セブ島 Murals Hostel & Cafe ノマド向けではなく交流向け

セブ島 Murals Hostel & Cafe






語学留学先として人気のセブ島。

観光地としても人気が出てきたこともあって、ここ数年はバックパッカー宿やコワーキングスペースも増えてきました。

その中で、ドミトリー兼コワーキングスペースの宿、Murals Hostel & Cafeがオープンしたとの情報を聞きつけ、ここで3泊してみました。

参考にしたのはこちらの記事です。

セブ島のホステルでノマドワーカーにMurals Hostel&Cafeをおすすめする3つの理由を説明するよ

「こんな方におすすめ」に「セブ島でノマドワークで集中したい人」とあったからなんですが、利用してみた感想として、これはどうかなと思ったので情報をアップしておきます。

結果として、「外国人バックパッカーと交流を求める」を目的にした方がいいドミトリーでしたので、その理由を記事にしてみます。参考にしてください。

セブ島 Murals Hostel & Cafe 宿泊料金

ムラルス ホステル&カフェ (Murals Hostel & Cafe)

宿泊

チェックイン日: 2019年5月18日
チェックアウト日:2019年5月21日
部屋:  6人部屋ドミトリーベッド1台
朝食: あり

料金: 2,520ペソ(5,266円)(税込)

Agodaではなぜかいつも予約できなかったので、Booking.comで宿を予約しました。

一泊あたり約800ペソ。約1,700円。

ドミトリーとしてはリーズナブルではなく、あと数百円足せばこの周辺でもコンドミニアムを借りられる料金です。少なくとも、朝食は加算された感ありますね。

ちなみに、泊まったドミトリーの写真は上写真とかなり違います。記事下にある写真が実際に近いのでそちらを参考に。

セブ島 Murals Hostel & Cafe 場所

Murals Hostel & Cafeの場所はこちら。

A.S.フォーチュナーからアヤラモール に向かう途中にキャッスルピークホテル(Castle Peak Hotel)があり、そこから徒歩5分の距離にMurals Hostel & Cafeはあります。

セブ A.S. フォーチュナ

セブ A.S. フォーチュナ ストリート 日本人の集まる通りを歩いてみた

2019年1月6日
セブ島 アヤラモール 夜

セブ島 アヤラモール 夜 におすすめのスポットは?

2018年10月25日

マボロ周辺についてはこちらの記事を参考に。

セブ アヤラ

セブ アヤラ、マボロ アヤラモールと何がある?

2019年1月15日

外観とカフェ

セブ島 Murals Hostel & Cafe

外観は清潔感あっていいです。

隣にカフェがあり、ここで朝食をとります。

こんな感じの朝食です。

マンゴーもついていてちゃんとしてます。

この内容なら文句ないですね。

周辺環境

この周辺環境が後々のコワーキングスペースとしておすすめできない理由に影響してくるのですが、ひとまず、ローカルであまり綺麗ではないところ、ゴミが道に散らかっていてちょっと汚い路地、としておきましょう。

コワーキングスペースとしておすすめできない理由

ここで本題。コワーキングスペースとしておすすめできない理由をあげます。

あくまでも、コワーキングスペースとしてですよ。ドミトリーとしては活用価値はありです。

WiFi環境が良くない

コワーキングスペースというにはどうかと思うんですが、WiFi環境は良くないです。

WiFi速度

速度: Download: 4.21Mbps、Upload: 1.95Mbps
ping: 38ms

何度か測定した中で、最高速度時の測定結果をアップします。

ダウンロード速度は5Mbps出ません。アップロードは調子がよければ写真を数枚アップできる程度で、動画のアップロードはかなり厳しいです。最高速度のこの時でアップできるかどうか。なので、諦めました。

コワーキングスペースはコンセント多数、コーヒーは飲み放題、WiFiスピードはばらつきはあるけど、おおむね10Mbps前後でした。

と上記の記事では書いてあったのですが、最高でも5Mbps出ません。

最高速度でそこそこインターネットが使えるのは午前中のコワーキングスペースで数人しか(スタッフだけ)インターネットを使っていない時間帯だけです。(コワーキングスペースとありますが、誰もそれ目的で利用してる人は皆無。午前はほぼスタッフだけ)

夕方、数人スマホでアクセスしている環境では1Mbpsかそれ以下。YouTubeの動画再生やマイチャンネル画面も開けず。ニュースのサイトも開けないほどの速度でした。速度というより、Pingが悪かったのかな?と思います。

ちなみに、それ以外の、コンセント多数やコーヒー飲み放題は情報通りです。

なので、インターネット使用はせいぜいブログ記事作成という程度です。過度な期待はしないように。

周りは渋滞

セブ市内はどこも渋滞なので敢えてデメリットとしてあげることはないのですが、上記のWiFiが使えない時(ある日WiFiが全く使えない状況時)にITパークまで行くことがあったのですが、そのITパークまでの道は酷い渋滞です。

この宿のあるマボロ(Mabolo)というエリアは元々セブ市の中でも渋滞が酷い場所で、その理由として、

  • A.S.フォーチュナーからアヤラモールまでの動脈。なのに道幅狭く、交通量多い。
  • ITパークへの道も同様

なことがあげられます。

つまり、インターネットが使えないからITパークに行くにしても、

  • 距離的には近いのに時間的に遠い
  • タクシー代で往復180ペソかかる

ことから、無駄が多くなり、せっかくの朝食付きとかWiFiが使えるとかいったこの宿の優位性が相殺されてしまってます

ハエが多い

これは隣のカフェで撮ったものですが、とにかく、周辺環境が綺麗ではないのでハエが多い

カフェは人の出入りが激しいのでハエが入ってくるのは仕方ないとしても、「コワーキングスペースはなんで?」と思いませんか?

理由は、コワーキングスペースのドアを開けっ放しにするからです。

こんな感じに。

このドアの向こうはほぼ外と思ってもらえるとイメージしやすいかと。

これ、たまたまではなく、頻繁にです。特に、午前中のスタッフの出入りの多い時間帯はほとんどドアは開けっ放しです。

初めはこの宿に泊まっているマナーの悪い宿泊者に「ドアを閉めるように」と注意してたのですが、マナーが悪い宿泊者は一人だけで、ここのスタッフの半数以上が開けっ放しの原因と分かり、諦めました。

つまり、外にたくさんいるハエが簡単にコワーキングスペースに入ってこれる環境です。

実際、目の前にハエが飛び回り、手、足、顔に止まったりで作業に集中できませんでした。ハエの多い時期とかあるのでしょうが。

暑い

コワーキングスペースの中は蒸し暑いです。

理由は、

  • エアコン代をケチって全力でつけない
  • スペースが広いのでなかなか温度が下がらない
  • ドアを開けっ放しにする

からです。

ダラダラとPCやスマホをいじる分にはそれでいいんですが、本格的に作業するにはちょっとキツイです。

それもあってか、わざわざ隣のカフェでPC作業している人が結構いました。朝食がついてるので、カバンを持ってカフェに入り、そのまま比較的快適なカフェで作業してるのかと。

その間、コワーキングスペースは(スタッフを除いて)ほぼ誰もいません。

Murals Hostel & Cafeにおすすめな人

(アジア圏以外の)外国人と交流したい

これ、参考にした記事と全く逆ですが、外国人観光客と交流したい人におすすめの宿です。

まず、セブ島の街中では英語を話す外国人と交流する場所はまずないです。そもそも絶対数が非常に少なく、基本ショッピングモールでも見かける外国人は韓国人ぐらいです。

マンゴーストリートという夜の街ではありますが、英語圏の彼らの目的はフィリピーナとの出会いであって、アジア圏の留学生や観光客に興味はほとんどないです。

そんな英語を話す機会の少ないセブ島で、宿泊者のほぼ全てがアジア圏以外。彼らとのコミュニケーションは英語です。

彼らは観光で来ていて、「どこがおすすめ?どう行ったらいい?」といったことをスタッフにしきりに質問してました。なので、彼らに話しかけて一緒に観光するだけで英会話実践になります。

なるべく安く、セキュリティーしっかりしていて、そこそこ快適な宿を希望

純粋に、バックパッカーの要望、

  • そこそこ安く
  • そこそこ清潔
  • セキュリティーがしっかりしている
  • WiFiでネット検索可能

に応えられてる宿です。

Booking.comにアクセスして写真や口コミを見てもらうと分かるでしょう。

まとめ

以上から、ノマドワーカーにこの宿はおすすめしません

コワーキングスペース目的の利用価値は低いです。それ目的で長期滞在するとまず間違いなく後悔します。(中には他との比較ができずにここで満足する人もいるでしょうが)

Booking.comを見てもこのコワーキングスペースを推してもいないので、そういった使い方もあり、と考えるとよいでしょう。

「120ペソ出してもいいからCafe Berryで作業したい」

となること間違いないです。

本格的にノマドワークに集中したいのなら、コワーキングスペースで定評のあるiioffice CebuThe Company Cebuを利用し、宿はその近くに泊まるのがいいです。

この宿は、観光で利用する分には選択肢として十分にありです。ツーリストの交流の場として活用できます。

料金がお得かどうかは、観光スポットへのアクセスのし易さ(タクシー必須の時点で分が悪い)、ホテルだけでなくAirbnbのコンドミニアムも含めて検討してみないと正確なことは言えないです。

ちなみに、ここはその他いくつか不便なところがあるのですが、それは値段相応のサービスということで省略しています。

あと、これはどうでもいいですが、可愛いスタッフを見つけることは出来ませんでした。辞めたんですかね。

アヤラモール周辺で格安でコワーキングスペースとしても使える宿は需要があるでしょうから、探して記事にしようと思います。

それまではBooking.comAgodaで探してみてください。















最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプ
をおすすめ!
●話し放題
●予約不要
●チャットアプリが最高
1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

また、写真のフィリピーナが気になる方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください