YouTube 動画編集初心者にもAfter Effectsが必要な理由

YouTube 動画編集 After Effects
動画編集

「YouTubeの動画編集を始めたい」

「ソフトはAdobe Premiere Proだけでいい?After Effectsはいらない?」

After Effectsがあると何がいいの?

YouTubeを始めるには動画編集ソフトが必要です。

動画編集ソフトはAdobe Premiere Proを使えば良いのですが、購入時にAdobe Premiere Proのみで良いのかAfter Effectsも入ったコンプリートプランが良いのか悩みますね。

結論を言うと、After Effectsも必要です。

Adobe Premiere ProとAfter Effectsの違い、After Effectsが必要な理由を説明します。




Adobe Premiere ProとAfter Effectsの違い

Adobe Premiere ProとAfter Effectsの違いは以下YouTube動画を見ると分かりやすいです。

簡単には、Adobe Premiere Proはタイムラインに素材を乗せていくのに対し、After Effectsではその素材を作成するのに使うツールです。

例えば、YouTube動画ですと、こんな感じの凝ったオープニングアニメーション動画です。

複数の部品(複数トラック)を同時にアニメーションさせるのでAfter Effectsが必要です。

ここまで複雑でなくても、基本的にオープニングムービーはAfter Effectsで作り、それをPremiere Proに取り込むのが一般的です。

こういったアニメーションをPremiere Proでも作ることは可能かもしれないですが、After Effectsで作るのに比べて何倍も作業時間がかかります。

その他Adobe Premiere Proのチュートリアルでも紹介されているこちらの動画でもそれら違いを説明されています。

【初心者向け】After EffectsとPremiere Proの違い、使い分けについて

YouTuberとしてAfter Effectsは必要?

先ほどのような複雑なオープニングムービーは必要かを自分のYouTubeチャンネルで考えてみます。

まず、オープニングムービーを複雑にしてもチャンネル登録者数、再生回数が伸びるとは限りません

むしろ、あまり変わらないと思います。

オープニングムービーではAfter Effectsの必要性はそれほどないですが、部分的に使いたいときがあります。

例えば、集中線等のエフェクトです。

動画編集 集中線

動画編集 YouTuberがよく使う「集中線」のエフェクトを簡単に作る方法

2020年3月10日

単純なエフェクトならフリーサイトからダウンロードすればいいです。

高品質でよく使うエフェクトは有料サイトで購入するのが良いです。もしくは、クラウドソーシングで外注するのもいいでしょう。

でも、エフェクトもそこそこ料金がかかるので毎回やちょっとしたエフェクトまで外注するのはコスパが悪いです。

例えば、星がキラキラ光るエフェクトならIllustratorで星の図形を作り、それをAfter Effectsに読み込んでキラキラとアニメーションさせればいいだけなので簡単に作れます。

投稿する動画がAfter Effectsを使わない動画で、YouTuberのみで収益を十分に確保できるのであればAfter Effectsは必要ないです。

YouTuberとしては、After Effectsはなくてもいいけど、あった方が便利といったところでしょう。

YouTube動画編集者としてAfter Effectsは必要?

普通はYouTubeチャンネルの収益のみでYouTubeビジネスはかなり困難です。

そこで、YouTubeをビジネスとして考えるのであれば、動画編集者も含めるのが現実的です。

その場合、(Adobe Premiere Proだけでなく)After Effectsも必要になってきます。

例えば、マコなり社長風のビジネス系YouTubeの動画編集を受注したとします。

動画編集 マコなり社長

【動画編集】ビジネス系 YouTuber(マコなり社長)をマネてみた

2020年3月26日

ビジネス系YouTubeの動画編集では集中線などのエフェクトは基本的に必要ありません。

でも、マコなり社長の動画ではオープニング時にロゴアニメーションがあります。

これをPremiere Proで作ることもできますが、After Effectsで作った方が楽でしょう。

今回そのロゴをPremiere Proで作って納品したとします。

でも、発注者から「ちょっとここをこういう風にアニメーションを追加してくれないかな」と希望要件があったとします。

その要件を実現するのにPremiere Proでは作業が大変なのでAfter Effectsが必要になることもあります。

それが出来ないなら誰でも作れるYouTube動画編集者ですので、Adobe Premiere Proだけの低単価の仕事しか受注できなくなります。

動画編集者としてはAfter Effectsが必要です。

動画マーケティングコンサルタントとしてAfter Effectsは必要?

YouTubeをビジネスの主軸としてやっていく場合、そもそもただのYouTuberの動画編集では厳しいです。

動画編集だけでなく、動画マーケティングも含めたコンサルタントとして活動するのが現実的です。

その場合、発注者の顧客は商品を持っていて、その商品を宣伝するための手段としてYouTubeを選択しています。

その「動画マーケティングコンサルタントとしてAfter Effectsは必要か?」ですが、その宣伝する商品によります。

分かりやすい例として、飲料品の宣伝を考えてみます。

こういったCMを動画編集する場合、After Effectsは必須です。

CM作りに加えて、CMをどのようにYouTube広告で発信するか?を含めてYouTube動画マーケティングです。

例えば、

  • 予算は?
  • 宣伝したい年齢層は?
  • 宣伝に効果的なYouTube広告方法は?
  • 広告の効果のアナリティクス

といったことです。

動画編集にAfter Effectsを使う・使わないは顧客によります。

自分がAfter Effectsを必ずしも使いこなす必要はないです。

ですが、After Effectsを使うとどういった効果が得られるかの知識は必要です。

動画マーケティングコンサルタントにAfter Effectsは必要です。

まとめ

副業や趣味で動画編集するぐらいならAfter Effectsは特に必要ありません。

が、YouTubeをビジネスとして使っていくのであればAfter Effectsは必要です。

特に、高単価が期待できる動画マーケティングコンサルタントにAfter Effectsの知識は必要です。

Adobe Premiere Proを購入時、それ単体で購入する場合、通常(料金がお得な)一年単位で契約することになります。

Adobe 料金

契約期間中にAfter Effectsを使いたいと思っても次の契約更新時、1年後になってしまいます。

なので、動画編集初心者でもYouTubeをビジネスでやっていくならAfter Effectsは必要なので、それも含まれたコンプリートプランを購入されることをおすすめします。

Adobeの動画編集ソフトパッケージ

  • Adobe Premiere Pro
  • Adobe Creative Clound(通常版) 
  • Adobe Creative Clound(学生・教職員版)












動画編集

YouTube

YouTubeを本気でやるなら、Adobe Premiere Pro

動画編集を仕事にするなら、Affter Effectも必要。

その両方が入ったパッケージ、Adobe Creative Clound  がおすすめ。

半額で購入できる学生・教職員版 もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください