【2022年】リクルートカードを作る理由

2022年 リクルートカード

本記事で、リクルートカードを作る理由についてまとめました。




リクルートカード 特徴

リクルートカード

リクルートカードの特徴はこのような感じです。

年齢制限 18歳以上で安定継続収入
年会費 無料
国際ブランド VISA、Master、JCB
電子マネー QUICPay
海外旅行傷害保険
  • 死亡・後遺障害:2,000万円
  • 障害治療費用:100万円
  • 疾病治療費用:100万円
  • 賠償責任:2,000万円
  • 救護者費用:100万円
  • 携行品損害:20万円
海外旅行付帯条件 利用付帯
裏技
優待サービス
  • 国内旅行保険も利用付帯
  • お買い物で貯まるリクルートポイントは最大1.2%
  • リクルートポイントは1ポイント1円でじゃらん等で利用可能。dポイント、Pontaポイントにも交換可能

※2022年9月8日 公式サイトで確認

リクルートカードは、年会費無料、海外旅行障害保険を海外で利用付帯可能、日常生活で有効に使えるかなりお得なクレジットカードです。

タイ クレジットカード 利用付帯

【2022年】タイ パタヤでクレジットカード利用付帯の海外旅行保険を激安で適用させる方法

2022年3月21日

年会費は無料なのに、国内旅行保険も利用付帯です。

普段の買い物でリクルートポイントが貯まり、リクルートポイントはdポイントに交換できるので、結果、貯まったポイントをコンビニ等でも使えて便利です。

リクルートカードについては、以下動画が参考になるので見てください。

【完全版】リクルートカードの作成前に知りたい5つのメリット・2つのデメリット!! 電子マネーチャージにも最適!! 年会費無料で還元率1.2%の神スペック!!2022/01/26)マネーガレージ

また、リクルートカードは、クレジットカードに詳しい人気YouTuberが選ぶ「2021年 最強クレジットカード4選」にも選ばれています。

2021決定版】ジャンル別最強クレジットカード4選(2021/12/29)一円太郎

リクルートカード2枚持ち可能

リクルートカードは2枚持つことが可能です。

リクルートカードの国際ブランドはVisa、Master、JCBの3種類ありますが、ブランドによってカード発行会社が違うからで、JCBは株式会社ジェーシービー、VisaとMastercardは三菱UFJニコス株式会社が発行しています。

それぞれの公式サイトは以下です。

それにより、リクルートカードは以下組み合わせの2枚持ちが可能です。

  • JCB と Visa
  • JCB と Master

その旨以下ブログ記事に詳しく書かれているので参考にしてください。

リクルートカードは2枚持ちが最強!JCBとMastercardかVisaの組み合わせが可能!

後述の「リクルートカードを作る理由」から、僕もリクルートカードを2枚(JCB と Mastercard)作ります

VisaではなくMastercardにする理由ですが、他の以下クレジットカードでVisaを持ってる・持つからで、国際ブランドによる使い勝手の違いを検証したいからです。

なお、dカードゴールドは廃棄する予定です。

リクルートカードを作る理由

以下理由からリクルートカードを作ることに決めました。

  • 永年年会費無料
  • 高還元率1.2%
  • dポイントに交換可能
  • 海外旅行障害保険の裏技が可能

一つずつ見ていきます。

永年年会費無料

年会費は無料です。

リクルートカードで買い物をしなくても、旅行保険が無料でついてくるので作っておいた方が良いです。

高還元率1.2%

リクルートカード決済のポイント還元率は1.2%です。クレジットカードで最高水準の還元率です。

dポイントに交換可能

リクルートカード決済で貯まったリクルートポイントはdポイントに等価で交換可能です。

dポイントはコンビニ等いろいろなお店で使えるので使い勝手が良いです。

dカード ローソン

ドコモのdカード ローソンで使うとお得なカード

2019年11月21日

海外旅行障害保険の裏技が可能

リクルートカードに付帯する海外旅行障害保険は裏技可能な利用付帯です。

海外旅行障害保険の裏技については、以下記事を参照のこと。

クレジットカード 海外旅行保険 使い方

【2021年】クレジットカード 付帯の海外旅行保険 使い方(裏技含む)

2021年6月10日

リクルートカード(JCB)の公式サイトのリクルートカード 海外旅行傷害保険の利用条件にはこう書かれています。

リクルートカード

日本出国前に条件を満たさず、日本出国後に公共交通乗用具の利用代金をカードで決済して条件を満たすことで、裏技可能になります。

一方、リクルートカード(Visa、Mastercard)の公式サイトには以下しか明記されてません。

リクルートカード

補償内容の詳細はネットでは確認できず、カード送付時まで分からないです。

リクルートカード(JCB)と同等の補償内容かを事前に確認しておく必要がありますね。

リクルートカードを作って最大1,600円ゲットする方法

リクルートカードの申し込みは公式サイトからできますが、以下から申し込むと最大1万円ゲットできます。

  • ポイントサイト
  • 自己アフィリエイト

ポイントサイトは、そのサイトから何か申し込むとポイントが貯まるものです。

アフィリエイトはブログに貼ってある広告で、ASPと呼ばれるものです。

アフィリエイト やり方

【2021年】アフィリエイトのやり方とおすすめのASP

2021年6月19日

自己アフィリエイトは、ポイントサイトに似たようなものです。本人が申し込み可能で、記事を書く必要もないです。

2022年9月現在、ポイントサイト、自己アフィリエイトでリクルートカードを申し込むといくらゲットできるかを見てみます。

ポイントサイト(ハピタス)

ハピタスはこちらです。

ハピタス

リクルートカードは1,200ポイントゲットできます。

注意点として、国際ブランドはJCBのみです。Visa、Mastercardも選べますがポイントはもらえません。

過去(2021年まで)は申し込む期間によってはVisa、Mastercardもポイントをゲットできたのですが、2022年9月現在は、ポイントをもらえるのはJCBのみです。

自己アフィリエイト(A8)

アフィリエイトのA8.netです。

リクルートカード

リクルートカードは1600円ゲットできます。

注意点として、国際ブランドはJCBのみです。

ちなみに、リクルートカードには個人事業主向けのビジネスカード、Airカードなるものがあります。

そちらの報酬金額はこうなってます。

リクルートカードAir

リクルートAirカードは14,000円もゲットできます。

年会費はかかりますが、リクルートカード以上に高いポイント還元率なので、所得のある人は一考の余地はあるかと。

ついでにブログを始めてみる

自己アフィリエイトでA8.netのアカウントを作ったので、ついでにブログを始めてみることをおすすめします。

ブログ 始め方

【2022年】海外セミリタイア「ブログで生活費を稼ぐ」の始め方(中年男性向け)

2021年5月14日

今回の場合、リクルートカードに関するブログ記事を書き、広告主に申し込み、承認されるとその広告を貼ることができます。

自己アフィリエイトだけでなく、アフィリエイト報酬もゲットできます。

その他

なお、その他「海外旅行で得するおすすめのクレジットカード」については、以下記事にまとめています。

クレジットカード 海外 おすすめ

【2021年】海外旅行で得するおすすめのクレジットカードを紹介

2021年6月11日