プエルトガレラ タマラオの滝 マングローブ バージンビーチ

プエルトガレラ タマラオの滝 マングローブ
観光日

出発: プエルトガレラ ( Puerto Galera) ホワイトビーチ(White Beach)

観光地: タマラオの滝 (Tamaraw Falls) 
         AJ Lomi Haus
        マングローブ(Mangrove Conservation)
        バージンビーチ (Virgin Beach, Birhen Aplayang Munti)
       マンギャン族の村 (Mangyan Vilage) 
        Luca’s
        Aninuan Beach

費用: 1,500ペソ

観光日: 2018年3月13日

時間: 8:20 – 12:30




プエルトガレラ タマラオの滝 マングローブ ガイドツアー

プエルトガレラは海だけでなく川、山も自然いっぱいで見所もたくさんあります。

ホワイトビーチでは数え切れないほどのガイドがツアーの売り込みをしているのですが、今回はその人たちとは違って、

前回ホワイトビーチのレストランで登場した彼女にガイドしてもらいました。

あわせて読みたい

プエルトガレラ ホワイトビーチ 昼 海水浴がおすすめ

彼女の親戚がガイドの資格を持っているとのことから、「じゃあ、案内してもらおうか」となりました。トライシクルで彼女、ガイドの三人でまわりました。

料金はビーチのガイドにお願いすると2,500ペソします。

ですが、フィリピン価格にディスカウントしてくれました。ただ、親切にガイドしてくれたのでチップを加えて1,500ペソと後で紹介するピザ、パスタもご馳走してあげました。 

こちらがどのガイドも使っている共通のガイド案内。これら全部をまわるのは距離が離れているのと料金が高くなるので、とりあえず、1,500ペソのお任せコースで連れて行ってもらいました。行き先はこのページの上記の通りです。マンギャン族の村( Mangyan Vilage)はここには書かれてないのですが、サービスです。

プエルトガレラ タマラオの滝(Tamaraw Falls) マングローブ(Mangrove Conservation) 場所

プエルトガレラのタマラオの滝( Tamaraw Falls)は、プエルトガレラの中心街のムエレ(Muelle)からさらに数Km南下した道沿いにあります。

これに印をつけて分かりやすくしたのがこちら。

最初に今回のツアーで一番遠い場所、タマラオの滝 (Tamaraw Falls) を見て、その後にAJ Lomi Hausマングローブ(Mangrove Conservation)バージンビーチ (Virgin Beach, Birhen Aplayang Munti)と北に上がっていくコースです。

なお、ツクランの滝(Tukuran Falls)はさらに山側に数十分走ったところにあるため、今回のツアーでは行ってません。別のツアーで行きました。

タマラオの滝 (Tamaraw Falls) 

朝8時過ぎに出たのですが、このTamaraw Fallsの観光までは雨が降ってました。どしゃぶりではなかったのでそれほど濡れることはなかったのでそれはよかったのですが、雨で外気が冷やされてこのトライシクルだと少し寒かったです。

Tamaraw Fallsは道路沿いにあるので分かりやすい場所にありました。カーブを曲がると見えてきます。

滝の水量がかなりあって、なかなかの迫力でした。

滝の前にはこの地方で有名な(?)CAOBAOの像がありました。水牛ですね。

なお、Caobao Rideのツアーもあります。

あわせて読みたい

プエルトガレラ カラバオ・ライド ツクランの滝

入場料
大人: 30ペソ
子供 15ペソ

このゲートをくぐると、

下の溜まり場に出ます。上から見ると、

こんな感じ。中に入れるとのことですが、雨で水が冷たく、寒いので遠慮しました。いつでも水に浸かれるように水着で来てたんですが残念。

洞窟のような空間があり、ここで中に入って記念撮影。おっさんの写真は需要がないのでカット。

ここから見下ろすとさらに下の段に水の溜まり場があり。雨が冷たくてちょっとそこまで行く元気がなく、見学のみ。

こればグリーンマンゴーだそう。そこらへんに生えているそうです。

食堂も隣接しています。

朝早くもあってか誰もいませんでした。お菓子やお土産も買えます。

これがお土産だそうですが、写真だけ撮ってちゃんと説明聞くのを忘れてました。

AJ LomiHaus

Tamaraw Fallsをあとにし、そこからムエレ( Muelle)に戻っていくとオーシャンビューのビューポイントに到着。

ここはAJ LomiHausというレストランだそうですが、この時間帯は閉まっていて中に入れず。レストランの横から撮影。

早朝に降ってた雨も上がり、青空が広がっていました。見晴らしが良くてプエルトガレラの絶景ポイントですね。

ここのレストランの闘鶏。毎週日曜に近くの闘鶏場で闘うとのこと。

バージンビーチ (Virgin Beach, Birhen Aplayang Munti)

次に向かったのがバージンビーチ( Virgin Beach)。なぜバージンなのかというと、

聖母マリアの像があるからなんですね。

聖母マリアがプエルトガレラに向かって立っています。

聖母マリア像の北側は何もないのですが、

南側はコテージがあり、レンタルできます。ここも水は綺麗でした。

マングローブ(Mangrove Conservation)

Virgin Beachのすぐそばにマングローブがあります。ここも入場料を払ったはずですが、いくらだったか覚えてません。数十ペソです。

ゲートをくぐり、

この竹でつくられた橋を渡ってマングローブの中に入っていきます。ここで気をつけないといけないのが、

この注意書き。

罰金
葉、海藻、マングローブを傷つけた場合、以下ペナルティーを科す。

サンゴ礁: 10,000ペソ / 1つ
海藻: 10,000ペソ / 1つ
マングローブ: 10,000ペソ / 1つ

1つにつき10,000ペソの罰金です。高額ですね。

さらに、この竹の橋の竹を割ったり、マングローブの枝を折ったりしても1,000ペソの罰金。

マナーの悪い観光客が多いということでしょう。言ってはなんですが、中国人の団体観光客が一番多いそうです。

橋の上からマングローブが見られます。

マングローブの中を突き進んでいきます。

なお、竹の橋はしっかりしていて、落ちる心配はなかったです。

奥に進むとマングローブがたくさん生えています。ムツゴロウ(mudskipper)も何匹かみることができました。ただ、ジャンプしている姿は見れませんでしたが。

園内はまだ完成しておらず、別のルートを工事していました。

赤アリでしょうか。木にうじゃうじゃいて気持ち悪かったです。

ただ、このアリは攻撃性はないとのことで、ガイドが手を出すと逃げて行きました。

結構ルートは長く、さらに奥に進んでいきます。

ここが終点。

案内板にはここから先にまだ蛇のゾーンがあったのですが、まだ工事もしていないようです。

マングローブの枝からこのような実がぶら下がっていて、これが下に落ちるとさらに根が張って頑丈なマングローブに育つのだそうです。

まとめ

プエルトガレラは海だけでなく自然の観光スポットもたくさんあります。特に、滝、マングローブはお勧めです。

ビーチのツアーで行くと高くなるので、このレストランのガイドに頼むか、個人でトライシクルを貸し切る、バイクをレンタルするなどして行くといいですね。

このマングローブの後、マンギャン族の村のガイドも彼女にガイドしてもらいました。続きはこちらで。

あわせて読みたい

プエルトガレラ マンギャン族の村 伝統工芸

なお、ホワイトビーチの宿についてはこちらの記事を参考にしてください。

プエルトガレラ ホワイトビーチ おすすめ ホテル

プエルトガレラ ホワイトビーチ おすすめのホテルは?【2019年】

2019年3月31日

【おすすめ】口コミ 「 Booking.com カードは作らないともったいない!」は本当だった













オペレーター

最短で英語を話せるようになりたいなら、オンライン英会話のネイティブキャンプをおすすめ!

  • 話し放題
  • 予約不要
  • チャットアプリが最高

1日に何回でもレッスンを受けられるので、夏休み、休日はネイティブキャンプで英語漬けで先生と話し続ければ、語学留学しなくても英語でフィリピン人と会話できるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください