パンソル 温泉 マニラから一番近い温泉街だが…

パンソル 温泉
観光日

観光日: 2018年3月19日




パンソル 温泉 場所

マニラからほど近い温泉地で有名なパンソル(Pansol)。場所はこちら。

このパンソルを拡大し、印をつけてわかりやすくしたのがこちら。

上図のように、パンソルには数え切れないほどの温泉施設があります。

この中でもガイドブックやサイトでよく見かけるのが印をつけたこれらの施設です。

  • Monte Vista Hot Spring & Conference Resort
  • Laguna Hot Spring Resort
  • La Vista Pansol
  • Sol Y Viento Mountain Hot Springs and Resort

後ほど紹介します。

なお、カランバ、パンソル、ロスバニョスのおすすめのホテルについてはこちらの記事を参考にしてください。

パンソル おすすめ ホテル

ルソン島 パンソル、ロスバニョス、カランバ おすすめのホテルは?【2019年】

2019年4月12日

パンソル(Pansol) ジプニー乗り場周辺

カランバ(Calamba)からジプニーでパンソル(Pansol)に行けます。

あわせて読みたい

ルソン島 カランバ 観光地 から近くの便利な街

一本道なので迷うことはないのですが、目印となるものがないのでこのスマホの地図アプリ、GPSで位置確認しながらこの付近で降りるといいです。

セブンイレブンがあって便利ですので。周りにはコンビニがないので、地図アプリと外の景色を見ていればわかります。

ここからパンソル(Pansol)の温泉街になります。

パンソル(Pansol) 温泉街

このセブンイレブンから少しロスバニョス(Los Baños)に向かって歩くと、

Monte Vista Hot Spring & Conference Resortが見えてきます。

ここもよく知られた施設のようですが、中をちらっと確認したところ入りたいと思わず。通り過ぎることにしました。

道路のこちら沿いに他よさげな施設はなく、ここから山に向かって数百m先にあるSol Y Viento Mountain Hot Springs and Resortだけが行きたいと思えるところでした。それについては後ほど。

道路を渡って反対側に行くと、

まずこのPNRの線路を渡ります。

パンソルの温泉街の風景です。

土産物屋やレストランが立ち並んで観光客で賑わっているのかと思いきや、普通のフィリピンの田舎の風景でした。

まず、フィリピン人ですらここの住民以外いません。あらかじめガイドブックやネットで調べておかないとどこが観光エリアか全く分からないです。

道路から一番近くにある温泉施設。

 

ここも。

看板があるので分かるのですが、なければ普通の民家との判別がつかない普通の家です。外観からはリゾート施設っぽさが感じられないです。

ガイドブックだかネットだかであらかじめ調べていたLAGUNA HOT SPRING RESORT

この外観と中をチラ見して、ローカルの作りと判断して中に入るのはやめました。

ここからLa Vista Pansolに向かいます。

ちなみに、周辺にはそこらじゅうにLa Vista Pansolの看板が出ていて、その看板を見る限り、この辺で一番まともっぽい感じがしました。

La Vista Pansol

La Vista Pansolの正面入り口。

日帰り料金
利用施設: プール、温泉
料金: 250ペソ

その他アスレチックのようなものも含まれているのですが、それについては後ほど。

La Vista Pansolにはいくつかプールがあり、ここが滑り台もある大きなプール。でも、だれも滑ってません。

というか、平日の午前は僕以外に数人しか客がいなくて、ほとんどのプールで貸切状態でした。ただ、

貸切りといってもここでは泳げませんね(笑)。

流れるプールもありました。水があまり綺麗じゃなかったので入ってないので流れているか確認してませんが。

プールの水はこんな感じです。濁ってるのといろいろ浮いていて綺麗ではなかったです。

別のプールではようやくリゾート施設らしい光景が。子供達が楽しんでました。

しきりに「写真を撮ってくれ」とリクエストがあったので撮ってあげました。

屋根のついた子供用のプールなのですが、誰もいませんでした。ここのプールが一番汚く古びていて、入りたいとも思いません。

一番快適だったのが、この波のプール。

開放感があり、水も比較的綺麗でこの施設の中で一番快適に過ごせました。数十分いましたが誰も来ず。貸し切り状態。

ただ、平日は波は出ないということでその点は残念でしたが。

プール際にはこういったグループで食事をするテーブルや、

コテージがあります。フィリピンのリゾート施設では一般的ですね。

なお、La Vista Pansolのプールは普通の水です。温泉ではありません。

温泉は受付近くのこの2つの小さなプールのみ。一方は大人、もう一方は子供用と分かれてました。

お湯はかなりぬるく、30度あったかどうか。温水プールのもうちょっとあったかいかなといった温度。

ここも誰もいませんでした。それに葉っぱや何かが浮いていてここも汚かったです。

プールに隣接してアスレチックや動物園っぽい施設もあったのですが、工事中なのかよく分からない状態。

周りはゴミが散乱していて、何やら作業しているおっちゃんがたくさんいました。なので、中にはいってみてみようとも思わず。

その他いろいろアクティビティがあるそうなのですが、やってるのかどうかもよく分からないいい加減な状態。

バスケットは使えそうでしたので、グループで来たら利用してみるといいでしょう。

Sol Y Viento Mountain Hot Springs and Resort

先ほどのLa Vista Pansolのある側とは道路を挟んで反対方向、カランバからロスパニョスへの方向側にSol Y Viento Mountain Hot Springs and Resortというリゾート施設があります。

ただ、ここは他のリゾート施設から離れた山側にあり、歩いて行くと結構大変です。大通りでトライシクルを捕まえて行くと良いでしょう。50ペソも渡せば十分かと。

大通りの裏は何もないです。サリサリストアすらほとんどないです。

Sol Y Viento Mountainに向かう途中、リゾート施設の看板がたくさんある場所がありました。

他のリゾート施設を利用する場合、ここにくれば少なくとも方角は分かるでしょう。

その看板からSol Y Viento Mountainまでの道は急な登り坂。

写真では伝わりにくいでしょうが、かなり急です。スーツケースなど大きな荷物がある場合、ここはケチらずトライシクルを利用しないと後悔します。そうでなくてもちょっと後悔しました。

15分ぐらいでしょうか。看板のあるところからひたすら登るとSol Y Viento Mountainの入り口にたどり着きました。

ただ、残念なことに、Sol Y Viento Mountainは平日休みでした。中に入れず。週末の金、土、日のみオープンしているとのことです。

まとめ

パンソル(Pansol)は温泉で有名な観光地との情報から行ってきましたが、残念ながらターゲットはフィリピン人です。数え切れないほど施設があるのですが、作りはローカル。ほとんど全ての施設でとても利用したいとも思いません。

La Vista Pansolだけがまだマシでしたが、それでも日本や海外のリゾート施設慣れした外国人にはちょっと厳しいですね。

実際、日本人や欧米人はおろか、韓国人、中国人すら外国人観光客はいませんでした。僕一人だけでした。

今回残念ながら中に入れませんでしたが、Sol Y Viento Mountainは外観は良さげでした。Agodaで見たところ、プール、温泉、ホテル全ていい感じに見えたので、今度行ってみようと思います。

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった













オペレーター

最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプをおすすめ!

  • 話し放題
  • 予約不要
  • チャットアプリが最高

1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください