一つの人気のクラブ、LIV SUPER CLUBについてはこちらの記事を参考に。

あわせて読みたい

セブ島 シティ・タイムスクエア 夜の過ごし方

SPORTS BAR

欧米人男性が集まる場所、SPORTS BAR

セブ島にはアジア人はそれなりに見かけるのですが、欧米人をほとんど見ません。アンへレスではあれほどいた欧米人もここセブ島のGo Go Barでもそんなにいません。どこにいるのかと思いきや、いました。このSPORTS BARに。ここは欧米人男性の溜まり場でした。なので、セブ島でネイティブと英語を話す練習がしたければ、ここSPORTS BARにくるといいですね。日本人女性なら拒む人はいないかと。語学学校やセブ島のローカルで話相手探すよりここにきた方が遥かに練習になりますよ。

Go Go Bar Aquarium

2018年9月23日にオープンしたKTVとGo Go Barが融合した感じのお店。オープン日に行ってきたので情報を書いておきます。

場所

元々Go Go BarのLOVE CITYだった場所。2018年9月23日にAquariumとしてリニューアルオープンしました。

店の雰囲気

中は豪華で広々としたスペース。清潔感があって、ゆったりとしたソファーでくつろげます。写真を撮らなかったのが残念。また行った際にと思ってたのですが、忙しくて行けなくなりました。

システム

料金

サンミゲルライト: 80ペソ
女性ドリンク: 300ペソ
バーファイン: 5000ペソ

入場料はなく、自分のドリンク1本のみでソファーに案内してくれます。ショーアップを頼まない限りずっと一人で飲んでいられた雰囲気でしたが、Go Go Barのように女の子がステージで踊るのではなく、ステージはお客とカラオケを楽しむスタイル。KTVとGo Go Barが合わさった感じでしょうか。女性指名料もなしで、女性ドリンクの代金のみです 。

この日支払ったのは、自分のドリンク:80ペソ + 女性ドリンク:300ペソ * 2本 =680ペソ。

料金がドリンクのみで女性指名料もなく、時間制限もないことから、お客に持ち帰ってもらって収益が出るシステムのようです。そのせいか、ここはかなりのおさわりがOKのお店です。周りの客も皆そういった雰囲気になっていて、他の低価格Go Go Barよりエロいです。他のバーでよくあるママさんドリンクはないです。セブでGo Go Barで選ぶならここがベストかと。

女の子

Aquarium (A)

童顔で可愛らしい子。体型もそれほど悪くなく、愛嬌もありよかったです。

KTV & BAR Volvo

Go Go BarのVolvo

場所

オスメニアサークルからRobinsonsに出てすぐのところにあります。ネオンがひときわ目立っているのですぐに分かります。

店の雰囲気

ちょっと古ぼけた感じのお店。フィリピーナは店に入って奥の方で待機していて、入った手前から座席が並んでいる形。なので、客待ちのフィリピーナ全員に見られるのがどうも落ち着かないですね。

ステージでは一人一人ポールダンスしていきます。ポールダンスといっても、アンへレスのClub Atlantisのそれとは違って、たいしたことはないです。

あわせて読みたい

Go Go Bar アンへレス フィールズアベニュー 地区ガイド

ここは日本人、韓国人含め外国人はほとんどいません。客はそこそこ入ってるのですが、僕が行った時は客は全てフィリピン人男性でした。

システム

料金

カラオケ付きVIPルーム: 1,500ペソ
サンミゲルライト: 174ペソ
女性ドリンク: ?ペソ
バーファイン: ?ペソ

入場料があったのか、女性ドリンクがいくらだったのか忘れました。ここも次回行った時にと思ってたのですが、1回きりで行ってません。VIPルームの料金はママさんに聞いた値段。

女の子

写真を撮らせてくれなかったので、ないです。全体的にあまり日本人好みの子はいなさげでした。接客対応もフィリピン品質のように感じました。

まとめ

2015年に比べて、マンゴーストリートのClubのあるエリアは外国人がかなり減ってしまっているように感じました。ジュリアナがなくなり、オクタゴンかPark MallにあるLIV Super Clubに人気が移ってしまったのかもしれません。

ただ、それでも夜はフィリピン人で賑わっていて、娼婦も結構いました。Clubが賑やかになるまでベンチで娼婦としゃべって時間を潰してました。ちなみに、その子は「2,500ペソでどう?」と言ってました。レディーボーイでもない、普通に可愛い子でしたよ。買ってませんが。

ファミリーカラオケが安いので中を覗いてみたかったのと、あと、HOLIC LIVEでお酒を飲みながらビリヤードして過ごすのもいいかなと思いました。Aquariumでフィリピーナを持ち帰ったら寄ってみてはいかがでしょう?

あと、Go Go Barを満喫しつつ、英語も勉強したい人には、ユニバースイングリッシュ(Universe English School Cebu)をオススメします。まさにこの語学学校はマンゴーストリートにあるので、真夜中でも徒歩でGo Go Barを探索できるので便利です。

セブ島 語学学校一覧 オスメニアサークル【2019年】

2019.01.17

ただ、寮に連れ込みはできないでしょうから、その際はその周りのホテル、Horizons 101などをのホテルを取るといいですね。

その他マンゴーストリート周辺のおすすめホテルはこちらを参考にしてください。

セブ島 マンゴーストリート 夜遊びにおすすめなホテルは?【2019年】

2019.02.27












セブ島 歓楽街 マンゴーストリート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください