【2021年6月】WTI 原油先物 100万円分利益確定した理由

WTI 原油先物 2021

一年前の2020年5月、原油先物は史上初の-40ドルにまで暴落して話題になりました。

その歴史的大暴落時、実はWTI 原油先物100万円分保有していました。

最終的に、購入から一年後の2021年6月、その100万円分を利益確定しました。

「歴史的大暴落したのになぜ利益確定できたのか?」

その理由も含めて報告しますので参考にしてください。




原油先物と原油価格

原油先物

「原油先物とは何か?」については、こちらの動画が丁寧に解説されているので、そちらを見てください。

原油ETFの仕組みとリスク!(永久保存版)(マネーHack)

動画の説明にあるように、原油先物には以下2種類あります。

  • 先物型ETF
    →先物取引の価格に連動するEFT
  • WTI原油
    →アメリカで取引される原油(国際指標)

原油価格 歴史的大暴落

2020年5月、ニューヨーク原油先物が大暴落し、-40ドルという史上初のマイナス価格にまで落ちました。

原油価格が-40ドルになる大暴落!!強制ロスカット&追証を食らいました(オレ的ゲーム速報JIN FX・株投資部

それにより、株とFX投資で人気のYouTuber、JINさんは強制ロスカットされて追証を食らいました。

何が起きたのかの詳細は、JINさんの上記動画を見てください。

ですが、僕の場合、強制ロスカットされることなく、最終的に利益確定できました。

その理由は、WTI原油を原油価格連動型上場投信で購入していたからです。

ETFではなくWTI原油を原油価格連動型上場投信で購入していたので、投信の価格が大暴落しただけですみ、最終的に原油価格がコロナ前の水準に持ち直して利益確定できました。

WTI原油先物

45,297円の利益が出ています。

ただ、購入日を見てもらうと分かるように、2021年3月10日に購入し、6月7日に売却しています。

それについては、「2021年6月に100万円分利益確定した理由」も含めて次に説明します。

【無料メルマガ登録】永久に持っておきたい6つの高配当米国株

WTI原油 100万円分利益確定した理由

単刀直入に言うと、原油価格は急激に上昇し続けていて、ここ5年間で最高値に達していて、暴落しそうだからです。

2021年6月4日時点の原油価格の5年間チャートはこうなってます。

すでに70ドルを超えており、(線を引いた)5年間のほぼ最高値にまで急激に上昇しています。

歴史的大暴落が起きたのが2020年4月24日で、そこから数ヶ月ですぐに40ドル台に回復。

一時的に一進一退があったものの、また急上昇して一気に最高値にまで到達しています。

つまり、ちょっとしたキッカケや調整で暴落がいつ起きてもおかしくない状況です。

一方で、WTI原油価格連動型上場投信のチャートはというと、

WTI原油先物

2020年4月末の大暴落からはかなり回復したものの、コロナ前の水準にもまだ届いていません。

右肩上がりでまだまだ基準価格は上昇しそうな感じです。

拡大してここ一年間のチャートでも見てみると、こんな感じです。

WTI原油先物

いったん調整売りと見られる下落がありましたが、そこから持ち直し、その調整売り前の基準価格を超えて上昇し続けています。

とは言え、原油先物は維持コストがかかって長期保有は損するので、先程の理由、原油価格のチャートではすでに5年間の最高値に達していることから、100万円分全て利益確定しました。

で、今回利益確定したのは、2021年3月10日に購入した分です。

実は、その前にも一回利益確定していて、再度購入し直しています。

購入履歴はこんな感じです。

WTI原油先物

最初に原油先物を購入したのは2020年3月23日です。

ちょうどYouTuber JINさんが石油王に再チャレンジ宣言した頃です。

原油が大暴落で18年ぶりの安値!今こそ石油王になる大チャンス!!!(オレ的ゲーム速報JIN FX・株投資部

そこから少しずつ上昇してたので、原油先物はここが底かと思い、876,200円分まで買い足していきました。

その二週間後に歴史的大暴暴落が起きました。

結果、持っていた投信の価値は30万円以下にまで下落。

ただ、そこで損切りせずに持ち続けて、2021年2月に購入価格まで回復したのを機に全て売却し、結果、42,200円利益確定できました。

それでやめておけばよかったのですが、勢いは止まることなく上昇し続けるので、3月に今度は100万円分購入。

その購入タイミングが悪く、そこでまた暴落し、90万円にまで価値が減少することに。

また含み損に耐えること3ヵ月。

購入価格を超えて、原油先物が5年間で最高値に近づいた6月7日、100万円分を全て売却。

WTI原油先物

それが今回の利益確定分、45,297円です。

最終的に、このコロナ禍に100万円分をWTI原油価格連動型上場投信で運用した利益は、87,497円です。

一時はどうなるかとヒヤヒヤしましたが、8.7%の運用成績になったので良かったです。

WTI原油 今後の見通し

2021年6月7日、原油価格に関して以下情報が流れてます。

アジア時間の原油先物は上昇し、2年超ぶりの高値を更新した。景気や燃料需要の見通し改善が支援材料となっている。一方、投資家はイラン核合意の立て直しに向けた協議の行方に注目している。

イラン核合意を巡る協議進展の遅れや、米石油・ガス掘削リグ稼働数の減少も支援材料となった。

出典: 原油先物は2年超ぶり高値、イラン核合意に注目

イラン核合意の協議の動向に注目されています。

今は暴落または調整売りのリスクが高まっていること、原油先物は中短期向けの投信であることから、僕は様子見が無難と判断します。

「いやいや、上昇傾向の今がチャンス!」

と思われる方は、こちらでSBI証券の口座を開設できるので、WTI原油価格連動型上場投信にチャレンジしてみてください。自己責任でお願いします。